12月の美術館 ゆったり
 テーマ [展覧会]
2017年12月11日
12月美術館 はじまってからずっとゆったりゆったり見ていただいてます。
いろんなためいきさんのクラリネットとともに二度目のお店番。
作品を見に来て下さる方、小さい部屋に来て下さる方、お話をするのが楽しい。ありがとうございます。
明日朝は高知に帰ります。

「生活の光」花を持つ人


レリーフ「人魚」


レリーフ「落ち葉拾い」



今の場所の小さい部屋に来るのはもう今日が最後かと思うと、ちょっと寂しい気持ちになります。
楽しかったな−とか桜キレイやったな−とか
魚フライおいしかったなーとか
色々、、
思い出は尽きませんが、まだまだ西岡さんと一緒にお仕事して行けるんだから、必要以上に感傷的にならないでおこう。

太陽カフェは17日まで
小さい部屋は24日まで

是非遊びにいらしてくださいね。
ゆったりゆったりしに来てくださいね。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1512982438
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1120
「12月の美術館」9日にいらっしゃるお客様へお買い物のしおり
 テーマ [展覧会]
2017年12月7日
「12月の美術館」は7木、8金とお休みを頂いて、12月9日土曜日11時半からメインの展示販売いたします。(引き続きミュージアムショップの商品も販売しております)



《 お客様へのお願い 》

9日は11時30分開店です。
開店前に整理券を配布致します。
10時には準備で店内にいますので、二階の入り口にて声をおかけ下さい。

11時半になりましたら、整理券の番号に従って店内にお入りいただきます。
最初のお一人が入って頂いて、1分間経ったらまた次のお一人に入って頂きます。
さらにまた一分経ったら、お一人と順に入って頂き、15人ほどで満員になると思いますので、16番目以降のお客様がいらっしゃった場合は、一旦外でお待ち頂くことになると思います。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。


《 お買い物のしおり 》

※ 予約やお取り置きはしておりません。
※ カードでのお支払はできません。

● 作品の購入はお一人様一点までとさせて頂いています。(展示会後半でもし追加作品があった場合はまたお買上げ頂けるかもしれませんが、今回は大変点数が少ないためご了承下さい。)


● 会期終了後の発送になります。
 (送料は代金に含まれています。)ご購入の際は作品はそのままにして、作品そばの札をレジまでお持ちください。
*「生活の光」と「猫遊具」の置きタイプの作品は積み木札
*「レリーフ」壁かけタイプは布札

● 上の作品以外は本日お持ち帰り頂けますので、直接レジまでお持ち下さい。

《展示作品内容》

*「生活の光」23,000 13点 


大きめの立ち人形で、腕のみぶらぶら動くタイプと何か手に持っているタイプがあります。ラガード研究所さんの白ペンキ蠟引き箱がセットになります。(ナンバー刻印入り)

*「レリーフ」9,000〜13,000 25点


小さい手のひらサイズの陶のレリーフです。
にしおゆきの新しいシリーズになります。

*「猫遊具」29,000 5点


しっぽを立てた猫に女の子が乗っている陶人形です。おるがん社の作品では一番大きいシリーズになります。

合計43点

追伸
DMに記載していた豆関節人形(とりことりさんのレース襟付き)の制作が間に合いませんでした。ゴメンナサイ。会期後半に間に合うかもしれませんが少なくとも17日以降にはなりそうです。ご了承ください!

にしおゆきも開店からお店におります。
西岡さんと一緒に皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1512599639
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1119
「12月の美術館」はじまっています。
 テーマ [展覧会]
2017年12月5日
こんにちは、初日からパタパタと忙しくなかなか更新できずにいました。 
無事にスタートしております。


小さい部屋での最後の展示会ということで沢山のお客様が名残惜しんでご来場くださっています。

4日よりミュージアムショップは小屋営業から


バラック営業に切り替えて引き続きやっております。


商品はまだまだお選びいただけます。
にしおは一旦高知に猫をなだめに帰りましたが、また9日展示作品の販売開始日に参ります。

私のワガママで、初めて展示作品に1週間の猶予期間を設けてみました。
作品には値札がついていません。勿論赤シールも無しです。




買えないのよね?と淋しそうに仰られると色々思うこともあるけれど、やってみてよかったなーと思っています。


ひとまずお客様の穏やかな横顔を眺めて西岡さん共々満足いたしております。

3日日曜日にはmietteのカフェテリアが開店しました。
お客さんは作品に向かって一列に座ってタルト・タタンと紅茶で優雅に過ごしました。
美味しかったなー




[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1512469387
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1118
12月の美術館 初日にかけ付けて下さるお客様へ
 テーマ [展覧会]
2017年12月1日
【初日ご来店下さるお客さまへ】

おはよーございます。
いよいよ展覧会が始まります。開店から1時間だけは、少し混雑するかもしれませんので、一応整理券をご用意してお待ちしております!
宜しくお願い致します。

*2日初日のみ12時OPENです。(翌日からは通常通り11時半)

*午前9時頃には準備している予定ですので、
2階の会場入口にて声をおかけ下さい。
整理券をお渡しいたします。

*12時オープン時に整理券順に入って頂きます。
10人ずつ入って頂きますので、以降のお客さまには申し訳ありませんが、外でお待ち頂くことになるかと思います。様子をみて順に入って頂きますが、とても寒いので暖かくしていらして下さい。

*展覧会でのクレジットカードのご使用はできませんのでご了承下さい。ご不便おかけします。(歩いて3分のところのファミリーマートにATMがあります。)

*駐車場はございませんのでなるべく公共の交通機関をご利用下さい。
市バスは3番系統と5番系統です。もよりのバス停は北白川別当町です。

いよいよ明日よりはじまります!
まだまだ準備中ですが、ちらと様子をどうぞ。

おるがん社ミュージアムショップが設営されました!超いい!2日と3日は家猫設計のしばさん設計の移動式小屋での営業です。


こんな雰囲気です、動画で
http://this_is_LINK_click_to_go/

メインの展示会場の方も出来上がりました。
こちらは明日以降にご紹介することにいたしますね。


では、皆様を心よりお待ちしております。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1512129267
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1117
家猫設計の移動式小屋 
 テーマ [展覧会]
2017年11月30日
家猫設計の芝さんが設計した移動式小屋が高知からやってきました!
ヤーヤーヤー!


組み立て完了しました。かなりとっても素敵です。
はめ込んでいるガラスは牧野植物園の旧温室のガラスを再利用しているそうです。


頭の上にぶら下がっている小さいプラプラしたものは専務が作った超素朴なオーナメント


MIETTEのクリスマス菓子ブレデレの詰め合わせを買ってくださったお客様にひとつずつ差し上げようと思っています。

このかわいいお店で2日と3日はミュージアムショップを営業いたします。
楽しみですねー
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1512050984
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1116
アルバム「おくりものの旅」 いろんなためいきto おるがん社
 テーマ [旅]
2017年11月27日
さて、「12月の美術館」ミュージアムショップ販売物の紹介もいよいよ大詰めです。

高円寺の「えほんやるすばんばんするかいしゃ」という絵本屋さんからのご縁でクラリネット奏者の「いろんなためいき」さんを知りました。
素晴らしい音楽で、とっても気に入ったので会場で流させて頂いています。
それ以来、いろんなさんは、私の作品をイメージした曲を作っては、ポロンポロンと届けて下さいました。それはそれは本当に素敵なおくりものです。その度に展覧会場でかけさせてもらいました。

20周年ということで、せっかくなので!とお願いして一枚のアルバムにまとめてもらいました。いろんなためいきさんの音楽に私の作った陶製のオマケをプラスして(今回は「おくりものを運ぶ動物」)
これから一年間いろんな場所で展覧会をする時に一緒に旅をして、その土地土地で販売させて頂くつもりにしています。

届いたCDには、手作りのもみの木のハンコがおしてありました!^^


ジャケットにラベルを貼る内職夫人(母)




おるがん社のおまけとCDを一緒に包んで出来上がり。恥ずかしながらジャケットのイラストを描かせてもらいました。



初日から会場で流してミュージアムショップで販売します。どうぞよろしくお願いします。
さらに誰かにおくるのも良いと思います。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1511771600
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1115
おるがん社20周年記念展「お客様へのお手紙」
 テーマ [展覧会]
2017年11月25日



「お客様へのお手紙」

19年前の12月ふらりと入ったギャラリー
目の前に小さな街のような景色、
塔や螺旋階段、作業服を着て行き交う人、働く人々、、軽い衝撃が走った。
窓辺の棚にはいくつもの薬瓶が並び、中には兎と女の子、本を読む人、リュックを背負う人、人魚や天使、小さくもひと瓶ひと瓶の物語り。
木彫りのようにも見えたがすべて陶粘土で作られていた。
胸の音が聞こえるくらいドキドキしたのを憶えています。
その隅で背中を丸めて座っていた女の子がにしおゆきさんご本人でした。
それ以来彼女の作る人形と世界観に癒され、励まされ、楽しませてもらっています。
20週年を小さい部屋で開催してくれるという。何と嬉しいこと!
ここでは最後になる展
にしおゆきさんの作る「12月の美術館」を皆さまと共に満喫したいと思います。

小さい部屋 西岡美緒


おるがん社として人形を作り始めて20年目を迎えます。
小さい部屋の西岡さんと出会ったのは1998年初めての個展のときです。
外を歩いている誰かが気付いて入ってきてくれるかもしれないと期待して、繁華街の大きな窓のあるギャラリーを借りました。12月の古ビルは室内でもカタカタ震えるくらい寒い日が続きました。私の作品は売れたり売れなかったり、褒められたり無関心に通り過ぎられたりしました。
何日目かの午後に西岡さんはやって来て、なんだかとても熱心に話しかけてくれました。慣れない私はただ「弱ったな」と思ったのを記憶しています。それでとりあえず、DM用に撮影したテスト写真の中から一枚選び、その裏に連絡先を書いて渡したのです。
驚いたのはその後、その日から今日までの間、ずっとずっと西岡さんが私の「つくる力」を信じてくれたことでした。
自信をなくしてしょんぼりした時も。木に登りそうなくらい調子に乗っている時も変わることなく。庭に植えた苗木を育てるみたいに、その気持ちをそそぎ続けてくれました。
20年目の記念の展覧会に二人揃ってお客様をお迎えできるのが、当たり前のようで奇跡のようで、とっても幸福なことだと思います。本当に感謝でいっぱいです。なるべく部屋を暖かくして皆さんのお越しをお待ちしております。
    
おるがん社 にしおゆき
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1511598076
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1114
展覧会カレンダー
 テーマ [展覧会]
2017年11月25日
展示作品 小さなレリーフ


小さい部屋を「美術館」に見立てて展覧会を開きます。
展覧会は二部構成になっています。
最初の週はゆっくりと鑑賞いただくため展示作品の販売はいたしません。
一週目2日(土)〜6日(水)
そのかわり、店内にミュージアムショップを開設しております。ショップではいろんな作家さんと一緒に作る商品やクリスマスのお菓子やお土産品など、展覧会の思い出をすこしずつお持ち帰り頂けます。
こちらは初日から販売物が無くなるまでずっと開店しています。

2、3日は家猫設計の素敵な移動式小屋をお借りして営業、4日からはにしおゆき設計(?)のバラック営業に切り替えて続けます。バラック営業って何?との質問には一切お答えいたしません。笑

木、金とおやすみを挟んで、二週目9日(土)からは展示作品の方も販売を始めます。

ミュージアムショップの販売物も全て手作りのものばかりのため限りがありますので、個数制限をさせて頂くことがあります。売り切れてしまう可能性もありますので、ご了承下さい。よろしくお願いします。

色々複雑なのでカレンダーを御覧ください。
展覧会カレンダー


小さい部屋
http://this_is_LINK_click_to_go/
606-8277
京都市左京区北白川堂ノ前町39-6 太陽ビル2F
tel/fax 075-702-7918
定休日 木金 
11:30-18:30 (展覧会初日は正午からです)
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1511576782
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1113
ミュージアムショップ販売物
 テーマ [展覧会]
2017年11月25日
20周年企画展「12月の美術館」の特設ミュージアムショップで販売する商品を紹介します。
【鈴木史子✕にしおゆき マグカップ】
スズキ社長と私の合作マグカップ完成です。生粘土の人形を高知から愛知に送ったり、さらに完成したマグカップを送り返してもらって絵付けしたり綱渡り的な制作でドキドキしながら進めて来ましたが、ついに可愛く出来ました!やった〜
女の子とおんぶ猫がハンドルについてます。ちょっとデカ過ぎる気もしないではないが、女の子の腕の上に親指を乗せて持つカタチです。


【かっぱまわり✕にしおゆき 刺繍入り大判ハンカチ】
かっぱまわりこと大原亜紀さんの大判のハンカチ、お弁当包みにぴったりのかわいいギンガムチェック縫い上がって来ました。キッチンの隅にかけておいてハンドタオルとしてご使用いただくこともできます。リネン100%の気持ち良い生地を使って「普通なんだけど、、」とかなんとか言いながら、やっぱりかっぱちゃんらしいハンカチになっています。この後、森田ネームさんで私のイラストをワンポイント刺繍してもらって仕上がります。


【陶器チャーム付き大人ポシェット】
ハンカチと別にかっぱまわりさんに大人のポシェットも作って貰いました。
イラストを送ってイメージを伝えて、ここからこんな完成度高いモノに仕上げて来てくれるかっぱちゃん、おそるべし❗️
かっぱまわりのシンプルでユニセックスで誰にももたれかからず柔らかく自力してる雰囲気をイメージして陶器の飾りを作りました。




【MIETTE✕にしおゆき クリスマス菓子ブレデレ詰め合わせと人形カード入りミニクッキー】
クリスマス菓子ブレデレ。クッキーエトワールやクッキークロワッサン、チョコフィグアーモンドのお楽しみセットと人形カード入り焼き菓子 色々なプチクッキーに女の子の立ち人形カードが入っています。
□12月3日(日)は一日だけカフェテラスmiette開店!します。当日はりんごのお菓子と温かい紅茶をご用意してお待ちしています。






【Ω社 おるがん社20TH招木猫】
おるがん社ミュージアムショップ販売物紹介 木玩Ω社さんの招木モウフ Ω社さんは木で小さくて可愛らしくて面白い作品を何百種類も作っています。
この招木猫。前に頂いて小躍りするくらい嬉しかったので、思い切ってお願いしてしまいました!
右が以前頂いたもの、左側が今回の招木モウフ。さらに小さい豆サイズです。小さいけど小まめに福を招いてくれます。嫌なアイツは尻尾バットでカキーン❗️と打ち返してくれます。


【トラネコボンボン✕sunui おるがん社20thニャーホルダー】
トラネコボンボンの中西なちおさんのイラストでsunuiさんにニャーホルダーを作って頂きました。鍵っ子にもドライブっ子にも心強いお守りになりそうです。




【asakozirusi トルソはんこセット】
定番作品のトルソ人形をモチーフにしたゴムはんこのセットは女の子と鳥、どんぐり、猫を一緒におしたり別々におしたり二通り楽しめます。木製のハンドルが付きます。




人形モチーフぽち袋セット】
土佐和紙のぽち袋は5色6枚セットです。こちらもおるがん社の人形をモチーフにかわいく作って頂きました。お年玉にもちょっとしたお礼をする時にも使えますね。




[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1511566335
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1112
誰かと一緒に作るシリーズ「鈴木史子さんとにしおゆきが一緒に作るマグカップ」
 テーマ [展覧会]
2017年11月11日
次回個展12月2日から開催の「12月の美術館」では、初日からゆっくりと展示作品をご鑑賞頂くために、展示作品の販売は二週目の12月9日からスタートします。
そのかわりに、初日からお店の中にミュージアムショップを開設します。


12/2と3は家猫設計さん特設の移動式小屋での営業となります。4日からもミュージアムショップはありますが、家猫設計さんの小屋がご覧になりたい方はこの二日間にご来場下さい。


ミュージアムショップで販売するのは他の作家さんと一緒に作ったコラボ作品やお願いして作ってもらうおるがん社20周年記念グッズです。少しずつ紹介していきますね。

鈴木史子さんと一緒に作っているのは、マグカップです。鈴木さんのマットな白いマグカップににしおゆきの人形を取り付けて(鈴木史子ファンには蛇足だと言われてしまうかもしれませんが汗)焼きます。


まだ制作途中なので、二人とも仕上がるまではドキドキしていますが楽しみです。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1510412222
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1111
おるがん社20周年「12月の美術館」
 テーマ [展覧会]
2017年10月4日
ながらくサボっていましたが、この齢で自動車免許を取得したり、猫とゴロゴロしたり上がったり下がったりして過ごしております。
さてさて
ちょっと早めの12月のお知らせをさせて下さい。

おるがん社20周年企画展
「12月の美術館」

場所 ちいさいへや美術館(小さい部屋 京都)
日時 12月2日(土)〜12月24日(日)
定休日 木曜、金曜

※12月3日はカフェテラスOPENいたします。mietteのりんごのお菓子と紅茶



人形を作り始めて20年、初の個展から19年目です。どうぞこれからもよろしくお願いします。20周年といっても特に代わり映えしない作品群となりますし、いつもとかわらず展覧会は行いますが、初めの一週間は販売をせず、ゆったり作品を鑑賞して頂くことにしました。2週目から販売を始めます。

初日と二日目には、ちいさいへや美術館(小さい部屋)の中に「家猫設計」のしばみおこさんにお願いして、さらに小さいミュージアムショップを建ててもらいます。

※写真は別のイベントに用意された家猫設計さんの売店です。


そちらでは、友人知人にお手伝いいただき制作したマグカップやハンケチや紙モノやお菓子、お土産品などの「おるがん社グッズ」を販売する予定です。

私はそこで売り子をしながら、20年間作り続けられたことの皆さんへの感謝のきもちをお伝えしたいと思います。
是非お誘い合わせの上お越し下さいませ。

それと、わたしのホームでもある北白川の「小さい部屋」が12月25日をもって閉店されます。なので、事実上こちらでの展示は最後の機会となります。(現在移転先を検討中です。小さい部屋にはつづきがあるのです!心配しないで!)
少し寂しいですが、新しいスタートに期待して明るい顔で最後の展覧会を精一杯お届けしたいと思っています。
皆様も心残りのないよう何度も遊びにいらしてくださいね。

「小さい部屋」さんからの大切なお知らせにこちらからリンク貼っておきますね。

小さい部屋
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1507084865
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1109
にしおゆき人形展「蛸のいた公園」終了しました。
 テーマ [展覧会]
2017年7月2日
倉敷意匠アチブランチでの個展「蛸のいた公園」終了いたしました。


ご来場のお客様ありがとうございました。
一瞬でも公園で遊んだあの日のひだまりや砂の感触やコンクリートの動物のことを思い出してもらえたなら幸いです。
前回と前々回は、えほんやるすばんばんするかいしゃさんと一緒でしたので、今年は一人ということで、搬入の時に会場の広さに呆然としてしまいましたが、なんとかかんとか形になって、ホッとしております。
アチブランチの田邊さん、スタッフの皆さんいつも暖かく迎えて下さってありがとうございます。
それから、今回はおみくじ以外の作品を全て最後まで展示させて頂きました。作品をお買い上げ下さったお客様のご協力に感謝します。そろそろお手元に届き始める頃かと思います。何か気になることがありましたら、倉敷意匠アチブランチさんまでご連絡下さい。
最後にひとつだけ。


一年以上前にこの一枚の写真をみつけてからというもの、この「下らなくも愛おしい」姿にこれこそ私の作りたいものだ!と衝撃を受け「作りたい!」という思いに駆られて思い続けた結果、ほんのり形に出来たのが私としては嬉しかったです。
理想では実物に近いサイズのものを一体作りたかったのですが、それは叶いませんでした。挑戦し続けたいです。
まだまだ作りたい!は沢山溢れてくるものの、技術や気力が追いつかずにいるものをまた追いかけて行きたいと思っています。
よかったらまた見に来て下さい。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1498951315
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1108
にしおゆき陶人形展「蛸のいた公園」はじまりました。
 テーマ [展覧会]
2017年6月11日
倉敷意匠アチブランチさんでの個展「蛸のいた公園」無事にはじまりました。
暑い中初日にかけつけて頂いたお客様ありがとうございました。
お天気に恵まれてちょっと汗ばむくらいでしたが、今回はそれほどの混乱もなく遠くからのお客様も地元のお客様もゆっくり作品を楽しんで頂けたかと思います。

展示室奥には小さな坪庭があります。
気持ち良い庭を借景ににしおゆき的公園を展開しております。



新しく型を起こしたのはこちらです。
おるがん社のレギュラーになりそうな予感。。の大きなネコ遊具



人形みくじもやっています。お一人様一回ずつ。
228袋ご用意していますので、会期中ずっと引いて頂けるのではないかと思います。
この機会にぜひ引きにいらして下さい。
今回のパッケージは夜長堂さんのいとし紙を使用させて頂きました。
ずらり。。


袋を貼って正面に滑り台のはんこをペタン!




明日も一日在廊いたしております。
是非遊びにいらして下さい。



アチブランチさんへ「初日に行けそうにないのですが、作品は買えますか?」というお問い合わせいくつか頂いているようです。
作品は100点あります。まだまだ選んでいただけます。購入済みの作品も全て会期いっぱいまで展示しております。
倉敷意匠計画室の実店舗アチブランチさんは勿論、アチブランチが入っている林源十郎商店さんも魅力的なお店がたくさんあって大変面白いです。
倉敷の町並みと共にゆっくり楽しんで頂けたらと思います。
ぜひお出かけ下さい。
倉敷意匠アチブランチさんブログより
「にしおゆき陶人形展「蛸のいた公園」はじまりました。」(きれいな写真沢山と文章で紹介してくださっています。)
http://this_is_LINK_click_to_go/

にしおゆきの陶人形展
「 蛸のいた公園 」
2017年6月10日(土)ー 6月29日(木)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
月曜定休
倉敷意匠アチブランチ 二号室
http://this_is_LINK_click_to_go/
林源十郎商店
http://this_is_LINK_click_to_go/

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知2丁目23-10 林源十郎商店1階
086-441-7710

出し物
50音の人形
おるがん社のレトロ遊具
トルソ
人形みくじ

作家在廊日 6/10(土)、11(日)
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1497137562
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1107
にしおゆきの陶人形展 「 蛸のいた公園 」もうすぐです!
 テーマ [展覧会]
2017年6月6日
いよいよ土曜日から倉敷個展です。
いつもながらバタバタと修羅場を迎えております。
梅雨というよりも爽やかな初夏らしさを意識して作品を制作しております。
三段重ねサンデーのトルソ


ミント菓子みたいな浮き輪の人形みくじ



2年ぶりの倉敷です。
皆様、楽しい美観地区のそぞろ歩きもかねてどうぞお出かけ下さいませ。

初日は開店直後一時間ほどは混雑をするかもしれませんので、整理券を配布させて頂くことになりました。

〈にしおゆき陶人形作品ご購入についてのお願い〉
http://this_is_LINK_click_to_go/


にしおゆきの陶人形展
「 蛸のいた公園 」
2017年6月10日(土)ー 6月29日(木)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
月曜定休

倉敷意匠アチブランチ 二号室
http://this_is_LINK_click_to_go/
〒710-0055
岡山県倉敷市阿知2丁目23-10 林源十郎商店1階
086-441-7710

出し物
50音の人形
おるがん社のレトロ遊具
トルソ
人形みくじ

作家在廊日 6/10(土)、11(日)
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1496748196
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1106
Lost and found
 テーマ [旅]
2017年5月17日
これは手紙であり記憶を壁にピンで留めるようなもの。

私は随分と前から「出たらひっこむひっこんだら出る説」というのを唱えている。まあまあ長く生きてきてなんとなくそーだな。と思ったのだ。
この世は、それはあんまり頑固にならなければ捨てたもんじゃないなと思えるように出来ている。
例えば誰かや何かを失って(もともと自分のものではないので、そんな気分になったとして)失ったと同時にそれと同じような質量の誰かや何かがポコンと自分の視界に現れるようだ。
しばらく失くした彼方の方に目を向けて嘆くばかりだが、ふと近くに目を戻すと世界は空洞だらけのまんまではなく、押し戻されるように満たされていることに気付くのである。
世界はそれっくらいには不思議である。
Lost and found



死ぬほど悲しい。寂しい。影から出られない。その時、数ヶ月前までもう二度と会わなくても良いと感じていた誰かがにわかに大切なひとに変わっているのだ。
今日という日を歩いていくのだ。平熱で。
冷蔵庫から何かを取り出し鍋で温め湯を沸かし茶を入れ生きていくことを選択するのだ。

Lost and found
は英語で「遺失物受取所」のことだが、「無くすそして見つける」 と訳すとなんだかスンと胸に落ちるものがある言葉で好きな言葉。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=organsha&entry=1495031575
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/organsha/1105
next