江戸時代の袋物文化を現代に
 テーマ [商品情報]
2017年8月6日


江戸時代の日本に花開いた独自の袋物文化。
煙草入れを代表とするその文化は、革や根付、金具など多種多様の工芸の粋を集め、富裕層の町人に支えられ、大きな発展を遂げました。

現在、圧倒的な手業の多くは継承されることなく、途絶えようとしています。
TOUBOKKAは、残された品から過去の技術を学び、現在に再びよみがえらせようとする試みから生まれたブランド。

枯れ木が養分となり 新しい命を育んでいくように残されたモノから学び 未来へと繋いでいきたい

そんな希いを込めて… 倒木の花 = TOUBOKKA トウボッカと名付けられました。

一つ一つ作るのに膨大な時間がかかるため、今回ご紹介できるのは
たったの一点のみです。



◯名刺入れ 鯉口に鬼/41,040円(税込)
http://this_is_LINK_click_to_go/
鹿革の名刺入れに、鹿角で作られた「鯉口に鬼」の前金具がついています。
鯉の口の中から外をうかがい、出たり入ったりを繰り返す鬼の細工が実に見事。
本体部分はすべて手縫い。このステッチの細かさ、美しさも見どころです。
鬼気迫る手業から生まれる洒落っ気をお楽しみ下さい。

鬼が出たり入ったりする様子を動画で撮ってみました。
こちらもご覧くださいね。
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1502011086
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/920
夏の手ぬぐいフェア はじめました!
 テーマ [商品情報]
2017年7月12日


いよいよ夏到来!
湿度の高い日本の夏には、乾きやすく、目にも美しい手ぬぐいが一番ですね。
ただいま、当店の手ぬぐい、および手ぬぐい関連商品を3点以上お買い上げいただきますと、ご注文いただいた商品がまとめて5%OFFとなります! (「値引きしました」ページの品のみ5%OFFの対象外です。ご了承下さい)
この機会に日本の手ぬぐいを使って、愛でて、贈って、お楽しみ下さい。

*カートでは自動で値引操作はできませんので、ご注文いただいてから、金額訂正の処理を行います

http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1499835050
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/919
英語説明書、ご用意しています
 テーマ [商品情報]
2017年7月6日



夏休みに海外へホームステイに行かれる方、ご旅行に行かれる方、お土産に和の品はいかがでしょうか?
当店では、「手ぬぐい」「組紐」「蒔絵」の英語説明書をご用意しております。
国際交流に和の品がお役に立てれば嬉しいです。

http://this_is_LINK_click_to_go/
↑「ラッピング、その他」のページよりお申し込み下さい。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1499347438
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/918
3年ぶり!マタタビ米とぎざる、入荷
 テーマ [商品情報]
2017年6月20日


マタタビの米とぎざる、お使いになったことはありますか?
私はかれこれ5年近く使い続けています。
しなやかで弾力があり、お米をとぐときの手応えが柔らかくて心地よいのです。
手に優しいということはお米にも優しいということ。
お米を傷つけずにとぐことができます。
この優しい使い心地が評判を呼び、NHKの「イッピン」という番組で取り上げられたこともあり、マタタビの米とぎざるは大人気。
しかし、それに反して、作り手さんは年々減少し、品薄に拍車がかかっています。
この3年でびっくりするくらい、仕入れ値が上がりました。
私としても心苦しいのですが、このお値段が精一杯でした。

マタタビの採取から編んでいくまでの手間を考えればこの値段が無理なからぬものであることも理解できます。
(もしかすると、今までは作り手さんに甘えてきただけだったのかもしれません…。)
そして、作り手不足。
需要と供給のアンバランスが生じています。
暮らしの道具にこれだけの金額をつけることがいいことなのか、妥当なのか、正直、私にもわからなくなりました。

ただ、マタタビの米とぎざるを使ってみたい、と思ってくださるお客様が多いことは、喜ばしいことではあります。
使いつづける人がいなくなれば、ものづくりの伝統が途絶えてしまうのですから。
今回、ものとしては、目のつまった、非常にしっかりしたいいものを仕入れることができたと思います。
あとはお客様の判断に委ねます。

奥会津編み組細工 マタタビ米とぎざる 5合/8,964円(税込)
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1497930059
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/917
田中青磁 遺作展
 テーマ [イベント情報]
2017年5月30日


2012年に亡くなられた陶芸家の田中青磁さん。
生前、田中さんは、販売するための器とは別に「天然灰使用、ガス窯焼成による油滴、禾目天目の釉薬実験」に取り組んでおられました。
このたび、その成果を発表する機会がようやく訪れました。
新潟の濱窯で6月1日〜15日まで「田中青磁 遺作展」が開催されます。
自然光のもとで輝きを放つ油滴天目、繊細な禾目。
田中さんが生涯をかけて探究し続けた天目をぜひ多くの方にご覧いただきたく存じます。

田中青磁 遺作展
日時:2017.6.1〜6.15 10:00〜17:00
場所:濱窯(新潟市西蒲区鷲ノ木664-3 0256-72-8376)

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1496124549
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/916
青イロ 白イロ 夏ノイロ
 テーマ [イベント情報]
2017年5月20日


スタジオ・オークの初夏の企画展、まもなく始まります。
今年のテーマは「青と白」
様々なジャンルでの青と白が揃います。
当店からは、手作りひなやさんの藍染バッグ、あひろ屋さんの手ぬぐい、古角志奈帆さんの器などを出品します。
その他、素敵な品が勢揃い。
五月晴れの一日、逗子のスタジオ・オークに遊びにいらして下さいね。

出展作品
帽子:松信七重
バッグ&アクセサリー&ウェア:タテワキ ミホ
押し花フレーム:増渕七枝
空の絵&抽象画:清水太朗
器<磁器・陶器>:宇賀和子 古角志奈帆 広川絵麻
手仕事和雑貨:和雑貨 翠(藍染バッグ・手ぬぐい・こぎん刺しなど)
アンティーク:生活骨董わたなべ(染付の器・グラスなど)
日時:2017年 5月25日(水)〜31日(木)AM10時半〜PM5時
*最終日はPM4時まで
場所:スタジオ・オーク 逗子市小坪2-22-14 0467-24-4075

http://this_is_LINK_click_to_go/


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1495290294
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/915
G.W.期間中の営業と【HAPPY 10%OFF WEEK】キャンペーン
 テーマ [お知らせ]
2017年4月29日


いよいよゴールデン・ウィークが始まりましたね。
今年、当店は5月3日までは通常営業。
5月4日〜15日は、誠に勝手ながら臨時休暇をいただきます。
その期間中のご注文は、5月16日以降に出荷いたします。

お届けが遅くなるお詫びとして、ショップ会員の皆さま対象にスペシャルなキャンペーンをご用意しました。(今からでもショップ会員になれます)

詳細はこちらよりご覧ください。
http://this_is_LINK_click_to_go/

では、楽しいゴールデン・ウィークをおすごしくださいね。

*現在、ご注文が確定されているお客様は誠に申し訳ありませんが、10%OFFの適用はできません。ご了承下さい。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1493420333
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/914
カフェノタビ 出店します!
 テーマ [イベント情報]
2017年4月10日


4/30、木更津市のアカデミア公園にて「カフェノタビ〜房総のカフェをささえる手仕事のマーケット」に参加させていただくことになりました。
当店は「本の道」〜旅人ノ本ノ祭エリアに《Books & Crafts 翠》として出店します。
オンラインの和雑貨屋として、いつのまにか20年近い日々を旅してきました。その中で私の道しるべとなってくれた本の数々と愛しい和の雑貨たちを並べます。
カフェを中心に、パン屋さん、花屋さん、雑貨屋さん、本屋さんなどなどが集う、充実のマーケットです。
ゴールデンウィーク前半の日曜日、ぜひ木更津に遊びにいらして下さい。


旅するBook Market 旅人ノ本ノ祭2017 in カフェノタビ
4月30日(日) 10:00 - 16:00
かずさ2号公園
〒292-0818 千葉県 木更津市千葉県木更津市かずさ鎌足2丁目

詳細はこちらをご覧くださいhttp://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1491796085
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/913
0470-配布開始します
 テーマ [お知らせ]
2017年3月30日

昨年、鴨川市への引っ越しが決まった時、数人の方から「千葉には0470−というフリーペーパーがありますよ」と教えていただきました。
県外にも名を轟かすそのフリーペーパーは、8ページの薄い体裁ながら、南房総エリアで暮らす人や産業、風土が浮かび上がってくる、いい記事が載っています。(いわゆる観光情報誌ではありません)

このたび「0470-」を発行されている、安房暮らしの研究所の菅野さんにお願いして、当店のお客様にも、ご注文の品と一緒にお届けできることになりました。
本日の出荷分より最新号の38号を同封いたします。
房総に縁のある人もない人もご一読いただけたら幸いです。

http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1490843891
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/912
一年後をお楽しみに!
 テーマ [ノンカテゴリ]
2017年3月27日

都内某所にて作家さんたちとミーティング。来年3月、浦和の楽風さんで行う展示会にむけて始動しました。
和気藹々と楽しそうに見えますが、これから作家のみなさんには、汗と涙をいっぱい流してもらいます!
一年後の今頃、おもしろい展示をお目にかけることができるでしょう。まだまだ先ですが、楽しみにしていて下さいね。

展示会予告↓
2018年3月22日(木)〜27日(火)
日本茶喫茶ギャラリー「楽風」(さいたま市浦和)
参加作家(予定)
あひろ屋/うヴぇや/加藤キナ/手作りひなや/鳥居美和/永田みどり/蒔絵屋 伯兆/三つ豆
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1490576461
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/911
一足お先に、SPRING SALEはじめました!
 テーマ [お知らせ]
2017年3月15日


外は冷たい雨が降っていますが、そろそろ桜の開花が待ち遠しい頃ですね。
和雑貨 翠では桜より一足お先に、SPRING SALEを始めました。
桜や花柄の和小物、新生活に役立つ身の回りの品をお買得価格でご提供いたします。
美しい和の品とともに嬉しい春を迎えませんか。
http://this_is_LINK_click_to_go/


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1489584627
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/910
通常営業に戻りました
 テーマ [お知らせ]
2017年2月26日

今月は諸事情により、不規則な営業が続いておりました。ご迷惑をお掛けして、申し訳ございませんでした。
ようやく落ち着き、通常営業に戻りました。

写真は今月から取扱を始めた、戸田屋商店 梨園染の手ぬぐいたち。
江戸前の粋な柄が揃っています。
http://this_is_LINK_click_to_go/

皆様のお越しをお待ちしております。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1488066880
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/909
臨時休業のお知らせ
 テーマ [お知らせ]
2017年2月13日


店主の家庭の事情により、しばらく出荷業務をお休みさせていただきます。
ただいまご注文いただいた品の出荷は2月21日以降となる予定です。(追記 2/19現在、事情が長引いており、早くて2/25の見込みです)
ご不便をお掛けしますことを心よりお詫び申し上げます。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1486955760
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/908
和雑貨翠のある暮らし instagramキャンペーン
 テーマ [お知らせ]
2017年2月1日


本日より「和雑貨翠のある暮らし instagramキャンペーン」を始めました。
当店でお求めになった品の“今”をinstagramに投稿して見せていただけませんか?
応募の中から抽選で5名の方に賞品をプレゼント。
フォロー数もまだまだわずかですので、当たる確率高いですよ?!
みなさまのご応募をお待ちしております!

応募方法は以下のページよりご確認下さい。
http://this_is_LINK_click_to_go/

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1485960828
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/907
波兎の由来は?
 テーマ [和のコラム]
2017年1月31日


昨日、近くの浜辺を散歩していたところ、風が強くて白波が次々と立っていました。
その様子は、まさに兎がぴょーんぴょーんと跳ねているかのよう。

日本には「波兎」の文様が多くあります。
陸に住む兎が波と一緒に描かれる組み合わせが不思議でしたが、以前サーフィンがご趣味のお客様から「海にうさぎがいた」と聞いて、なるほど、と納得しました。
白波を兎に見立てる日本人の感性、素敵ですね。

ただネットで調べてみると、「波兎」の由来は、謡曲「竹生島」の一節、「兎も波を奔(はし)るか」から来ているという説と「因幡の白兎」から来ているという説の二つがありました。
「竹生島」は琵琶湖の情景。湖面に映った月から来た兎が波を走るというもの。(←イメージが穏やかすぎるような?)
「因幡の白兎」は海のワニ(サメ?)をだましてその背中伝いに海を渡る兎のお話。(←波兎の柄にワニは描かれていない)
 
私としては、海の沖合に立つ白波を兎に見立てたという説が一番しっくりくるのですが…。
風の強い日に海に行くことがあったら、ぜひ跳ねる白兎を探してみてください。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1485833932
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/906
next