一年後をお楽しみに!
 テーマ [ノンカテゴリ]
2017年3月27日

都内某所にて作家さんたちとミーティング。来年3月、浦和の楽風さんで行う展示会にむけて始動しました。
和気藹々と楽しそうに見えますが、これから作家のみなさんには、汗と涙をいっぱい流してもらいます!
一年後の今頃、おもしろい展示をお目にかけることができるでしょう。まだまだ先ですが、楽しみにしていて下さいね。

展示会予告↓
2018年3月22日(木)〜27日(火)
日本茶喫茶ギャラリー「楽風」(さいたま市浦和)
参加作家(予定)
あひろ屋/うヴぇや/加藤キナ/手作りひなや/鳥居美和/永田みどり/蒔絵屋 伯兆/三つ豆
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1490576461
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/911
一足お先に、SPRING SALEはじめました!
 テーマ [お知らせ]
2017年3月15日


外は冷たい雨が降っていますが、そろそろ桜の開花が待ち遠しい頃ですね。
和雑貨 翠では桜より一足お先に、SPRING SALEを始めました。
桜や花柄の和小物、新生活に役立つ身の回りの品をお買得価格でご提供いたします。
美しい和の品とともに嬉しい春を迎えませんか。
http://this_is_LINK_click_to_go/


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1489584627
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/910
通常営業に戻りました
 テーマ [お知らせ]
2017年2月26日

今月は諸事情により、不規則な営業が続いておりました。ご迷惑をお掛けして、申し訳ございませんでした。
ようやく落ち着き、通常営業に戻りました。

写真は今月から取扱を始めた、戸田屋商店 梨園染の手ぬぐいたち。
江戸前の粋な柄が揃っています。
http://this_is_LINK_click_to_go/

皆様のお越しをお待ちしております。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1488066880
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/909
臨時休業のお知らせ
 テーマ [お知らせ]
2017年2月13日


店主の家庭の事情により、しばらく出荷業務をお休みさせていただきます。
ただいまご注文いただいた品の出荷は2月21日以降となる予定です。(追記 2/19現在、事情が長引いており、早くて2/25の見込みです)
ご不便をお掛けしますことを心よりお詫び申し上げます。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1486955760
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/908
和雑貨翠のある暮らし instagramキャンペーン
 テーマ [お知らせ]
2017年2月1日


本日より「和雑貨翠のある暮らし instagramキャンペーン」を始めました。
当店でお求めになった品の“今”をinstagramに投稿して見せていただけませんか?
応募の中から抽選で5名の方に賞品をプレゼント。
フォロー数もまだまだわずかですので、当たる確率高いですよ?!
みなさまのご応募をお待ちしております!

応募方法は以下のページよりご確認下さい。
http://this_is_LINK_click_to_go/

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1485960828
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/907
波兎の由来は?
 テーマ [和のコラム]
2017年1月31日


昨日、近くの浜辺を散歩していたところ、風が強くて白波が次々と立っていました。
その様子は、まさに兎がぴょーんぴょーんと跳ねているかのよう。

日本には「波兎」の文様が多くあります。
陸に住む兎が波と一緒に描かれる組み合わせが不思議でしたが、以前サーフィンがご趣味のお客様から「海にうさぎがいた」と聞いて、なるほど、と納得しました。
白波を兎に見立てる日本人の感性、素敵ですね。

ただネットで調べてみると、「波兎」の由来は、謡曲「竹生島」の一節、「兎も波を奔(はし)るか」から来ているという説と「因幡の白兎」から来ているという説の二つがありました。
「竹生島」は琵琶湖の情景。湖面に映った月から来た兎が波を走るというもの。(←イメージが穏やかすぎるような?)
「因幡の白兎」は海のワニ(サメ?)をだましてその背中伝いに海を渡る兎のお話。(←波兎の柄にワニは描かれていない)
 
私としては、海の沖合に立つ白波を兎に見立てたという説が一番しっくりくるのですが…。
風の強い日に海に行くことがあったら、ぜひ跳ねる白兎を探してみてください。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1485833932
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/906
見応えたっぷり。三鷹で根付展
 テーマ [イベント情報]
2017年1月30日


三鷹市美術ギャラリーで開催中の「根付 江戸と現在を結ぶ造形」を見てきました。

根付は江戸時代に煙草入れ、印籠、小型の革ポーチなどを紐で帯から吊るし持ち歩くときに用いた留め具。もともとは実用品だった留め具がユニークなデザインと精密な手わざによる贅沢な細工に発展したところが江戸の粋ですね。
現代でも根付は作られていて、主にコレクターのアイテムとなっています。むしろ海外のほうが人気が高いかもしれません。

この展覧会では伝統的な古根付と現代根付があわせて300点ほど展示されていました。観客の目の高さにあわせて展示されているので、疲れを感じることなく、一つひとつじっくり見ることができました。虫ネガネや単眼鏡の貸出サービスもありがたかったです。

細工の凄さももちろんですが、根付が面白いのはユニークなモチーフ。一つ一つにアイデアが凝らされていて、時の過ぎるのを忘れて見入ってしまいました。

見応えたっぷりの展覧会は3月20日(月・祝)まで。
駅から1分の三鷹市美術ギャラリー、寒くても出かける価値ありますよ。
ロビーで上映されていた製作工程のビデオもおすすめです。

根付 〜江戸と現代を結ぶ造形〜 展
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1485740723
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/905
表紙絵ギャラリー、リニューアル
 テーマ [お知らせ]
2017年1月25日


毎日冷えますねー。
家にこもりきりで、ついついパソコンに向かっている時間が増えたので、なんとなく思い立ち、「表紙絵ギャラリー」をリニューアルしました。

ほぼ一ヶ月に一枚のペースで描かれた作品が180枚以上にもなっていました。
我が母ながらよくここまでがんばったなぁと思います。
継続は力なり、です。
お時間あるときにぜひご覧ください。

表紙絵ギャラリー
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1485335126
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/904
はーるよこい、はーやくこい!
 テーマ [商品情報]
2017年1月16日


はーるよこい、はーやくこい!
…と切実に思う今日このごろ。
永田みどりさんの陶雛、販売開始しました。
(お届けは2月4日立春を予定しています)
毎年、早々に売り切れる人気商品です。お早めにどうぞ。
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1484525105
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/903
ちょっぴりよそ行きなこぎん刺し
 テーマ [商品情報]
2017年1月12日
遅ればせながら
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます

お正月はいかがお過ごしでしたか。
私は元旦より風邪をひき、こじらせ、ようやく復活しました。
そんなわけで、しばらくサイトも更新が途絶えてしまい、すみません。

今年最初の新登場は、三つ豆さんのこぎん刺しイヤリングです。


「あれ、なんかいつものこぎん刺しと違う?」と思った方、鋭いです。
このイヤリングには、こぎん糸ではなく細い刺繍糸が使われているのです。
そのため、文様に光沢があり繊細で上品な印象の仕上がりになっています。
こういうちょっとよそ行きなこぎん刺しもかわいいですね。
http://this_is_LINK_click_to_go/

撮影は我が家の裏の菜の花畑で行いました。
鴨川は一足早く春が来ています♪

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1484208640
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/902
今年最後の大型入荷!
 テーマ [商品情報]
2016年12月26日
今年最後に、当店人気の品が相次いで入荷しました!
一つめは伯兆さんの蒔絵ウッドビーズ「蜜」と「凪」。
螺鈿の蒔絵は、光の入り具合で色も明るさも変化します。
ずっと見ていても飽きないきらめきが人気の秘密でしょうか。


●蒔絵屋・伯兆 蜜(ネックレス仕上げ)/6,998円(税込)
 http://this_is_LINK_click_to_go/

●蒔絵屋・伯兆 凪(ネックレス仕上げ)/6,998円(税込)
 http://this_is_LINK_click_to_go/


さらに、今回は三つ豆さんの品もいろいろ揃いました。
●三つ豆 こぎん刺し ミニポーチ/3,240円(税込)
 http://this_is_LINK_click_to_go/



お化粧直しのアイテムなどを入れておくのにちょうどいいミニサイズのポーチです。
ヘリンボーンのこぎん刺しがおしゃれなうえに、内布の色合わせがとっても素敵。

●三つ豆 文庫本ブックカバー/3,888円(税込)
 http://this_is_LINK_click_to_go/


亀甲、流れ、松笠、そろばん刺しなど代表的なこぎん刺しのモドコ8種類を一枚の布に刺した、「THE こぎん!」のブックカバーです。

●三つ豆 こぎん刺し ティッシュケース/1,404円(税込)
 http://this_is_LINK_click_to_go/



きなりの麻にこぎん刺しがかわいい、ナチュラルテイストのティッシュケース。
今回から裏地がついてより使いやすくなりました。


●三つ豆 刺し子ふきん/3,024円(税込)
 http://this_is_LINK_click_to_go/



一針一針のあじさい模様が美しく、入荷のたびに感動してしまいます。色遣いも様々で楽しいです。

ウッドビーズと刺し子ふきんはただいまプレビュー中。本日20時より販売開始いたします。(販売30分前くらいからページを一旦非公開にし、20時ちょうどに公開します)
今年がんばった自分へのご褒美にいかがでしょう?
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1482737889
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/901
永田みどりさんのインタビュー、復活!
 テーマ [お知らせ]
2016年12月26日


陶芸家・永田みどりさんのインタビュー記事を再び公開しました。
3年前には「干支のセットものは大変だからもう作らない」と語っていたけれど、今年の酉も3羽組。懲りずに(?)がんばって作ってくれました。
永田さんの「お客様に喜んでもらいたい」という気持ちが真摯なものづくりにつながっています。お人柄がうかがえる記事、ぜひご覧くださいね。
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1482736569
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/900
あひろ屋さんのインタビュー、復活
 テーマ [お知らせ]
2016年12月12日


サイトのリニューアルに伴い、しばらく作り手インタビューの記事が読めない状況が続いておりました。ようやく、第一回のあひろ屋さんの記事を復活させました。

高校生で起業し手ぬぐい作家に至るまでの生き様、注染の限界に挑戦しつづける手ぬぐいへの熱い思い。
この記事を読んだら、あひろ屋さんのファンになることまちがいなし。ぜひご覧ください。
(二回目以降のインタビューも近いうちに復活させます)

インタビュー記事はこちらから。
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1481517284
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/899
皮から革へ
 テーマ [イベント情報]
2016年12月5日


昨日は国立・器の店ノーションさんで開催されている加藤キナさんの個展へ。
一年ほど前から野生の鹿皮を使ったカバン作りに取り組み始めた二人。
野生ゆえの皮のキズや厚みの違いなど、個体差の大きい素材を自分たちの技術と知恵で克服し、皮から革へと見事に変換させた彼らの品には堂々とした風格がありました。



夕方からは鹿と猪のパテをいただきながらのお話会。
太古からの鹿と人間とのかかわりや、狩りや肉を食べることの人間の本質的な欲求、生態系の問題、害獣駆除の行政のあり方、経済的な問題などなど、「鹿」にまつわる様々な話題が次から次へと飛び出して。頭のなかでまだ消化しきれていませんが、実に興味深かったです。
特に、日光でお一人で鹿の皮を剥いでらっしゃる須藤さんのお話や動画からはリアルな命との対峙が感じられました。
須藤さんやキナさんたちのこのような活動がこれからどう広がり深化していくのか、今後も目が離せません。
加藤キナさんの個展「鹿の森 Le bois des cerfs」は12月5日まで。

器の店 ノーション 
〒186-0004  東京都国立市中1−18−16ミンコートグランデ1F
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1480898783
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/898
日本とヨーロッパ、藁に託す思い(ワークショップのご案内)
 テーマ [イベント情報]
2016年11月17日


藁に新年の寿ぎや豊作への願いを託す。
それは日本に限ったことではないようです。
フィンランドでは冬至祭のときに、「ヒンメリ」という麦わら細工を飾ります。
日本のしめ飾りと根底にある精神は同じ───自然に対する畏敬の念と神への祈り。
今回のスタジオ・オークでのワークショップは洋の東西のわら細工がテーマ。
年末を間近に控えた今、新しい年への幸せを願ってわら細工を自分で作ってみませんか?




●「麦わらで作るヒンメリとストロースター」
フィンランド伝統 ー クリスマスのハンギング飾り「ヒンメリ」(房飾り付き)と、ドイツ発祥「ストロースター」3種を作ります。
講師:横山路子さん
参加費用:¥3,000(税込 お茶&お菓子付き)
日時:11/19(土)午前の部/10時半〜  午後の部/2時〜
持参していただくもの:ハサミ 作品持ち帰り用の袋(一番大きい正八面体の一片が22cmが入る大きさ)
●「稲わらで作る正月飾り」
講師:舘脇美穂さん(studio_tau)
参加費用:¥2,500(税込 お茶&お菓子付き)
日時:11/23(水)午前の部/10時半〜   午後の部/1時半〜
持参していただくもの:エプロン、作品持ち帰り用の袋、替えの靴下
*動きやすいパンツ、汚れてもいい服装でのご参加をお勧めします。
お申し込みは、スタジオ・オークまで。
0467-24-4075  kaz_oak1@yahoo.co.jp
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=wazakkasui&entry=1479337970
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/wazakkasui/897
next