倉敷意匠分室カタログ「猫の肖像」展 えほんやるすばんばんするかいしゃ
 テーマ [お知らせ]
2017年4月19日
ちょっくら告知のお手伝いです!
高円寺の絵本の古本屋さん「えほんやるすばんばんするかいしゃ」にてゴールデンウィークに倉敷意匠分室カタログ「猫の肖像」展 が 開催されるそうです。東京旅行を予定している皆さんやお近くの方であまり遠出をしないっていう方も是非この機会にお出かけ下さい。二階の古絵本屋さんにも行ってみたいなーと思いつつ、、なかなか行きそびれていた。なんて皆さんもぜひに。

****************************


倉敷意匠分室カタログ「猫の肖像」展
2017年4/29(土)〜5/7(日)
※期間中、休みなし(5/3水も営業します)
えほんやるすばんばんするかいしゃ
杉並区高円寺南3-44-18
営業:14時〜20時

《 期間中取扱予定のもの 》
にしおゆきさんの陶人形 / 升たかさんの花猫紋小皿/
トラネコボンボンさんの琺瑯お弁当箱と琺瑯マグカップ、クラフトテープ
ユカワアツコさんの銅版絵付けのカップ/
萩原朋子さんの本と猫の花器 / mitsouさんのガーゼハンカチ
katakataさんの猫の印判皿 / トモタケさんの凸版印刷コースター
しゅんしゅんさんのマスキングテープ/
福田十糸子さんの猫の張り子 / yacmiiさんの刺繍猫ブローチ
菅原しおんさんの刺繍コースター など

※ものによっては、限られた数量しかないものもございます。ご了承下さい。

「今回は、4月に刊行されたばかりの倉敷意匠分室カタログ「猫の肖像」の中から、猫をテーマに制作された作家さんのものたちをご紹介します。
かわいいなー、見てみたいなーと思っていたものばかりで、今から楽しみです!「猫の肖像」のカタログのものがずらりと一度に並ぶのは、なかなかなさそうなのでぜひこの機会に見にいらしてくださいね。ゴールデンウィーク中は、定休日の水曜日も営業いたします。」
えほんやるすばんばんするかいしゃ 店主
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1492604395
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1102
つばめのこと at もりのこと
 テーマ [お知らせ]
2017年3月12日
夜長堂での展覧会中ですが、4月の展示のお知らせです。
昨年木工作家のサノアイさんが西荻窪にひらいたお店もりのことさんで開催される「つばめのこと」という展覧会に参加します。
タイトル通りつばめをテーマにした作品の展示です。


春の風を感じるような清々しい作品が並びそうですね。
私も初日の5日には途中からですが在廊予定しております。いまからお店に伺うのが楽しみです。

4月5日(水)〜4月16日(日)

もりのこと
東京都杉並区西荻北4-9-3
12:00-19:00
月、火 お休み
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1489320797
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1097
倉敷意匠計画室からの新商品
 テーマ [お知らせ]
2016年12月30日
倉敷意匠計画室さんの直営店「倉敷意匠アチブランチ」でマスキングテープが販売開始です。おるがん社・にしおゆきデザインです。
パッケージも可愛いです。倉敷のお土産にぜひどうぞ!




瀬戸内海に浮かぶ鬼が島の鬼を退治した桃太郎一座が、倉敷の町並みを背景に大パレード!
桃太郎マスキングテープ 270円+税(アチブランチ限定商品は店頭にての販売のみです。通信販売はいたしませんのでどうぞご了承ください。) 

もう一つは「ねこロールふせん」です。
30mm幅 38mm幅 46mm幅と3種類あります。





ミシン目でカットして使うロール状の付箋紙。
全面糊タイプなので、かんたんにポロリと取れたりすることがなく、伝言やメモを記入して貼りつける付箋としては、まこと重宝なもんです。
それぞれに5カットずつ違う柄がついています。



こちらの商品は倉敷意匠アチブランチでも買えますが、倉敷意匠の商品を扱っているお店などでもご購入出来ます。

倉敷意匠アチブランチ
http://this_is_LINK_click_to_go/
倉敷意匠計画室
http://this_is_LINK_click_to_go/

ミネットさんでも通信販売しています。
minette
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1483084205
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1088
トラネコボンボンさんの台湾イベント営業時間の変更がありました。
 テーマ [お知らせ]
2016年10月11日


台湾での企画展「猫居咪住的國度(猫の住む国)」開店時間が変更になりました。​
13:30〜19:30 になりました。
月曜日は定休日のためお休みです。

私は12日か13日に会場に行こうと思っています。楽しみです!

詳細はトラネコボンボンサイトへ
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1476170090
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1075
今後のスケジュール(訂正版)
 テーマ [お知らせ]
2016年10月2日
● 次回企画展参加

ねこ展


10/21(金)〜11/3(木)
アオトミズタマ(青森 弘前市)
http://this_is_LINK_click_to_go/
木のオブジェ 山根大典
移動本屋OTOMO 渡邊直子
陶器 前川幸市
版画 坂本千明
木 サノアイ
人形 にしおゆき

猫をモチーフにした企画展です。初めての青森展示です。私も猫モチーフの作品を20点ほど送らせて頂きます。

● クラトコ今年はおるがん社はお休みさせてもらいます。
クラトコ2016.11.12(土)10:00〜17:00
11.13(日)10:00〜16:00
http://this_is_LINK_click_to_go/

● 次々展示参加
トラネコボンボンさんからのお知らせ
http://this_is_LINK_click_to_go/
猫居咪住的國度(猫の住む國)
ー虎斑貓蹦蹦旅行餐廳&畫展(トラネコボンボンの旅するレストランと画廊)ー
2016.11/12(土)〜11/20(日)


beher生活厨房(台湾 台北市)
13:30〜19:30
台北市松山區富錦街354號1樓
Email:thebeher@gmail.com
Tel :02-27652646

beher生活厨房
http://this_is_LINK_click_to_go/
Facebook
http://this_is_LINK_click_to_go/

大家好!トラネコボンボンの初台湾イベントにちょこっと参加させて頂きます。こちらも猫をテーマにした企画になるそうです。
にしおゆきも猫を作ります。

● 今年最後の展示
トラネコボンボンとおるがん社のクリスマス
「銀と12月」
12月16日〜24日
(17土18日トラネコボンボンのスープ屋さん出店します。)
ティザーヌ・インフュージョン(名古屋)
http://this_is_LINK_click_to_go/

●2017年最初の展示
2月末
夜長堂 (大阪 天満)
http://this_is_LINK_click_to_go/
このスケジュールは本日記の左側の細長今どのところ「2016年のスケジュール」に記載しておりますので、時々チェックしていただけるとありがたいです。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1475375507
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1074
今後のスケジュール(「すてきなサーカス」展示会中ちょっと失礼)
 テーマ [お知らせ]
2016年9月21日
「すてきなサーカス」の開催中ですが。
失礼して今後の決定しているおるがん社のスケジュールを告知させてくださーい!


● 次回企画展参加
ねこ展
10/21(金)〜11/3(木)
アオトミズタマ(青森 弘前市)
http://this_is_LINK_click_to_go/
木のオブジェ 山根大典
移動本屋OTOMO 渡邊直子
陶器 前川幸市
版画 坂本千明
木 サノアイ
人形 にしおゆき
猫をモチーフにした企画展です。初めての青森展示です。私も猫モチーフの作品を20点ほど送らせて頂きます。

● クラトコ今年はおるがん社はお休みさせてもらいます。

● 次々展示参加
TOTANEKOBONBON
2016.11/12(土)〜11/21(日)
beher生活厨房(台湾 台北市)
台北市松山區富錦街354號1樓
※トラネコボンボンちゃんの台湾イベントにちょこっと参加させて頂きます。こちらも猫をテーマにした企画になるそうです。
にしおゆきも猫を作ります。

● 今年最後の展示
トラネコボンボンとおるがん社のクリスマス
「銀と12月」
12月16日〜24日
(17土18日トラネコボンボンのスープ屋さん出店します。)
ティザーヌ・インフュージョン(名古屋)

●2017年最初の展示
2月末
夜長堂 (大阪 天満)

このスケジュールは本日記の左側の細長今どのところ「2016年のスケジュール」に記載しておりますので、時々チェックしていただけるとありがたいです。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1474440418
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1070
新しいお仕事「手のひらの音符」という本
 テーマ [お知らせ]
2016年8月22日
追記(ためらいなくガツガツ宣伝)

「手のひらの音符」が全国の書店に並びました。9月の間は新刊の文庫コーナーか新潮文庫の棚に表紙が見えるように並んでいる可能性が高くみつけやすいと思います。
ぜひ!店頭で「お!並んでる並んでる」と確認に行ってください。そして気に入ってくださったらレジへお連れください。680円です!

高知の金高堂書店土佐山田店の場合



金沢の本屋さんの場合(中澤さん情報ありがとうございます^^)



お知らせと宣伝をさせてください。
「手のひらの音符」という小説の装丁カバーのお仕事をさせてもらいました。
初めて装丁のお仕事で、しかも新潮社装幀室さんからのご依頼で、飛び上がるほど嬉しかったー!長く続けてきて本当にほんとうに良かった、、、。
高円寺での展示で上京した際に打ち合わせで新潮社に伺ったのですが、装幀部のデザイナーさんも担当編集者さんもとても良い方で、新潮社社屋に足を踏み入れただけで大興奮してしまっている、ゴロゴロとカートを引いた中年おのぼりさんの私にも優しくニコニコと笑顔で接してくださり。
終始和やかな打ち合わせでございました。

「手のひらの音符」藤岡陽子さん 新潮文庫


カバーを外すとこうなります。


【内容情報】(出版社より)
服飾デザイナーの水樹は、自社が服飾業から撤退することを知らされる。45歳独身、何より愛してきた仕事なのに……。途方に暮れる水樹のもとに中高の同級生・憲吾から、恩師の入院を知らせる電話が。お見舞いへと帰省する最中、懐かしい記憶が甦る。幼馴染の三兄弟、とりわけ、思い合っていた信也のこと。〈あの頃〉が、水樹に新たな力を与えてくれるーー。人生に迷うすべての人に贈る物語!
音符を試行錯誤しながら作りました。


主人公は服飾デザイナーということで手首につけるタイプの針山を羊毛フェルトで作りました。


お家でカーテン使って何とかかんとかテストしてるとこです。


まずは。
著者の藤岡さんに喜んで頂けたと聞いてホッとしております。
沢山の人にお買い上げいただきたい!
8月27日くらいから発売になるそうです。
ぜひお近くの書店でお求めください。
(※くれぐれも単行本の方でなく文庫本ですのでお間違えなく。単行本はジャケットが違います。)
活字が得意でない「つんどく」派の方もジャケ買いよろしくお願いします!
新潮文庫
http://this_is_LINK_click_to_go/
Amazon.com
http://this_is_LINK_click_to_go/
楽天ブックス
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1471877885
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1063
作品についてのお問い合わせ
 テーマ [お知らせ]
2016年7月1日
作品のご購入方法や在庫について、お問い合わせをいただくことが増えております。ありがとうございます!

作品は基本的に展示会での販売とさせていただいています。
おるがん社からのオーダーや通信販売などは行っておりません。

一部、倉敷意匠計画室のカタログ関連の商品は、全国にお取り扱い店がありますが、倉敷意匠さんに納品をした後は、全てお任せしている為、こちらではわかりかねます。
倉敷意匠アチブランチさんへお問い合わせ頂きますよう、よろしくお願いします。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1467382509
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1055
LINE10周年Birds!
 テーマ [お知らせ]
2016年6月5日
《高円寺では「みじかいおはなしと人形」展絶賛開催中ですが、ちょっと失礼して石川県の皆様へのお知らせ》
おるがん社が以前からお世話になっている金沢の雑貨屋さんLINEさんが6月で10周年を迎えます。おめでとー!
そこで10周年の記念ボックスを販売するそうです。
販売日は6月11日(土)と12日(日)だそうな。(詳細はこれからホームページでお知らせされるそうです。)
おるがん社もボックスに入る陶人形をご依頼頂きました。店主のお二人の大好きな「鳥」と10周年の「10」をモチーフにお願いします!とお題頂きまして。。


鳥と漢数字の十のフォルムを盛り込んだお人形を考えてみました。
LINEさんにも、お客様にも喜んでいただけたら嬉しいです。

LINE(金沢)
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1465118615
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1049
倉敷意匠分室展「裸のある風景」in 京都 恵文社
 テーマ [お知らせ]
2016年1月30日
倉敷意匠分室展「裸のある風景」in 京都 恵文社 生活館ミニギャラリー
1月30日〜2月12日


いよいよ今日から恵文社でのフェアが生活館ミニギャラリーではじまりました。
カタログ7「裸のある風景」に掲載の全商品のお披露目です。
にしおゆきの雨女と晴れ女も並びます。
どうぞこの機会に御覧ください!


ラガード研究所の珈琲染めの丸窓付箱入りもございますよ !

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1454120941
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1034
小さい部屋へ届きます。しつこくしつこく
 テーマ [お知らせ]
2015年12月19日
本日、12時ー14時に、今年最後の追加作品が「小さい部屋」へ届きます。
まだご覧になって無い方、クリスマスのプレゼントを探している方。
通常営業に戻ってお店には、食器やカトラリーやアクセサリー、布ものなどの手仕事、くらしのものと共に並びます。
心よりお待ちしております!

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1450501437
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1032
裸のある風景1
 テーマ [お知らせ]
2015年12月16日
ずーっと内緒で進めて来た新しい倉敷意匠分室の第七篇「裸のある風景」が刷り上がって来ました。今回はドスンと重量がすごい!
ひとりひとりの作家さんのページ数が多い!
表紙と巻頭は高知の画家さん松林誠さん!

以下はこのカタログを作った倉敷意匠計画室の田邊さんからの紹介です。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲




倉敷意匠分室カタログ7「裸のある風景」

size: 26×21cm
カラー294ページ(掲載アイテム260点)

分室カタログ7「裸のある風景」は、2012年に発刊いたしました分室カタログ5「生きものをめぐる22人の作り手たちの物語」の続編としてのカタログとなります。前回の「生きもの」に続く今回のお題は、「ハダカ」です。
このお題を各作家がをどうとらえ、何を表現したか、各ページをお楽しみいただきながら、皆にとっての永遠のテーマであろう「ハダカ」に思いを寄せてほしいと考えたカタログです。
参加くださった作家の皆様は、いつもにも増して迷いに迷うこととなりましたが、いちばん大切にしたい願いを込めて、今の気持ちをただ素直に表出することが、それぞれのたどり着いた結論だったような気がします。
ご覧くださった方々に、掲載作品のいずれかのどこか一つの部分にでも、共感を感じてもらえたらと思います。
発信の方法が多様化する中で、倉敷意匠は今なお、紙の印刷物であるからこそ伝わるものがあるはずと信じてカタログ作りを続けています。 

松林誠さんの版画 / 吊り編みパンツ / 二象舎 原田和明さんのオートマタ / にしおゆきさんの雨女、晴れ女 / house.増満兼太郎さんのへそボウル / 石川昌浩さんの硝子の乳房 / アケモドロ 柴田葉子さんのハダカ / 福田十糸子さんの張り子のひと / 萩原朋子さんの「人のかたち」 / 初雪・ポッケさんの妊婦のアクセサリー / 矢島操さんのココロのハダカ / noconoco 村田雅美さんのハダカな動物たち / みはに工房さんの「おふろな日常」 / yacmii 中島ミユキさんの刺繍ブローチ / KIYATAさんの脱ぎたて毛皮カップ / 久保裕子さんの人魚の石ぶんちん / 小原聖子さんのアクセサリー / 土屋さやかさんの人形 / MIREIさんのTシャツ / ハダカを包む布 / 富井貴志さんの妄想スプーン / 井上陽子さんのおっぱい人形 / 関美穂子さんの型染め和紙シール / カキノジンさんのランジェリーハンコ / 伴田良輔寄稿「卓上のエロス」 / 伴田良輔さんの「パラパラ乳房」

price: 1,404yen

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

テーマは「ハダカ」ということで、わたしにとってはとっても難しいお題であったことは確か。
なんどもなんども原型を作っては取り崩し、いくつかの候補をボツにして、考え過ぎたり戻したり、、でも「ハダカ」と言う限りは、どうぶつとかではなく、ちょっとドキッとする女の人の裸を真正面から作りたい!という欲はあったりして、、
結果、「雨女」と「晴れ女」というのが残りました。


二人の女





贈り物にはラガード研究所さんの丸窓付き珈琲染め箱にセットしたバージョンはいかがでしょうか?まどから白いおっぱいが覗いてドキッとさせられます。

本の中では、「仕事机の上に置いて、ときどき公園の彫刻を眺めるようにしてリフレッシュする。」というイメージを提案していますが、夜の裸電球の灯りも似合う気がしています。
カウンターBARなんかにも合いそうです。
是非お手に取ってくださると嬉しいです。
カタログのご注文については、徐々に倉敷意匠の商品の取り扱いがあるお店に並ぶことになると思いますが、今は以下のところへ
倉敷意匠計画室
http://this_is_LINK_click_to_go/
カタログ
http://this_is_LINK_click_to_go/
肝心の作品の方は今汗かいて作っております。
来年早々恵文社さんで、全商品のお披露目があるそうです。
そのことは、また追ってお知らせします。
また明日以降に他の頁のことも紹介したいと思います!


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1450259006
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1031
続報!サンタクロース
 テーマ [お知らせ]
2015年12月11日
昨日お伝えした「人形とえほん」への追加納品の件です。

新作オーナメントは、明日12日土曜日着で送れそうです。
追加制作中のサンタクロースの到着は日曜日には間に合いそうにありません。
早くて月曜日になりそうです。
ちょっと時間がかかった場合は、15日最終日の火曜日に到着となりそうです。
と、いってもまだ粘土なんできちんと焼き上がるかどうかはわかりません。
ので、お約束ができません。(陶芸とはそういうもんなのです。。そこが魅力でもあるのですが、、)
また追ってお知らせします。
クリスマスまでは置いてもらいますので、会期終了後もゆっくりみてもらえます。
どうぞよろしくお願いします。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1449808582
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1027
クラトコ 2015
 テーマ [お知らせ]
2015年11月7日
本日クラトコです!
もう常滑に到着していますが、、ブログ更新出来ず無念!
また追ってお知らせします。

今年は出品する作品が少ないのですが
人形みくじは沢山用意しました。
お待ちしております!



「クラトコ」
11月7日(土) 10じ〜17じ
  11月8日(日)10じ〜16じ 
雨天決行 (荒天で中止になる場合があります。その時はクラトコホームページでお知らせします。)
大曽公園の小さな森での屋外展示
(愛知県常滑市*大曽公園)
クラフトトコナメの意味でクラトコです。
今年は第7回目の野外展示イベントです。

クラトコ
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1446849301
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1018
初めてにしおゆき人形がCDのジャケットになりました!
 テーマ [お知らせ]
2015年10月12日
とても嬉しいお知らせがあります。
山本精一 さんのアルバム『童謡』(わざうた)
のジャケットデザインに私のトルソを使って頂きました。甘食を頭に乗せた「甘食小僧」山本精一さんご本人が気に入って選んで頂いたのが、すごくうれしいです。
童謡(わざうた)
山本精一
P-VINEレコード


童謡(わざうた)とはいわゆる童謡ではなく世相を風刺的にうたう古代の流行歌のことだそう。
東京にあるブックギャラリーポポタムの姉妹店プチタム(京都)で甘食小僧をみそめて下さったそうで、ご縁を下さったポポタムの大林さんには本当に感謝です。

山本精一さんは、日本のロック(レコード屋さんの棚の名前的に表記すると)界にとって非常に重要な方ですので、勿論存じ上げていたのですが、ボアダムス、想い出波止場の時代以降は、見失っていました。
でも後からたどってみると、スピッツのトリビュートアルバムで「羅針盤」というユニットで参加されていたり、映画「マインド・ゲーム」の音楽を担当されていたりと、知らぬ間に耳にしていていたのでした。
そしてまた、最近ラジオで大友良英さんが紹介されていた曲を聴いて、大変アコースティックなフォークっぽい曲で、「あれ?いいなー。また聴きたいな。」と思っていたところだったのです。

今回、ジャケットへの作品使用の件で、山本さんご本人からお手紙を頂きました。
隙間なくびっしりと文字が縦書きで並んでいて、昔おじいちゃんから貰った手紙にそっくり(失礼!)でした。
あんまり実をつけない柿の木に、美しい大きな鳥が飛んで来てくれた!
みたいな気持ちになって、ちょっと泣いちゃいました。

山本精一さんのお手紙には
『 新作のタイトルが【童謡】と書いて「わざうた」(古代の風刺歌)というので、イメージにピッタリだと思ったのです。あの人形の表情には何通りもの感情が混り合って不思議な調和をかもし出していると感じるんですが、その感じが私の今回のうたの世界と非常に通じるものがあると思いました。』
と書いてありました。

私の作品の微信号を受け止めて下さって、本当にありがとうございます。
楽曲。ほんとうに素晴らしいです。
山本さんの声が好きです。
初めての誰が聴いても、新鮮な中に「あれ?この人誰だっけ?」とどこかで聴いた事あるような、懐かしい気持ちになるような、優しい声です。
胸の中の残像を、目の前の景色に何層もレイヤーを重ねるようにしてじっと静かに見つめているような、不思議な気分。
と、言葉にすると、段々離れてしまい、うまく説明できません。そこがまた良いのです。
是非聴いてみて、気に入ったら甘食小僧とともにお手元に置いて下さい。
タワレコ等のレコード店、ブックギャラリーポポタム、プチタム、ホホホ座でも買えます。

ポポタム
http://this_is_LINK_click_to_go/
プチタム
http://this_is_LINK_click_to_go/
amazon
http://this_is_LINK_click_to_go/

iTunes
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1444612351
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1012
next