千倉で「柴燈護摩・火渡り修行」
 テーマ [鴨川通信]
2018年2月13日
連休中日は友人とともに千倉の能蔵院へ。
春の大祭「柴燈護摩・火渡り修行」が行われたのです。
「柴燈護摩」は煙もくもく、大きな団扇で山伏たちが風を送るたびに炎が勢いよくあがるさまを見て、二人で大興奮。



その後、護摩壇の炉がならされて、火渡り修行が始まります。
裸足になって順番を待つ間はドッキドキ(後ろのおばちゃんが「去年はやけどした」とか話してるんだもの…)。



火渡り修行は、山伏のお祈りとともに送り出され、塩で足を清めてから、熾火の上を歩き、もう一度塩の上に立ち、背中に気合いを入れてもらって終了。

友人によれば、火渡りには、捨身して迷いを焼き尽くし断ち、願い事を立てる意味があるとか。
意味もわからないまま火の上を渡りましたが、なんというか、死と再生の疑似体験のように感じられて、なんだか生まれ変わったような清々しさと喜びを感じました(ちなみに全然熱くなかったです)。
これで今年一年、いいことありそう♪

この神事は毎年2月11日にあります。来年、体験したい人はぜひ!(なんだか癖になりそう…)



東国花の寺 青龍山能蔵院
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1518476457
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/934
手のしごと オモテウラ
 テーマ [イベント情報]
2018年2月6日
美しい品を見たら、どうやって作っているのだろう?と知りたくなりますよね。
来月、浦和の楽風さんで開催する展示会では、みなさまの“鶴の恩返し的”(?)好奇心にお応えする企画です。

題して『手のしごと オモテウラ』。
当店で活躍してくださっている8組の作り手さんが、オモテ(=作品)と同時にウラ(=制作工程や試行錯誤の軌跡)もお見せしちゃいます。
さらに、蒔絵、組紐、こぎん刺しは実演もございます。
ものづくりの軌跡から手しごとの豊かさ、尊さを感じていただければ幸いです。



「手のしごと オモテウラ」展
2018.3.22(木)- 3.27(火)
10:00 - 19:00 (最終日は16:00まで)
日本茶喫茶・ギャラリー #楽風
(埼玉県さいたま市浦和区岸町4-25-12)JR浦和駅西口より徒歩7分

あひろ屋(手ぬぐい)
加藤キナ(革)
手作りひなや(布小物)
鳥居美和(組紐)
永田みどり(陶芸)
兵頭明日美(切り絵)
蒔絵屋・伯兆(蒔絵)
三つ豆(こぎん刺し)
和雑貨翠(企画)

展示会情報はfacebookにて随時発信していく予定です。
http://this_is_LINK_click_to_go/

DMご希望の方はこちらからお申し付け下さい。
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1517918644
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/933
冷える夜には…
 テーマ [商品情報]
2018年2月4日
立春を迎えたとはいえ、まだまだ冷える2月。
寒い夜のおともには、甘酒なんかいいですね。
しょうがをたっぷり入れて。



こぎん刺しのコースターは冬の温かい飲み物によく似合います。

三つ豆 こぎん刺しコースター
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1517747026
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/932
旧神谷傳兵衛別荘
 テーマ [イベント情報]
2018年2月4日


今日はイベントの説明会ついでに稲毛をちょこっと散策。
かつては文人たちの保養地として栄えた稲毛海岸には、浅草・神谷バーの創業者、神谷傳兵衛の別荘が今も残っています。
ワインの醸造まで手掛けた神谷傳兵衛らしく、床柱は太くて大きなぶどうの木。欄間のデザインもぶどう。堂々の和洋折衷ぶりが見事でした。



〆はちょっと寄り道して、阿づ満庵支店へ。あさりカレー南蛮との久々の再会を果たせて満足。



3月3日、稲毛で開催される「アートむすび市」に参加します。ライブやワークショップ、クラフト、雑貨、フードなどの楽しいイベント。お近くの方はぜひ、遊びに来てくださいね。(神谷傳兵衛別荘のすぐ横が会場の稲毛公園です)


http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1517728988
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/931
今年のイベント始めはホーフ市から!
 テーマ [イベント情報]
2018年1月23日


来週の日曜日(1/28)は千葉県いすみ市大原で開催されるホーフ市に出店いたします。
当店が参加する今年はじめてのイベントです!
縁起のいいもの、美しい手仕事の品、いろいろ揃えて、皆様のお越しをお待ちしております!(野外のイベントですので暖かくしていらしてくださいね)

2018年1月28日(日) 10:00−15:00
会場:いすみ市の大原海水浴場の前のコミュニティスペースhinodeと、
ちょっとレトロな隣接する公園
http://this_is_LINK_click_to_go/

※駐車場は、大原海水浴場の駐車場をご利用ください。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1516703282
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/930
今年もよろしくお願いいたします
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年1月7日


新年あけましておめでとうございます。

今年も、和の手仕事が持つ豊かさ、使う喜びをお客様とともに分かち合うべく、より楽しい店づくりを目指してまいります。

美しい品を慈しむことができるのも平和であってこそ。
みなさまにとって、平和で希望に満ちた一年になりますように。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1515281908
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/929
芝原人形・千葉惣次さんを訪ねて
 テーマ [和のコラム]
2017年12月20日


千葉県長南町に「芝原(しばら)人形」という約140年伝わる土人形があります。
一度は途絶えた芝原人形を復元させたのが、四代目・千葉惣次さん。
千葉さんは人形づくりと同時に、全国の民具や伝承切り紙を収集し、研究もされています。

以前、なんとなく心惹かれて買い求めた『東北の伝承切り紙』という本の著者と芝原人形の四代目が同一人物であると知ったのは、イベントの時に当店のブースに立ち寄られたお客様からの情報でした。

そんな偶然にも導かれ、ただいま開催中の「縁起物展」におうかがいしました。



竹や松でしつらえた入口を入ると、御札が所狭しと貼られた玄関へ。まずその雰囲気にもびっくり。
工房内に進むと、高い天井から見事な切り紙が下げられ、古い民具と一緒に芝原人形が飾られています。
どの人形も素朴で邪気がなく、まるで古くからそこに存在していたかのよう。



「人形作りは上手になっちゃいけない」
「二十年作ってきて、芝原人形の型のようなものが身について、ようやく初めて新しいものが作れるようになった」

千葉さんの言葉はどれも示唆に富んでいて、郷土人形を伝承するということの意味について考えさせられます。
東北や新潟の切り紙についてもいろいろ詳しく教えて下さいました。

人形と切り紙、共通するのは、古くから人の営みと共にあり、心の拠りどころであった、ということでしょうか。
自然と共に生き、自然を畏れ敬った日本人の心。
その根っこを伝えていくことが千葉さんはご自身の役割だと考えていらっしゃるようでした。

最後に、たくさんの人形の中から自分用に、宝珠を持つ兎、鯛担ぎえびす、招き猫を選びました(後から気づいたけれど、全部、自分の欲が絡んでいる感じがします…)。
いずれ、当店でもこの芝原人形をご紹介できればと思っています。

「芝原人形 縁起物展」は12月24日まで。AM11:00〜PM5:00
会場 草の子窯
   (千葉県長生郡長南町岩撫44-1)
   圏央道長南インターより車で15分
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1513728899
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/928
Winter SALEまもなく終了です!
 テーマ [お知らせ]
2017年12月19日

最大5000円引!年に一度のBig SALEは12/20、明日までです!

http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1513686720
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/927
イベントと出荷日につきまして
 テーマ [イベント情報]
2017年11月14日
今週は二つのイベントに参加します。
16日(木)からは逗子市スタジオ・オークさんの秋の企画展、「WOOD&WOOL」



当店からは岩本清商店さんの桐工芸品、久奈屋さんの紙文具、永田みどりさんのクリスマス雑貨などを出品します。
20日には藁でつくるお正月飾りのワークショップもあります。ぜひ遊びにいらして下さい。
(私は22日に在廊しています)

●「WOOD&WOOL」展
11月16日(木)〜11月22日(水)
場所:スタジオ・オーク(逗子市小坪)
http://this_is_LINK_click_to_go/


18日(土)は千葉県鴨川市でブックマーケット!



本屋さんの少ない千葉県安房(あわ)地域で本好きが集まって開く、古本市です。個性豊かな18店舗が揃います。
当店は「Books & Crafts 翠」の名前で和の本と手作りひなやさんのブックカバー、久奈屋さんの紙文具、あひろ屋さんの手ぬぐいを出品します。

● awanova あわぶっく市
11月18日(土)10:00〜15:00 雨天中止
場所:里山デザインファクトリー(鴨川市金束375-1)
 http://this_is_LINK_click_to_go/

上記、2つのイベントに伴い、今週は15日〜18日まで出荷業務をお休みいたします。
何卒よろしくお願いいたします。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1510629707
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/926
お客様へお願いです
 テーマ [ノンカテゴリ]
2017年11月12日
ご注文をいただいたにもかかわらず、その後、ご入金がなく、ご注文が流れてしまうケースが多々あります。

gmailやyahooメールをご使用の場合、当店からのメールが迷惑メールフォルダに入る可能性があります。
携帯アドレスをご使用の場合、当店からのメールが受信できない場合があります。


ご注文やお問い合わせフォームを送信された後に、当店からの自動返信メールが届かなかった場合は、まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。
フォルダに見つからない場合は、「wazakkasui.com」からのメールを受信可能に設定してから、以下よりお問い合わせください。
http://this_is_LINK_click_to_go/

お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ。
(イベントなどで留守の場合もございます)

何卒よろしくお願いいたします。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1510445605
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/925
日本漆山脈
 テーマ [イベント情報]
2017年10月18日



日本全国、漆芸に携わる作り手たちの作品が一同に介する、大イベント「日本漆山脈」が本日より梅田阪急店にて開催されています。
伯兆さんも意欲作をいろいろ出品されています。
さらに21日(土)には在廊も。
関西方面のみなさま、ぜひお運び下さい。


日本漆山脈
10月18日(水)〜23日(月)6日間·
うめだ阪急9階、うめだギャラリー&アートステージにて
金土21時まで、最終日18時まで。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1508308709
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/924
今夜はお月見
 テーマ [和のコラム]
2017年10月4日


きれいなお月さま見えるかな。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1507094201
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/923
みかんの間引き体験に参加して思うこと
 テーマ [鴨川通信]
2017年9月19日


みかん畑で摘果(間引き)のお手伝いと、間引きしたみかんを使ったシロップづくりのワークショップに参加しました。
みかんの摘果は果実の成育だけでなく、木の健康や獣害予防にも欠かせない大切な作業なのだそう。
ほんの30分程度の摘果体験でしたが、台風一過の好天のもと、長袖、長靴の出で立ちで汗ダラダラ。虫もいっぱい。
このみかん畑、ふだんは90歳近いおじいさんがお一人で手入れされているのだとか。
おじいさんの孤独な重労働を思うと、なんともいえない気持ちに(しかし、おじいさんはとっても矍鑠とされていて、その強靭さにも感動…)

鴨川に引っ越してからというもの、私は里山の風景の素晴らしさに、日々生きる力をもらってきました。このみかん畑の周囲もまるで日本昔ばなしの世界のよう。
しかし、この美しい景観は、農家の方々のたゆまざる労働によって維持されているということをどこまで理解できていたでしょうか…。
今回、ワークショップに参加し、農地を受け継いでいくことの大切さを考えるきっかけをいただいたような気がします。
主催のFUSABUSAの小野さんが「農家の人手不足は農家一戸一戸の問題ではなく、環境に直結する問題なんです」という言葉が心に残りました。



摘果体験の後は、シロップ作り。これから10日間程度、毎日かきまぜて発酵させるのだそう。カビが生えないようにがんばらねば。
出来上がりが楽しみです。

自然とともに暮らしていくということ。
都会の生活では思いもよらないことが房総にはたくさん。
貴重な体験を提供してくださったFUSABUSAさん、どうもありがとうございました。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1505795907
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/922
三上さんの竹籠をおもちゃ入れに
 テーマ [お客様の声]
2017年8月24日


上の写真はお客様からお送りいただきました。
お子さまのおもちゃ入れとしてご利用いただいています。

「どうしても子供が居ると部屋の印象がごちゃごちゃしたものになってしまうので、たとえおもちゃ入れでも、自分が納得したものを選んで、置きたいなと思いました^^
美しいものが部屋にあると、心も潤います。」

三上さんの竹籠は軽いので、お子さんが持ち歩くにも適していると思います。すてきなアイデアですね。

I様、どうもありがとうございました。

青森 根曲竹 三上幸男さんの小物入れ籠(二本手)
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1503541009
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/921
江戸時代の袋物文化を現代に
 テーマ [商品情報]
2017年8月6日


江戸時代の日本に花開いた独自の袋物文化。
煙草入れを代表とするその文化は、革や根付、金具など多種多様の工芸の粋を集め、富裕層の町人に支えられ、大きな発展を遂げました。

現在、圧倒的な手業の多くは継承されることなく、途絶えようとしています。
TOUBOKKAは、残された品から過去の技術を学び、現在に再びよみがえらせようとする試みから生まれたブランド。

枯れ木が養分となり 新しい命を育んでいくように残されたモノから学び 未来へと繋いでいきたい

そんな希いを込めて… 倒木の花 = TOUBOKKA トウボッカと名付けられました。

一つ一つ作るのに膨大な時間がかかるため、今回ご紹介できるのは
たったの一点のみです。



◯名刺入れ 鯉口に鬼/41,040円(税込)
http://this_is_LINK_click_to_go/
鹿革の名刺入れに、鹿角で作られた「鯉口に鬼」の前金具がついています。
鯉の口の中から外をうかがい、出たり入ったりを繰り返す鬼の細工が実に見事。
本体部分はすべて手縫い。このステッチの細かさ、美しさも見どころです。
鬼気迫る手業から生まれる洒落っ気をお楽しみ下さい。

鬼が出たり入ったりする様子を動画で撮ってみました。
こちらもご覧くださいね。
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1502011086
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/920
back next