新春第一回 「ENZO MARI 部」 
 テーマ [ENZO MARI 部]
2011年1月5日
去年ENZO MALIのautoprogettazione?という本を買った。
1974年にデザインされた板と釘だけで作れる家具のプロジェクト。道具はノコギリと金槌さえあれば良い。それでいて恐ろしく「かっくいい」のだ。
死ぬほど不器用な(段取りとか計画性とか几帳面さを微塵も持ち合わせてない)私でもこの本さえあれば、自力で椅子やテーブルやベッドなどを作れるのではないか?!と妄想がどんどん膨らんだ。
こんな事は初めて。

さっそく友達を誘ってENZO MALI部を結成。
本当は実物大で作るのが最終目標ですが、石橋を叩いて渡る派の私たちは、まず模型から作ることにした。
記念すべき第一回目の活動の日に作ったのはやはりコレ。
SEDIA 1 CHAIRです。(SEDIAというのはイタリア語で椅子)そしてこの方がENZO MALIさん。


材料はバルサ材と木工用ボンドと針金


組み立て終わると、模型でも大興奮。



釘(実際は針金)打ちは友人が素晴らしい根気で最後の一打ちまでやってくれました。木工用ボンドで貼るだけでは、グラグラしていたのですが、これをするとかなりシッカリします。見た目も5割増しに。
おるがん社の女子社員たちを座らせてみました。



次回は別のタイプの椅子(模型)を作るつもり。

さて、いつ私たちは座れるのだろうか?!

artek
http://this_is_LINK_click_to_go/

「ENZO MALI autoprogettazione?」
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1294238906
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/336
すてき......
from aberina
1月12日2011年
う〜ん、この椅子は素敵ですね〜。
私もこんな椅子が作れたら!
ちなみに我が家には椅子が一脚もありません。
嫌いだから、ではなくて家具を購入する時めちゃくちゃ迷うのと、何時間見てても飽きなくて、最後は力つき果てて帰途につくせい。
いつかぜひ、人間用の椅子も作成してください。
実物、見てみたいです。
この本おすすめですよ。
from にしお
1月14日2011年
こんんちは、aberinaさん。
椅子の座り心地はどうかわかりませんが、ほんとうに二種類の板しか使ってなくてこのデザインというのがスゴいですよね。
わたしも椅子や机などインターネットでブラブラ見て回るのですが、なかなか実際購入となると二の足踏んでしまいます。
妄想空想用に、この本はおすすめです。