今年観られた映画2010
 テーマ [シネ部]
2010年12月31日
1 ディアドクター
2 アバター 
3 Drパルナサスの鏡
4 オーシャンズ
5 ゴールデンスランバー
6 ボーイズ オン ザラン
7 シャーロックホームズ
8 第9地区
9 アリス イン ワンダーランド
10 告白
11 アイアンマン2
12 アウトレイジ
13 借りぐらしのアリエッティ
14 ロシアアニメ色々(霧の中のハリネズミ、外套他)
15 トイストーリー3
16 特攻野郎Aチーム
17 インセプション
18 ヒックとドラゴン
19 13人の刺客
20 eatrip
21 怪盗グルーと月泥棒

美術館で観たのも合わせて、ですが
な、、なんとか20本観ましたー ぜえぜえ
そんなにハズさなかったなー、、という印象です。怒りのこみ上げるような作品には出会わなかったような。
でも、それってどうなの?攻めてかないとなー来年はもっと映画を観なくちゃ。
そんな少ない中でも、一番印象に残った映画は何?と思い返すと
新人映画監督三浦大輔の「ボーイズ オン ザラン」
大体なんでもやる職業監督「三池崇史」監督の「13人の刺客」でしょうか。
どちらも痛くて面白い映画でした。

高知へ越して来て、映画館の少なさに加えて掛かる作品数の少なさ、吹き替えのみしかない作品も多数など、(あとローラーガールズダイアリーが観られなかったのは痛かった)田舎で観たい映画を選ぶ不自由さを痛感しております。
ですが、それにめげずに来年もできるだけスクリーンで映画をみていきたいなー

ボーイズオンザラン
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1293766813
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/330
映画の日
 テーマ [シネ部]
2010年10月28日
ずっと仕事で出ていた部長が帰ってきたので久々にシネ部でした。
13人の刺客を観た。おもしろかった。
弘樹が良かった。
役所広司がちょんまげだと顔のうるささが緩和されることがわかった。その超顔のうるさい役所にさらに顔のうるさい市村を当ててきた監督に「やるなオヌシ!」と拍手を送りたい気持ちになった。皆役者本人にしか見えない演出というものもいっそ気持ちが良いものだなと初めて思った。
入り口のチラシを貼り出してあるコーナー


ちょんまげ映画がブームらしい。
これと


これと


これ


外人から見たらよく違いが分からんかもな。
それに、暴君役はゴローでもニノでも大沢たかおでもどれがなっても良いなーと思った。
次はエクスペンダブルズだ!
だ!というほどでも無いが。

13人の刺客 公式サイト
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1288192602
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/297
もう追いつけない
 テーマ [シネ部]
2010年9月8日
先日ヒックとドラゴンを観に行った。
もう、CGアニメはとんでもないところまで到達してしまっているようでした。
これ、CGなの?人形アニメのコマ撮りじゃないの?
というくらいの質感、、。
ただ、地方の映画館では吹き替え版のみの上映で正直観ててつらかったんです。これじゃあ、友近となだぎのディラン&キャサリンみたいでした。とほほ残念。


それにしても、バイキングの姿がマペット放送局(1996年に制作されたアメリカの超いかすマペット番組)の雷(いかづち)の神みたいだぜ...と思いながら観てたら「トールいかづちの神」というセリフが出て来て大爆笑、してるの、うちら夫婦だけでした。すみません。

ヒックのパパ(職業:バイキング)



雷の神(職業:神)



マペット放送局
「トール雷の神 図書館カードを持ってないの巻」
http://this_is_LINK_click_to_go/

久々にヘンソンプロダクションの番組をyoutubeで追っかけてたら
こんなのを見つけた。
「マペットスタジオ」って番組があるんだね。

http://this_is_LINK_click_to_go/

わおー面白すぎ、、センスが爆発。
さらに進化したマペットたちでした。こんなの観ちゃうと、、
もう、日本はアメリカに絶対追いつけないな。と思う。
あー、スンバらしい

マペット放送局について
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1283952367
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/272
今年はここまでで16本。「インセプション」
 テーマ [シネ部]
2010年9月5日
毎年まいとし、映画年間20本は観たいと言いながらずっと達成出来なかった。
けど、今年はいけるかも!ここまでで16本なのだから。あと4本だもんね。
先日シネマイレージが溜まったとか書いたけど、映画館に行ったら次回無料になります。と受け付けのおねえちゃんに言われた。
そーいえば一回財布忘れて行ったから、カードにポイントが加算されなかったんだわ。ヒー!
というわけで千円ちょっと払って、他人の夢の中に入って重要なアイディアを盗むのをお仕事にしている企業スパイの話「悪夢探偵」!ではなく、「インセプション」(渡辺謙も出てるよ)を観て来たよ。
ダークナイトの監督だけど、、各方面より難解すぎてストーリーに集中出来ない。だとかという前フリもあって、警戒しつつ観て来ました。ですが、とても、面白かったよ。あのクリストファーノーラン監督凄いね。偉いね。だるくなってしまいがちな視覚的においしいシーンもドライに容赦なくバッサバッサと編集して行く感じが偉い!普通なら街が折り畳まれていくシーンとか、無重力の部屋で人間を積み木のように積み重ねてグルグル縛ってエレベーターに運び込むシーン(まさにイリュージョン!)とか、登場人物全員が機内とか、車内でつながったまま眠ったままスローで揺さぶられているシーンとかかっこいいからついついダラダラ流したいはずだのにー、、偉いなー。
ケンワタナベも良かったでござる。企業のトップが自らここまで命を張るかねーとも、思ったけど、、だからこそ面白いとノーランも思ったのでせう。瀕死状態で投げやりに敵に銃を撃ち込む演技が良かったな。
お話の説明出来ない部分は「まーそこは漫画だからさ」てな感じで一切触れずに進んでく感じもスマート(薮蛇になるもんな)でいいと思いました。それから、アーサー役のジョゼフ・ゴードン=レヴィットが素晴らしかった。彼が参加していたことでこの作品全体の雰囲気が軽く保てたと思う。こういう映画にありがちな空気(うまく説明できないけど、役者全員がカメラに向かってミエを切るような雰囲気?)をギリギリのところで止めてライトに持っていけたと思う。彼自身大活躍する役柄ながら、通りすがりのヒトみたいな爽やかさを保っているのは何でなの?育ちの良さ?とにかくキュートだし、アリアドネ役のエレンペイジなんかは彼と会話してるシーンのみキュートに映っている。
レオナルドデカプリオ(以下レオ様)とのシーンでは、どーにもあか抜けない感じで、半分子役に見えて仕方なかったのだけど。というわけでジョゼフ・ゴードン=レヴィットの今後に注目したい。標的の御曹司ロバート役は前回ダークナイトでスケアクロウ役を好演していたキリアンマーフィーでした。この人の顔が気になる。ラーメンズのちりちりのヒトに共通するこってり感。嫌いじゃない。
最後にレオ様の事だけど、、言いにくいんだけど彼が一番ミスキャストだった気がした。主演を選ぶのって色んな意味ですごい難しいんだらうなー。
***********************
まー、レオ様については、ファンの方も多いことですし、恐ろしいのでこれ以上は触れませんが。点々点。
この作品は登場人物がそれぞれ独りで自分の担当する仕事を一生懸命にやる!いうのをちゃんと撮ってる。監督の1キャラ1キャラに対する愛情を感じまする。これだったら主役のコブ役のみギャラ抑えめの役者に入れ替えてシリーズ化しても耐えられるかもしれないな。「特攻野郎Aチーム」みたいなタイトルをつけてねー。

※注 映画に対する感想は人それぞれです。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1283652888
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/268
またもやケイトにおいてかれる
from hkb
9月9日2010年
インセプション私も観たいと思ってました
そうかぁー観てないけどちょっと見えてきましたよ!
ノーラン監督ひそかに期待してます。
脚本書く監督の強みを感じますねー。

で、やっぱりレオさまそーですか
そんな気がしていました。
だいじょうぶなんだろかと。
私のなかでタイタニックで沈んでしまった
レオさまから
なかなか浮かびあがってきません
助かったケイト・ウィンスレットは
ますますの活躍で
「愛を読むひと」もよかったし
海猿的に言うならば
「レオあぁがってこぉぃぃ〜!」
あっでもファンではありません。

そして私のこの夏一番は
2010博士の旅ってーのです




ありがとございます(汗)
from にしおゆき
9月10日2010年
hkbさん、コメントありがとうございました。
日記読ませてもらっています。わんちゃん元気になって良かったっす。
どえりゃー暑かったですねー、今年。
インセプション、今読み直してみると手放しで褒め過ぎた感もあるワタシの感想です。いろいろと突っ込みどころもありました。最後の方荒い!とかね。でもでもなかなか大変だからさ、こーいうの畳むの。だからちょい点甘めかもしれません。ダークナイト以来ノーラン監督には期待してます。応援すらしてます。後、マイケルケイン(ダークナイトでの執事アルフレッド役)のおっちゃんが出て来たら無条件で安心してます(笑)。
ぜひDVDででもご鑑賞頂ければと思います。
レオ様は、、私には魅力が分からない。残念ながら。
いつまで、かっこつけているつもりだなんだね、ちみは。と言いたい。トロピックサンダーのトムクルーズを見よ!と言いたい。
次の1本はタダ
 テーマ [シネ部]
2010年9月3日
引っ越して来てから映画6本観たので、tohoシネママイレージが溜まって、次の1本はタダ見できるのだ。
さて、何を観ようか。
エクスペンダブルズがいいけどまだまだ先だもんなー
ブルースウィルスの頭が随分ダイハード(崖っぷち)なので、今更驚いた。

「本物のアクションをみしぇてやる!」
エクスペンダブルズ
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1283488078
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/267
インテリアにどうぞ
 テーマ [シネ部]
2010年4月24日
こんなのを見つけた。
「第9地区」のエビポスターが販売されている。
ははは、おしゃれなの?これ



こっちはちょっと欲しいかも


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1272079338
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/134
あいむハングリー!!!
 テーマ [シネ部]
2010年4月21日
早起きで仕事をどうにか夜までに進めて、衝動的にせがんで、専務に映画館へ連れて行ってもらう。なんせ、3月は一度も観れんやった。
イオンシネマで、「第9地区」とどっちにするか迷って「シャーロックホームズ」にした。椅子にかけて、予告始まった段階でもう面白うてしょうがない。これぞ娯楽!待ってたホイ!脳みそのどっか忘れていた箇所からドクドクなんかが溢れてくる感覚。快感です。お腹って減りすぎたら、もう減っている事がわからなくなるでしょ、あの感じになっていたらしく。こうなったら鼻からも耳からも穴という穴からむさぼり喰いたい気分に。
本編始まる前からニヤニヤしすぎた。
(「いやー、ほんっとうに映画っていいもんですね。」っていう誰かさんのセリフ。まさに共感!!)
今回もアイアンマンに続いて、ロバートダウニーJr.が男前すぎて、ギャグになっちょりますです。下まつげっ!!目張り!
それにしても、衣装とかセットとか凝りまくってるからその辺をジロジロ味わっていると字幕を読むのが間に合わん。
うううう、あと3回観たい(完全に無理だけど)。
そんで次の日も夕方から、き●がいっぽくなって「ドクター!映画ー!映画をー!」とわめいて結局連日映画館に。
2日目は「第9地区」気持ち悪かった。
コロシ過ぎじゃい
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1271834490
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/133
Hilarious! That bitc
from Gracelin
4月27日2016年
Hilarious! That bitch is crazy! Another thing her crazy fans love to do is defend her bad behavior by saying, “the other women do it too” lol! Sorry the other women ar;e#&8217nt as crazy as T. Not even close.
アマゾンの密林で薬草を探す
 テーマ [シネ部]
2010年2月21日
もくもく仕事
夜から映画



峯田和伸(銀杏BOYZ)主演
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」
公式サイト
http://this_is_LINK_click_to_go/

本日20日はムービックスの\1000デーであったので、少しは混んでいるかと思ったけど、客席には渋いお客しか居なくて(カップル皆無、パーマ率茶髪率低し)非ジョーに居心地が良かった。

しっかし、いい映画であった。

是非老若男女に観て欲しいものです!
あ、R15指定なのですが...
某西岡さんとかにも、「アンヴィル」並みにおすすめなのですがR15指定関係の部分さえクリアできれば超おすすめなので、乗り越えて観て欲しいものです。
水曜日がレディースデイですよ(ハート)。

峯田和伸大熱演出物腫れ物ところかまわず。。
彼の顔って最高だと思った(少年メリケンサックで若き日のジミー役も演じた)


リリーフランキー、小林薫、YOU、岩松了など大人陣が、脇をがっちり渋く演じています。


痛いヒロイン役黒川芽以「ジョゼと虎と魚たち」の上野樹里以来のうっとうしさで好演。松田龍平はもうどこに出てても安心してみられます。先日のゴールデンスランバーにつづき、ロックな渋川清彦も出演。
キャステングにうなる。
主人公が殴り込みに行くシーンで、恐ろしく感情移入してしまい、心臓がばくばく鳴って驚いた。ホラー映画でもないのにこんなにドキドキしたの久しぶり。「黒い家」以来かもしれん。

こちらのインタヴー動画おすすめです。

http://this_is_LINK_click_to_go/
MOVIX京都店では今週いっぱいで終了予定!走っていくべし!
MOVIXリンク
http://this_is_LINK_click_to_go/

今年は邦画がいいかも。

アマゾンで本を買い漁る、8冊。
薬草は毒草でもある。
気をつけよう。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1266688127
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/99
観るよぉ。
from 某西岡
2月21日2010年
映画って観たいなあと思っていても、気づけば終わってしまっている事が多いです。
シネ部の映画感想は参考になりますし背中を押された感じで行けちゃいます。
R15指定関係は難なくクリア。
ぎりぎりで観に行きます。

これからも「シネ部」「鳥部」の活動日記を楽しみにしてます。
おっ
from にしおゆき
2月22日2010年
先輩、お疲れさまです。
メッセージ届いたみたいすね
思った以上に
反応が良くてうれしいす。
この映画、西岡女史にはきっと響くはずです。
面白い映画を見逃さないコツは
映画館のシートに腰掛けるその瞬間まで
決して油断しないことです。
ゴールデンスランバー
 テーマ [シネ部]
2010年2月5日
毎日でも映画が観たい。
レイトショーの時間から逆算して立てる予定は楽しい。
今日も本日分の仕事をすませて、窯詰めをしてから夕飯を食べていそいそと映画館へ出掛けた。
年明けてコレで5本目、いいペースである。
「今年こそは20本観るぞ。」毎年言うが結局実現しない(去年は結局16本)どうしても、忙しい時期があって、そうなると映画を観る時間すら作れなくなるのはどうしてなんだろ?たった二時間。その二時間が作れないとは。
本日観たのは伊坂幸太郎原作の「ゴールデンスランバー」大変面白かった。
つづき>>




あらすじはこちらで
http://this_is_LINK_click_to_go/
「超映画批評」を割と信頼している私は、ゴールデンスランバーが70点となかなか高得点なのに気を良くして、リスクの高い「かいじゅうたちのいるところ」「ラブリーボーン」をサテオキ、この映画をまず観てみる気になった。
主役は堺雅人なんですが、、脇役で、(話が走り出して)すぐに死んでしまう森田役の吉岡秀隆について少し書きたい。ご存知「男はつらいよ」のみつお役、「北の国から」では純役の国民的子役代表「吉岡秀隆」である。彼、同世代の女性から結構厳しい評価を受けている気がする(わたし周り調べ)。映画の話題が出て彼が出演していると「吉岡秀隆きらーい」と友人たちは眉をひそめる。でも実はそーいうとき私はオトナシくしている。もしくはさり気なく「そーかな。よくやってると思うよ。」と弱々しくフォローを入れることにしている。なぜなら、私は吉岡秀隆密かにまあまあ好きなんです。
よくやってると思うのです。
甘酸っぱい大学時代の回想シーンに登場する若い頃の吉岡秀隆は他の堺雅人や劇団ひとりや竹内結子が全然若返ってなかったのに比べて、結構いい線いってたと思うんだけどな。
そーいえばこの映画には、もう一人子役発の素敵な役者が。「濱田岳」君だ。名前を聞いてもピンと来ないかもしれませんが、顔をみれば誰もが知ってるんじゃないでしょうか。立派に成長しました。
今回は「キルオ」というキュートな連続通り魔役を演じている。主人公の青柳が国家権力にはめられて総理大臣暗殺の犯人として追われ、警察に捕まって万事休すとなった時ひょんなことから出会い、青柳の逃走を助けるという話のキーになる魅力的な人殺しキャラクター。
なんだかスクリーンから立ち上がってくるようなぴかりとした役だなーと印象的でしたが、ウィキペディアによると伊坂幸太郎はキルオというキャラクターを最初から濱田岳をイメージしてあて書きしたのだという。なるほそ。




タイトルからお察しの通り、劇中で何度もビートルズのアビイ・ロードに入っている名曲「GOLDEN SLUMBERS」を登場人物が口ずさむシーンが出てくる。先日の日記にも書いたけど、ビートルズタクシーに乗ってしまってからというもの、ビートルズの解散時のエピソードなんかが頭にあった私にとって、あまりにもタイムリーな内容で驚いた。(しかも、私の選んだ一曲も「アビイ・ロード」に録音された別の曲なのである)そんなわけで、劇中で登場人物たちが大学時代の回想シーン、ビートルズ解散時のバラバラになって冷めていくメンバーの気持ちとそれでも燃えていたポールマッカートニーの情熱に思いを馳せて「ビートルズは最後まで素晴らしい曲を作ろうと努力したんだ」うんぬんという台詞にも「そうそう、そうなんだよねー」とぐっときてしまった。ちょっとちょっと出す女優の使い方も、お上手。ソニンが可愛い。貫地谷しおりがやさぐれている。相武紗季が相武紗季にしかみえんがこっちをアイドル役にしなかったのはエライ。最後の最後で母親役の木内みどりが登場するんだが、とてもお久しぶりで元気にしてはるのかなーと心配になっていた女優さんなので、きれいなまんまで元気そうな姿を見られたのも嬉しく思った。
そんなうまくいくかー?ありえねー!というのはあるけど、伏線も全て回収成功。総じて上手なり。

ゴールデンスランバー 公式サイト
http://this_is_LINK_click_to_go/

監督:中村義洋 音楽:斉藤和義
出演:堺雅人 竹内結子 吉岡秀隆 劇団ひとり 香川照之 大森南朋 貫地谷しほり 濱田岳 柄本明 渋川清彦 永島敏行 ソニン ベンガル  伊東四朗 木内みどり 他
主題歌 「幸福な朝食 退屈な夕食」斉藤和義
http://this_is_LINK_click_to_go/

超映画批評
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1265302309
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/89
もえくぼ
 テーマ [シネ部]
2010年1月19日


アバターをみた(もちろん20時以降のお得な時間帯)
本作は3時間の長丁場なので、面白くなかったらどーしょーとビビっていましたが、蛭子さんのブログ(エビスのシネマミシュラン)
http://this_is_LINK_click_to_go/
を読んだら、いい具合に警戒心が解けてすんなり観る気に。
で、結果、おもしろかった!!
最終的には、パンドラという星のナヴィ族とそれを侵略する地球人の戦争の話なのですが、「戦争映画」が苦手な人にも、ファンタジー要素が強いから、異星の幻想的な森を探検する疑似体験3Dアトラクションとして楽しめるのでおすすめです。

内容は、「ナウシカ」35%、「天空の城ラピュタ」20%、「もののけ姫」20%、「マトリックス」10%、「エイリアン2」5%、「キングコング(ピータージャクソン版)」5%、「ロードオブザリング」5%、「ダンス・ウィズ・ウルブス」5%を足したような映画。(監督かなりジブリ好きとみた)

新しいなと思ったのは、主人公が実際は下半身不随で車椅子に乗っている人で、その彼が、アバターになった時には、超人的身体能力を得ることが出来るという設定です。それが良いスイッチになって、観客もより「快感」を感じられる。
そこがミソかもしれないです。
蛭子さんは「ナヴィ族の容姿が不気味な為、完全にナヴィ側の味方になれないのです。」
と言うていたが、そこはあんまり気にならなかったような...、ナビィ族のヒロインの女の子もとても魅力的に描けていてちゃんと感情移入出来ました。

次はスパイク・ジョーンズ監督の「かいじゅうたちのいるところ」が観たいけど、どうやろか。あと、マイケルの映画が期間限定だぞとプレッシャー掛けていた割には、長いことやってるなーと思う。そろそろ観た方が良いか。
あ、日記タイトルはダジャレです。


********************
本日気になったニュース

今日ヤフーニュースにマックの社員過労死の記事が出ていた。
「ー病気を発症するまでの6か月間で、自宅でのパソコン作業も含め時間外労働が80時間を超えた月が相当あったと認定した。」
とあるが、わが夫が会社勤めだった頃、一番ひどい時で残業月200時間、平均で80〜100時間だったのだ(出張時除く)。
よく死ななかったよね、ほんと。横で見ててもしもこの人に何かあったら、私憤死するかも。と思うてました。ご家族の方、さぞかし無念なことだろうなー。
時々こういう関係の話をニュースやテレビで目にする度に、震えます。

その記事
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1263831735
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/78
まあ、観てもいいかも
from スズキ@羊毛倉庫
1月19日2010年
「かいじゅう〜」は”ないようが、ないぞう〜”ってかんじが非常に痛ましかったですが、とにかく画面は完璧でした。

残業は、古き良き日本男児の習慣かもしれませんね。私も連れがさらりまんだった頃は
訴えてやろうとずっと思っていましたが、やらせるほうとやるほうとどちらが悪いのか、
今ではよくわからなくなってきました。
かいじゅうかわいいもんね
from にしおゆき
1月19日2010年
そうでしょうとも、そうでしょうとも
「観ないか観るかどっちか」映画ってそゆものよね。では、観ましょう。
そうですか、スズキさんとこもー
良かったですね、旦那さん元気でいてくれて。会社って多かれ少なかれ、そゆところあるんですよ。
かっこいいロボットを動かすための歯車である内は我慢ができるし、もう少し頑張れるけど、自分の仕事に誇りを持てなくなったらおしまいだと思う。
この曲を送りますね。
JAGATARA「もう我慢できない」
http://www.3gpdb.com/videoy.php?-=&b=DWA3tl2uxhL
ディアドクターをやっとみた。
 テーマ [シネ部]
2010年1月12日
正月に「笑点」(大好き!)のスペシャルをみたら、笑福亭松之介が出てきて、板尾創路そっくりやなーとおもてたら、来週から公開の「板尾創路の脱獄王」に出演しているらしい。気になる。
その板尾のインタヴューが読みたくて、太田出版の「本人」という雑誌を手に取ってみた(ら面白いと気付いたのですが、初購入なのに次号より休刊とのこと。ガッカリ!ただいまバックナンバー取り寄せ中)。
そのインタビューの中で
ーやっぱり監督をやって思ったのは、台本とキャスティングで映画の80%ぐらいは決まるなと。たぶん、ああじゃこうじゃ「このシーンはこういう気持ちでお願いします」とか、説明しないとわからん人と仕事しても、あんまりええもんはできないというか。ー
と、言うていて。
全くその通りだよなー。自分の仕事もそうやもんなーと腑に落ちているところに、この映画を観まして、そういう映画だよなこれってと気持ちよく面白がれました。
「ディアドクター」です。


というわけで、京都シネマで「立ち見」と言われ、くじけて以来、タイミングを逃しつづけていた「ディアドクター」を観てまいりました。いやー、面白い映画だった。
西川美和監督作品
蛇イチゴ→ゆれる→ディアドクター
と観てみて、納得の成長をとげている(テーマはほぼ一貫しているから余計にわかりやすいのかもしれない)。といって、蛇イチゴとゆれるがダメってわけじゃなくてやはり三つとも良くて。どれも面白くてえらい!
モヤモヤしていたものが、段々わかりやすく整理されてきて、わからなくて恐ろしかったものが、いつもそこにあるものになり、それでもやっぱり興味深いまんまで更に掘り下げられている。という感じでしょうか。
前作のようなモヤッと感は無く、観賞後も清々しい気持ちで席を立つことができましたよ。血縁の嘘に焦点が当たってた前作は逃げ場が無いので苦しかった。それに比べて、他人の嘘というところで幾分楽に観られた所がある。近づきすぎて見えなかったものを少し離れて見てみたら、ってことかな。
前作でもオダジョーの真面目な兄役で出演していた香川照之が、今回も重要な役所を好演しているのですが、、もはも何に出てても香川照之にしか見えないのですが、この人このところかっこ良くなってきたなーと思います。(刑事と香川扮する薬屋のやりとりが好き!)色々具体的なシーンや内容に触れて書きたい気もするのだけど、ぐっと我慢しときます。
とにかく観てみてみてね。
今年も映画バリバリみるぞー。今年も目標20本!
ちなみに昨年観た映画が一体何本だったのか思い出せない。でも、20本には届かなかったのです。
*みなみ会館が頑張っていますー。
バグダッドカフェとアンヴィルとディアドクターをゴンゴンまわしています。(皆さん行ってください!!)

ディアドクター公式H.P
http://this_is_LINK_click_to_go/
みなみ会館
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1263222419
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/72
カールじいさんの空とぶ家
 テーマ [シネ部]
2009年12月30日
京都で仕事納めの日にやっぱり気になって
「カールじいさんの空とぶ家」3Dを観にいきました。
とても面白かったし、ピクサー偉いと思います。
例えると、きちんと膨らんでこんがり焼けたパンって感じ。
おすすめですよ。
あたしゃー今まで偏見持ってたけど、アメリカ人ってやっぱり偉いと思います。
で、ハヤオにはこういうキチンと仕上がった作品が作れないのは、なぜか?!
例えると、部分的に膨らんでない発酵不足の自家製天然酵母パンって感じ。
という話をしながらの帰省となりました。
チームワークがうまくないのが原因かと思うのですが。
トトロまでは、広げた風呂敷がたためていたのに、それ以降は破綻しはじめたのは何で?とか。
ハウルの動く城では、あきらかにCGを使いこなして成長と物語の復活の兆しを感じさせたのに、それから後、ポニョではすっかり0に戻して諦めてしまったのは何故なのか?ゲドショックか?などと夫婦で話し合いました。
ハヤオがスタッフ全員をほんとうに信頼して、安心して分業が出来ない限りジブリの未来は暗いのかなー、、という結果に。
でもさー、どんな映画を作ったとしてもハヤオが挑戦し続ける限りずっとずっと観つづけるぜ!
がんばれハヤオ!
自家製酵母で最高のパンが焼けると100倍おいしいヨ。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1262161355
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/65
Gillian I’m so
from Kalyn
4月27日2016年
Gillian I’m so glad you added the current term for it &#E220;POW8R NAPS”. I forgot to put that in! Isn’t it amazing how science now confirms so many things our ancestors knew to do naturally and passed on to us. These “POWER NAPS” are nothing new, but revamped. I’m so glad you shared your insights, I truly value your comments and God willing I will keep the blog coming and you keep your wonderful thoughts and comments coming too! Shilonda
アンヴィル最高でした!
 テーマ [シネ部]
2009年12月26日
トラネコボンボンのお二人が、我が家から高知へ戻って行かれました。
「お世話になりました。光熱費の足しにして下さい。」と貰った五千円。
これを持って映画を観に行こうということに。
普段1200円でイオン久御山かTOHO二条に行く私たちも、通常料金1800円で観るのなら「みなみ会館」が良いと思います。小劇場の存続に貢献したい。
アンヴィル!
素晴らしい映画でしたよ。30年間全力疾走してきて、未だに売れないヘビメタおっさんバンド「アンヴィル」のドキュメンタリー映画。キャストが愛らしい。カメラワークが美しい。構成素晴らしい。万歳です。笑えて泣けてかなり感動しました。
それと、観客6人くらいの中に佐藤浩市がいました。(太秦で撮影中なのかなー?)
スゴいっしょ。そっくりだなーと思ったけど絶対そうだった。地味にしてたけどスタイル抜群でした。足ながい。
アンヴィルってメリケンサックの元ネタ??
って感じの映画なので、押さえとかなきゃと
思ったんでしょうか。偉い!
みなみ会館に一人で来るのが偉い!
アンヴィルなのが偉い!
「デラ富樫役の佐藤さん素敵でした!!」
と告白したい気持ちをグッと堪えてタクシーを探す彼を路上に残して帰って来ました。
駅までか、ホテルまで乗せてあげたかったです。
デラ富樫(ザ.マジックアワー)


アンヴィル...
☆三つ!!
今年は「ウォッチメン」と「アンヴィル」このツートップ!20本今年も観られなかったです。残念!(年末もう一本滑り込みで観られるかなー...)
みなみ会館は、年内30日までやってます。
年明けも少しの間やっているみたいです。お見逃し無く!(1800円でみる価値ありですよー)
みなみ会館
http://this_is_LINK_click_to_go/
アンヴィル公式サイト
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1261832652
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/64
おつかれちゃん!
from mipo
12月27日2009年
灰色のノエル、おつかれさまでした〜。
私のノエル、
風邪がこびりついてバラ色に過ごせませんでした・・・。
がっくし。

京都みなみ会館、学生の時ギルバートグレイプとか
観に行ったよ!なつかしい!
ちっちゃい映画館にはがんばってほしいです。

アンヴィル、名古屋はもう終わってるので
DVD出たら観てみま〜す!
Can I just say what
from Krisalyn
4月27日2016年
Can I just say what a relief to seek out somebody who actually knows what theyre speaking about on the internet. You poitisvely know how to convey a difficulty to mild and make it important. More people have to read this and understand this aspect of the story. I cant imagine youre no more popular because you definitely have the gift.
映画の予定
 テーマ [シネ部]
2009年12月26日
色々イベントの写真、クリスマスプレゼントの写真などupしたい気持ちもありますが、
普段のおるがん社を好きで読んでくれている人達にむけて、ひとこと言うと。
今日、映画アンヴィルを観に行くよ。
予告で充分泣けますが、、
本編には、タオルが必要かも。。
と思っています。
皆さんも、タオル持参で、みなみ会館へGO!ですよ。
「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」公式サイト
http://this_is_LINK_click_to_go/
なんの映画が好き?
うーん、、フェリーニもいいけど、やっぱりダントツは「ミツバチのささやき」かな..。
って会話してるそこの自称映画好きの女子と男子!
つべこべ言わずに今すぐ映画館へ行きなさい!!
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1261796212
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/63
back