土佐異界談義
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年7月31日
夏らしい話題をひとつ…

てわけでもないですが
「土佐異界談義」
ってのに行って来ました。

うだるほど暑い日。



こんな日にはやっぱり

おばけ

でしょ〜





[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1375275858
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/803
おっきなドングリ
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年7月31日
これもらった!
すげーうれしい!


いま家の鍵につけてる。

以上!
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1375258351
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/801
おるがん社*慰安旅行2013
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年7月31日
5月6月7月と駆け抜けて
ずいぶん社員さんも(専務)
パートさんも(両親)
頑張ってくれたので
ここらでボーナスとはいかなくても
士気を高める意味でも
ごまを摺るという意味でも
何か福利厚生的な何かをせんねば。。
と、冷たくて甘いもんを振舞ってみた。


一同「うん、おいしい!」
社長「いやー、上半期は良く頑張ってくれました。ありがとうね。また明日からよろしくお願いします!」
一同「・・・・。」
社長「え?」
一同「これだけ? ってことないよね?」
社長「・・・ま。」
一同「ま?ま、って何?」

というわけで
慰安旅行で一泊二日温泉付き料理旅館へ行くことにしました。

黒潮本陣
全客室から太平洋を一望できる鰹乃國の湯宿として高知県では人気のお宿です。
豪快な本場藁焼き鰹のたたきも味わえます。
http://this_is_LINK_click_to_go/

皆を一泊二日の旅行に連れて行く。
とは言うものの

*運転 ー してもらう。
*場所 ー 案内してもらう。 
*翌日の行動 ー 仕切ってもらい、引率してもらう。
*途中でたぶん ー 叱られる。
*お金 ー 払う。

なので、横から見たら連れてってもらってるようにしか見えないのよ。
かっこつかんよ。
とN岡さんに言ったら。
N岡「それこそ社長やーん。かっこええやーん。」
と言われた。ありがとうN岡さん。

翌日(N岡さんに近所のスーパーからナーバスな声で電話をした翌日)炎天下の我が家を出発して、炎天下の黒潮本陣へ到着。



和室「月の間」http://this_is_LINK_click_to_go/
へご案内


おお。
それっぽいじゃん!
と盛り上がる我ら。
(とにかくちょっとでも油断してるとぼーっとしちゃうから、できるだけ慰安気分を満喫せねば損損)とばかり窓からの眺望を肴に冷蔵庫から出した瓶ビールを空けた。
カンパーイ!

(つまみ提供は札幌コウゼさん)

あ、お父さん、ミネラルウォーターは別に開けなくていいんじゃないかな?水道でも大丈夫じゃないかな?あ、ほらここ。150円て書いてるし、、あ、あ、
専務「なんだよ(ムッ)、そんなことでケチケチしなくてもいいじゃん。慰安旅行なんだし。」
社長「あ、そだね。」
和気あいあいと慰安旅行は進行中。
実家とすごくよく似た和室の部屋で、お父さんは大の字でごろ寝して、満喫しているようだった。
家とあんまり変わらんね。
と言うと
全然違うぜよ。(ぜよとは言わなかったが)
と心底喜んでいるようであった。
良かった。
そのとなりにおんなじ形で寝転ぶ専務。


専務「あ〜 エアコンサイコー!お父さんこっちのほうがエアコンの風来ますよ。ほら、ここ。ここが真下です。どうぞどうぞ」
父「そうかえ?ほうほう。おーこりゃ、ええぜよ(ぜよとは言ってなかったかも)」
あのぉ、エアコンは家にもあるゼよー。

それにしても
海は広いね大きいね。
あちち


太平洋を眺めつつ海水露天の温泉入ると、岩場にうす紫のハマゴウの花が咲いていて、なんとなく旅情を誘う。http://this_is_LINK_click_to_go/
この日は平日木曜日とあって(近くの土佐久礼の大正市場なんかが全て木曜定休なので、木曜日は穴場なんである)のんびり入れた。

母さんは内風呂に入ったのだけど、ここの内風呂は窓から海が見えて、とても気持ち良いので、大浴場が苦手な人も一緒に安心して来られておすすめ。
早めの晩ごはん(懐石風に出てくるので、途中で眠くなって記憶が途切れそうに)を食べると。



布団の上を端から端まで、ごろごろ転がって叱られる以外にすることもなくて、異様に早寝をした
結果
早朝4時には目が醒める。(母親は通常モード)
窓からの朝焼けが美しく
「三文の得」とはこのことだな、さてわ
と思った。



港に戻ってくる船
出かける釣り舟
行き交う船と舟

風呂からみた朝焼け
風呂場からテラスの母さんが見える。
ということは
テラスから風呂に入っている人も見える。
のか。いやん

風呂からみた母

そしてサンライズ


風呂からのサンライズトゥ



ベランダと風呂場を、バタバタ行ったり来たり行ったり来たり。足小指を風呂の段差にぶつけて悲鳴をあげたりしながら写真を撮っている私

寝てる専務
と父さん

通常モードの母。
これがうちらの慰安旅行

まー、まー、父さんも専務も騙されたと思うて、ちょっと見てみいよ。

綺麗だよー朝焼け!


(並ぶと父さんが妖怪のびあがり風にみえる逆ノミの夫婦)
ほんにほにほに
まっこと 美しいがじゃきに(とは言わなかった)


海の上に太陽がつけた道が出来ている。

その真ん中真上を通る時
船上の人は何を思うのだろうか。
やっぱりおてんとさまに合掌したいような気持ちになるのだろうか。
それとも
あぢぢぢ
て思うのだろか。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1375232211
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/800
最近のハナ
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年7月14日
最近のハナ

アイスが食べたい。



お母さんの朝サンポが朝すぎる。



時々 川の中を歩いて足の裏を冷やす。



お友達のコウちゃんはおしりを噛まれて御塩梅中。


はよ 治しや。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1373764489
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/796
最近の母さん
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年7月9日

昼寝の途中で「めぇ〜。」といなないた。
寝言らしい。
奇しくも、わたしが動物人形のヒツジを型抜きしている時だった。


母「お母さん「吹き矢」習いに行くことにした。」

私「え?何を倒すの?」

母「ちがうちがう、スポーツ吹き矢よー。」
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1373356657
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/794
手を止めず。心を留める。
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年7月8日
毎日もくもくと土をいじりながら、朝から晩まで色々なことに思いを馳せている。自分宇宙の深淵へずんずん沈んでいって、さらに浮かんでいるような、孤独ではあるが面白い時間である。

今年は、結婚をして10年をむかえたのもあり、折にふれて10年前のおもいっきり惑っていた自分やあの頃の私にご指導くださった先輩たちや仲間のことなど思い出したりしている。
去年から今年にかけて、自分の恩師にあたるような人が何人かこの世にさようならを告げて、あの世へ旅立った。年齢にしたらまだまだ寿命とは思えないような人も、もっと一緒に時間を過ごしたかった人もいってしまった。教えて頂いたことが自分にとっていかに大切で、毎日仕事をしていく上で頼りにしていることか。血となり肉となって私の中に生きていることか、感謝の気持ちをきちんと伝えることのないまま、相手にとって子供だった自分のまま、別れてきてしまった。後悔というほどでもないけれど、随分不義理をしたものだなーと、思っている。続きを期待していたのに、やけに尻切れトンボで、途中である。答えも出ないし、悟りもない。
それは寂しいことでもあるが、一方では希望でもある。世界は決して閉じることがなく、どこかに向けてつながっていくために、いつも完結しないように出来ているのかもしれないとも思う。
30歳の頃、このまま好き勝手に作っていてもプロにはなれない。一生食べていけない。と気付き、ある人を頼って、ある土地へ修行の旅に出たのであった。
わたしの思春期はまだ完全には終わってなかったように思う。土砂降りの雨の中、わざわざ傘を持たずにかけ出して行き。穏やかな晴れの日に限って、暗い目をして部屋に一日中こもるような。
日々面倒な自分を持て余し消耗していた。
誰に強いられたわけでもない修行から逃げまわり、ふらふらと誰彼ともなく言い訳をして暮らしていた。
しかし、どんなに寄り道をしても、逃げまわっても、結局仕事しか私を落ち着かせたり充足させることが出来なかったことは幸いである。他に何一つ満足に出来無かったおかげで、今もこの仕事を続けることができた。
そんな危なっかしく、ダメダメな私を恩師は、半ば呆れつつ、それでも見捨ることも出来ないといった様子であった。
初めて会った時、夕食をおごってくれながら
恩師は「オレはゆきちゃんのことなんか、本当はどうでもええんだ。でもオレの中の、もう一人の山田太郎(仮名)がゆきちゃんの面倒をみてやれ。っていうんだ。だからオレは面倒をみてやろうと思う。」と言ってくれた。私は「はあ、、ありがとうございます。」とよくわからない気持ちでボンヤリとお礼を述べたような。
今思えば、本当に本当にありがたい宣言であった。感謝しかない。
まず「本当はどうでもええんだ。」という部分に秘密がある。一聞すると、突き離しているように聞こえるこの言葉に真の優しさがあるし。大切なことが含まれている。
でも、私にはわからなかった。
あの時、私は完全に子供だったし、(30にもなってたけど)それだけではなく、今になって文章に書き起こして、初めて気づいたくらいなのだ。
あー、取り留めのないことを書きつけてしまった。でも、私の恩師のこと、またいつか話してみたい。
危篤の報せを聞いた時も駆け付けず、お葬式にも出なかった私の勝手なお弔いとして。
というよりも、恩師への感謝半分言い訳半分の手紙として。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1373281743
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/793
どうでもいい話
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年6月2日
近頃。
告知が続いててどうでもいい話をしてない。
ごめんなさい。
どうでもいい話を楽しみにしている人。
え?
いない?

毎日「どうでもいいこと」が起こっては、日記にかかなきゃ。という使命感に小さい火がつき、1時間後には忘れていくというくり返し。しかし、これをメモノートに走り書きにして書き留めていても、後に見るとなんのこっちゃ。となるのである。
それはもう見事に「なんのこっちゃ」なんである。

例えば
:専務 きのこを隠す
と書いてある。

ハイ、皆さん声を揃えて、、

なんのこっちゃ
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1370115498
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/776
収穫。
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年5月24日
父さんが一念発起して、実家のウッドデッキが新しくなりました。
広々としてハナもいろんなポーズでごロリとできます。


実家ではアサちゃんにもらった八重のドクダミが繁殖して育っていました。


そんなアサちゃんが、今朝父さんの畑に沢山そだった野菜の収穫に来た。長靴持参!


オカッパ二人で出発シンコー


ズッキーニ畑で


モリモリ
豆畑でも
モリモリ

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1369398987
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/774
今日のハナ
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年4月18日
散歩の時間に変な隙間に挟まって抗議するハナ


はよ連れてってくれんと
どんどん長くなります。
それを見て「なに?あの芋虫みたいなの!」
とゲラゲラと家族で笑っていると・・・


我慢出来なくなり
定位置に戻って吠えるハナであった。
「はよ行こやっ!」

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1366212906
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/756
3月も終わりそう。
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年3月29日
3月も終わりそうです。
初めての本、順調に進んでいます。
良い本になりそうですので、皆様よろしくお願いします。

タイトルが決まりました。

「道草なひと」

本がすっかり出来上がるまで、もうしばらくお待ちください。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1364534461
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/754
雨と窯
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年3月18日
3月13日がニュー窯ーの入る日だった。
ずーと晴れが続いて
13日だけ雨だった。
窯屋さん「雨はいけません。18日にしましょう」
ずーっと晴れが続いて
18日になった。
大雨だった。
警報も出た。
窯屋さん「なんとかなると思うんで持って行きます(汗)」
私「明日にして下さい!」

そんな今日。
おるがん社には、まだ窯が無い。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1363587623
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/750
犬とおばあちゃんと鳩の巣
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年3月17日
先日お伝えした通り


投げた骨を確実に持って来る犬、ころ。


庭を剪定したら、おばあちゃんの座る縁側と繋がれているころは丸見えのご対面になってしまったようで。



犬がこっちをみて「ワンッ」てよぶき
おーの、イヤちや。(あー嫌だな)
と思うて
おばあちゃん、戸をたてちゅう(閉めてる)
おんちゃんもおらんし
犬もさびしいもんで
おばあちゃんに
来てくれえ
いうて呼びゆうろ
けんど
おばあちゃんは
そこへ行けんき
戸をたてちゅうがよ

動物はかいらしいねえ
ちゃんと しっちゅうきねえ
おまさんらぁが 
来てくれて
うんとよろこんじゅう



ざっくりした巣を残して
鳩はどこかへ行ってしまった。
やっぱりこの場所は難しかったみたいだ。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1363452941
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/749
コロ
from piroko
3月17日2013年
やはりコロでしたか・・
我が家は 1号ポチ 2号コロ 3号リキ
全種柴でした。
どんだけ柴好き一家なのか(笑)
コロ氏はうちにいたリキに顔が瓜二つ〜
おばあちゃんとってもかわいい
いっぱい会いに行っていっぱいお話してくださいね。
あーもっといろんな事聞きたかったって私は後悔しちゃったので・・。
pirokoさま
from にしお
3月17日2013年
ころ超かわいいです。
ころはお山からもらわれてきたとき、あまり笑ってませんでしたが、今は常に笑顔です。

あのー
それとpirokoさま
「リンク」のとこはメアドではなく、ホームページのurlを貼るところです。
よろしくです。
出たり入ったり
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年3月15日
にしお本は写真がほとんどですが、読む所も少しだけあります。
今日、文章部分の最初の〆切の日です。
ここで書いているみたいに、いつもどーり書いたらえーやん。と言われそうですが。そんなにチャチャッと出来んです。本番に弱いねん。おれ。

頑張らないと書けないのですが、頑張って入り込み過ぎて書いていると、言葉が勝ってしまいどーもダメ。
サウナで汗を出しているおじさんを想像してください。サウナ室から出たり入ったり水風呂行ったり。
「言葉」と書いた暖簾を何度もくぐって、出たり入ったりしながら、書いています。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1363329668
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/747
「にしお(さん)本」
from fumifumi
3月21日2013年
うーうーうー、「にしお(さん)本」、楽しみーーー☆

にしおさんの生みの苦しみ横目に手放しで楽しみですみません^^;
楽しみにしてくれてありがとう
from にしお
3月23日2013年
いえいえ、楽しみにしてくださって
ありがとうです。
段々じわじわ出来てます。
私も嬉しいです。
今日のいちにちを
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年3月11日



二年前の春
東北地方に大きな地震があり、津波が押し寄せ、福島の原子力発電所で3機の原子炉がメルトダウン。二年が過ぎ、大切な国土や家族を失ったまま、日本はどこにも行けてない気がします。
あれから、わたしにとって嬉しい事や美しいことが沢山あったけれど、2011年の春はずっと損なわれたまんまでいます。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1363005462
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/746
ころ、骨を持ってくる。
 テーマ [日々のつれづれ]
2013年2月22日
朝、おばあちゃんの散髪に。
門扉を開けるとお山から貰われてきた柴犬のコロが半端無くじゃれついてくるので、ひとまず隣に座ってひとしきり遊ぶことにする。
ころ、骨を投げると持ってくる。
すごいーかしこーい
と全身撫でまくり。
ころ喜びまくり。
しかし、若干アマガミしすぎ。
骨投げる、ころ持ってくる。を数回くり返し
やっと家に上がる。
よいしょっと。
ご無沙汰しててごめんね。ばあちゃん
笑顔で出迎え。
これこれ、これよねー福の神。

風呂場を温水シャワーで温めている間に縁側で足湯をしてもらって爪をふやかしたあと爪切り。足が温もるとご機嫌になったのか
「こりゃ、どーも(どうやら)おばあちゃん長生きするわ」と宣言していた。
お願いします!
足の爪を切り終わり、風呂で頭を洗ってからいよいよ散髪スタート。
100回目の話も初めて聞くように相槌を打っているが、時々新しい話も出て会話は弾む。興が乗ってくると、ふいに子供の頃の話が出たりすることもあって、それも楽しみにしている。
今日は「この間、たい君が来た夢を見てからにおばあちゃん起きて裏まで見に行ったぞね。たい君はかわいらしいきねえ。元気じゃろうか?」弟が訪ねて来る夢をみて、夢とわからずに起きてあちこち探したというのだ。おもわず落涙。ハサミも止まりそうになる。
今日も感謝で終了。
写真は撮らなかった。
叔母が昼食のうどんを運んできたのでなんとなくおばあちゃんが暖かいものを食べている間に帰りたかったのだ。
庭の柊の驚くほど低い枝で雉鳩の夫婦が卵を温めていた。
よほど物静かで気優しい住人の住まう家でなければ有り得ないだろう。
雉鳩の巣を大回りして帰ることにした。

帰りもころのところで足止め。
噛まれるままにしておくと調子に乗りすぎて狂ったようになってスカートの裾をふりまわしはじめたので、ほうほうのていで自転車に跨がり帰ってきた。
ペダルを漕ぐ足が軽い。
カワラヒワの鈴を転がすような声が古い銀杏の梢から降ってくる。
気持ちと一緒にほっぺがあったまってきた。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1361545103
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/740
あたたまる・・・
from piroko
2月26日2013年
いつも横浜での個展などやっていただけはしないかとチェックし続けてます。なかなか叶わないですが・・

おばあちゃんへの思いがたくさん伝わって、おばあちゃんの中ではいつまでも弟っちは小さな子で。優しい人の周りの空気は生き物全てが安心する場所で、柴コロは私の幼い時の心の友で・・思わずぐすぐすしてしまいました。
忘れてた事ってたくさんあるんですよね、物思いにまた耽って時間が過ぎて行く・・

せめて神奈川での個展を強く希望します!
ありがとうございます。
from にしお
2月28日2013年
ありがとうございます。
神奈川ですか、昨年は「鎌倉」でさせてもらいました。
またご縁がありましたら^^
back next