展示備品、蝋引き箱
 テーマ [展示備品など(業務連絡)]
2017年7月9日
(在店のない展示会をしてくださるお店さま向けに書いた文章です。他の方は、「あ、苦労してるんやなー、工夫してるんやなー」、って感じで、読み飛ばしてください。笑)

---

【蝋引き箱】

蝋引きした厚紙でつくってます。
中には、羊毛を詰めてます。
ピアスやブローチを入れられるくらいのサイズです。







ペブルワークスの制作物に、箱は付属しません。

気に入る箱がないことも理由の一つですが。
「ぺブル」は「丸い小石」という意味で、石ころのような制作物をそのまま拾ってもらえたらな・・という気持ちもあったりするからです。

とは言え、いざ自分が誰かにプレゼントしようとした時には、「箱があったらいいのにな」と思うことも事実。

そこで、箱を自作しました。
基本的には、展示を助ける「展示備品」ですが。
プレゼント用の箱として、「別売り」していただくことも可能です。


納品時に同梱をご希望される場合は、お申しつけください。


* 厚紙をカットして、蝋を染み込ませて、ひとつひとつ手づくりしているため、お送りできる数は、限られます。数については、お任せくださいますよう、お願いいたします。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=p-works&entry=1499607517
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/p-works/2615
イヤーカフ、付け替え一式
 テーマ [展示備品など(業務連絡)]
2017年4月16日
(在店のない展示会をしてくださるお店さま向けに書いた文章です。他の方は、「あ、苦労してるんやなー、工夫してるんやなー」、って感じで、読み飛ばしてください。笑)

---








ワタシ自身、ピアスが苦手で、イヤリングパーツをいくつか試して来ましたが、満足のいくものには出会えませんでした。
そのため、ペブルワークスの制作する耳飾りはピアスのみです。

が、2016年12月より、イヤーカフパーツへのつけ替えを始めました。(ピアスの代金+イヤーカフパーツ代が必要となります)

ピアスからイヤーカフパーツへのつけ替えサービスは、ペブルワークスの在店時のみ行っているものですが、もし、貴店のほうで付け替え作業を行っていただけるのでしたら(作業は、丸カンを開け閉めするだけです)、一式をお送りすることもできます。

ご希望の場合は、仰ってください。
納品時に同梱いたします。


■注意事項(2017.5.15.追記)
耳のカタチは、ほんとうに人それぞれで、中にはイヤーカフが引っかかる余地がないカタチの耳をお持ちの方もいらっしゃいます。

お客様にご試着していただき、軽く引っ張っても外れないことを実感していただいた後、販売していただけますようお願い申し上げます。


また、適するイヤーカフの長さも人それぞれで、3種類の長さ(ショート、ミディアム、ロング)で対応しておりますが、それでも、すべての方に対応できるわけではありません。



■貸し出し可能な品
・イヤーカフについてのキャプション
・キャプション立て
・丸ペンチ

■納品
・イヤーカフパーツ、いくつか

*イヤーカフパーツは、チタンワイヤーを用いて、ペブルワークスが自作しております。
他の品と同様、ひとつひとつ手で制作しておりますため、お送りできるイヤーカフパーツの数は限られます。

*耳飾り本体と同等以上の手間と時間をかけて制作しておりますが、「パーツ」ということで、価格の方はかなり抑えております。
イヤーカフ単体での販売はご容赦くださいますよう、お願いいたします。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=p-works&entry=1492341547
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/p-works/2499

 テーマ [展示備品など(業務連絡)]
2017年3月2日
(在店のない展示会をしてくださるお店さま向けに書いた文章です。他の方は、「あ、苦労してるんやなー、工夫してるんやなー」、って感じで、読み飛ばしてください。笑)

---




ピアスなどをあててみる際に使う、小さめの鏡です。
プレーンな鏡と番線でつくった針金スタンドからできてます。
(鏡を撮ると写り込んでしまうので、同じサイズの白板で代用して、撮っております。また、番線には白ペンキを塗る予定です)


* スタンドは、クラフトフェア出展時に使いやすい角度でつくりましたので、店舗でお使いになるときには、少し角度が浅すぎるかもしれません。
割れる危険がなさそうであれば、壁などに立てかけてお使いになったほうが良いかもしれません・・。

・鏡のサイズ 18×26.5cm
・貸し出し可能枚数 2セット

* 申し訳ありませんが、クラフトフェアの出展と重なる会期のときは貸し出しすることができません。
(どうしても必要な場合は、1セットのみ貸し出しいたします)
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=p-works&entry=1488415737
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/p-works/2437

 テーマ [展示備品など(業務連絡)]
2017年3月1日
(在店のない展示会をしてくださるお店さま向けに書いた文章です。他の方は、「あ、苦労してるんやなー、工夫してるんやなー」、って感じで、読み飛ばしてください。笑)


いい雰囲気の枯れた感じの什器をお使いのお店さまが多い昨今ですが。

ペブルワークスのモノは、渋色な上に面積が小さいモノも多いですので。
そういったモノの上に並べると、同化して、全く目立たなくなる恐れがあります。

自分自身で展示する際には、什器に布をかけます。




テーブル全体にかけると重たい雰囲気になる可能性があります。
ライナー的に、テーブルの端を出してやったほうがスッキリするし、什器も生きてくるかと思います。



こちらは紺色の布。



2017年4月に入手したばかりで展示に使用した写真はございませんが、アイボリーの布です。





布は、梱包時にどうしても折り目がついてしまいますが、霧吹きで軽く水をかけて、什器にしばらくかけておくと、折り目はキレイにとれます。
(おそらくアイロンは不要です)

もし、貴店の雰囲気に合いそうでしたら、お申し付けください。
展示会作品の納品時に同梱いたします。


■貸し出し可能な大き目の布

・黒(シワ加工、長さ3m程度1枚)
・紺(シワ加工、長さ2m弱程度1枚)
・アイボリー(シワ加工、長さ3m程度1枚)

テーブルなどに使えます。


■貸し出し可能な小さ目の布

・墨黒(シワ加工、60cm強×100儷程度、2〜3枚)

ハシゴとかバーにネックレスを引っかけて展示するのに、その背景としてお使いくださったお店さまがありました。
棚には使いにくい感じがいたします。



*霧吹きもご希望であれば、同梱可能です。
*シワ加工の布です。シワをアイロンでのばしたりはしないでください・・。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=p-works&entry=1488327204
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/p-works/2434
ピアスかけ(壁用)
 テーマ [展示備品など(業務連絡)]
2017年2月28日
(在店のない展示会をしてくださるお店さま向けに書いた文章です)

2017.7月改。
---

以前は、【展示備品】でしたが、「欲しい」と仰ってくださる方がちょこちょこいらっしゃるので、販売するようになりました。基本的に納品物に含まれます。

逆に必要ない場合だけ、お知らせください。

以下は、使い方の説明です。

---

針金のピアスかけを使うと、壁面展示ができます。

---

ピアスかけは、虫ピンで留まります。
ピアスかけに、ピアスフックを引っかけるだけです。







実際の展示イメージはこんな感じです。



---

*現在は、少しカタチが変更されて、「壁専用」になったものをつくっていますが、置きでも使用できるタイプも、いくつかあります。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=p-works&entry=1488240753
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/p-works/2431
ピアスかけ(棚やテーブル用)
 テーマ [展示備品など(業務連絡)]
2017年2月27日
(在店のない展示会をしてくださるお店さま向けに書いた文章です。他の方は、「あ、苦労してるんやなー、工夫してるんやなー」、って感じで、読み飛ばしてください。笑)


2017.7月改
---

この展示備品は、長さが結構あるため、お送りする段ボールサイズが、かなり大きくなってしまう可能性があります。

---




ピアスは、着用した時に、つまり、下方向に重力がかかった状態の時に、カタチが成立するようにつくっております。

ただ平置きすると、だらしない、何の魅力も感じられない展示になりやすいため、展示を助ける「ピアスかけ」を作成しました。
もし、貴店の雰囲気に合いそうでしたら、お申し付けください。
展示会作品の納品時に同梱いたします。

使用時の幅は、63cm程度。

(お送りする段ボールの箱の大きさによっては、数cmカットする可能性があります)
同梱可能数は、6セット。
代用品を使用して、2セット追加可能です。

針金(番線)は、そのままの黒色(6本)と白色(6本)を送ります。展示背景によってどちらかお選びになってお使いください。


■使用方法

塗料を塗った紙箱の穴に番線を通して使用します。





ご覧くださる方の視線と同じくらいの高さの棚で使用するのであれば、一番上の穴で。





テーブルなど、お客様の視線よりかなり低い位置の場合は、一番下の穴を使用すると、着用した時のカタチがイメージしやすいのではないか?と思っています。




平置きと同じじゃないかと思われるかもしれませんが、少しでも、ピアスの下方向に重力がかかると、締まります。

(ピアスがほとんど手元にないときに撮影しましたので、私物のイヤーカフ等を使用しております)
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=p-works&entry=1488155096
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/p-works/2429