京都へ
 テーマ [ガス抜き]
2017年2月2日
2月2日 節分前日。

毎月届く月刊うちゅうによると、
今日は火星と金星が並ぶ日。

毎年1月の恒例行事、京都詣ですが
1月は日が空かず、予約のない今日ようやく行けました。

昨日は超ハードで4人でした。
朝は腰痛の方の最後の出張、
午後から御夫婦を連続でフル
ラストの方も8時から御夫婦で来て奥様の施術、四十肩の悩み。
私も6年前かなり辛かったのでお話が弾みました。

バタバタで夕飯食べれたのが日付が変わってからでした。
寝たのは3時、でも6時半にパッと目覚めて洗濯片付けて出ました。

*************

蹴上


まずは京都市動物園。
開園と同時に入り、ゆっくり観察。
しばらくは貸切状態でした。

いま大学ではダチョウの「抗体」がウィルスや癌の予防に研究されています。
それはダチョウが恐竜時代の原始的な生物だから。

大きなダチョウ、エミューです。確かに恐竜の顔
そう言えばエミューオイルを使いだしてから10年、風邪を引いてないなあ








一年間お疲れ様でした





頭の上をヤギが





衝撃!!
ぼぉーっとキリン見てると目の前で交尾!!
ちょ、ちょ、ちょっとー!(>_<)
初めて見たキリンの。。。。。
キャーーー!!!
早々に立ち去る






人がいなくてみんなのんびり





こ、こわい


ふくの寝方と同じ








野鳥時計の7月の鳴き声、アカショウビン
http://this_is_LINK_click_to_go/




慰霊碑

***************

動物園を出て白川通を今出川までぶらぶら歩き
お昼ご飯を食べに吉田山山頂へ。

今出川通からの山道は急勾配
二重マスクは苦しいけど一気に上がる

こ、こわい


まだお勤めしていた頃、オープン時に来てから16年、何も変わらない
いつも赤ワイン。これも変わらない。








***************

吉田神社の節分祭。
富くじ付の福豆を。








*************

出町柳駅から叡山電車で鞍馬へ
雪景色

大好きな杉々堂の山椒餅
山椒の香りたっぷりの絶品お餅
鞍馬に来たら必ず買います



山椒餅を食べながら歩いて温泉へ







山と空と雲を見ながら
湯に浸かったり涼んだり
2時間半もいてしまいました


帰り道


誰もいない駅
火祭りで使う子供用の御松明が飾られてます





出町柳駅(百万遍)で暮らしていた頃にしょっちゅう買ってた柳月堂のくるみパンとサンドイッチを買って
特急の中で夕飯がわりに食べながら帰りました



帰る前に古家具やっほさんにつうしん持って会いに行ったのですが、やっほさんは6時で閉まってました。
今日は突然だったので事前連絡もせず。
次回はぜひお会いしたいな、と思います。

■古家具 やっほ
空気感がたまらなく好きです
小さな盃など、ずーーっとヘビーローテーションで使っています
なんともいえない味のある器
いつかやっほさんで家具(特に水屋。壊れている)も買いたいとずっと思っています。
http://this_is_LINK_click_to_go/

*************

8時ごろ戻って9時から近所のkさんを一時間だけクリニカル施術しました。
山椒餅を一つプレゼント。

今日一日で、いろいろな疲れが流れ去りました。

明日からまた少しハードな日々が続きます。
特に来週火曜日には大きなプレッシャーのかかる新しい仕事が待っています。
鞍馬の湯に浸かりながらも失敗するところを想像して胸が苦しくなりました。
当たって砕けろ!ですが。。。

「動いたら休む 休んだら動く」

これが長く続けるためにとても大事なこと。

******************

なんと言っても今日の一番の思い出は
「目前で始まったキリンの交尾!」
衝撃映像に心臓バクバクしながらも、シャッター押してる自分が可笑しかった(笑)

京都市動物園でキリンの赤ちゃんが生まれたら・・・今日の成果です(笑)

天王寺動物園のホッキョクグマ舎での話を以前飼育員さんから聞きました。
ゴーゴとバフィンがある日一回10分の交尾を午前中に8回したそうです
その日はたまたま幼稚園の団体さんがたくさん入っていて、
「先生なにしてんのー?」「いじめられてるーかわいそう」と口々に叫ぶ園児たちに先生たちはあわわわわとなってたそうです(笑)

そして、モモが生まれました



動物に会いに行くというのは何が待ってるかわかりません(笑)

サルたちも発情期でお尻がまっかっかでした。

人間だけは重たいコートを着てまだ冬だけど
動物たちはもう春なのかもしれませんね。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1486004779
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/989
■来熊日誌(雑記)
 テーマ [ガス抜き]
2016年12月6日
くまモンを知ってから6年。
6年分の想いをのせた6日間の旅でした。

6日もひとりでいると話す相手は全て熊本弁。

熊本弁はいいな〜
「〜と」
「〜とっと」
「〜ばい」
「〜たい」
「〜ばってん」などなど。
たいぎゃあったかかー。

とこでも聞かれたのが「どっから来んさったと?」
「大阪はほんによかこつとこばいね」

笑い話。席をとってることを「この席とっとっとー」
(大阪は「あれチャウチャウちゃうんちゃう?」)

**************

小山薫堂さんがショートムービーで言ってるように
熊本は、「人」でした。

■くまもとで、まってる

http://this_is_LINK_click_to_go/

風景や食べ物やお風呂も素晴らしいけど、
旅の一番の思い出は、人です。

ひとりだから余計に出会いが濃くなる。

A列車で行こうの女性バーテンダーさん、
天草のボランティアガイドのおじいちゃん、
人吉の宿のお母さんとお腹の大きなお嫁さん、
元湯のお父さん、
湯前マンガミュージアムのスタッフさん、
五木村のくまモンエプロンのお母さん
くま川鉄道の車掌さん、
日奈久駅の元気なお母さんたち、
日奈久の宿のおばあちゃん(マッサージ)
喫茶ケルンのご夫婦、
そこで出会った温かいAさん、
幸ヶ丘温泉のお父さん、
熊本市動植物園のスタッフさん、
花鼓のお母さんと板前さん、
東横インの朝御飯担当のお母さんたち、
一口城主の受付のおじさん(また泣いてしまうとおじさんも泣いた)
熊本国際民藝館の温かい男性二人、
熊本駅の優しい駅員さん、

たくさんの人の顔が浮かびます。

ひとり旅を怪訝にも思わずに接してくれた方たち。

ありがとう。ありがとう。

また行くばい!
必ず行くばい!

****************








(この子は3日おきに水をやらないといけないので、ことりさんに預かってもらいました)

********************

列車と宿だけ決めて出掛けました。
下調べ出来ずに、行き当たりばったりの旅でした。

旅も人生も
行き当たりばったりが楽しいのかもしれません。

用意されて与えれる旅より
自分の感覚で動きたいほうへ動いて
いろいろ発見する旅が好き。
人生も同じかもしれません。

旅は人生。
人生は旅。

今日一日を、今を、ただ精一杯生きていこう
そう思えた熊本旅でした。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1481019558
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/929
■来熊6日目【熊本市内】
 テーマ [ガス抜き]
2016年12月2日
5時半に起きて、さあラジオ体操しよかーと思っていた6時20分ごろ、いきなりグラグラ揺れました。
震度3。

ホテルの25階にいるので結構揺れました。
これで熊本にいる間に揺れがあったのは2回目です。
まだ余震が続いているんだなあ。。。

ニュースで阿蘇神社の解体が始まったと伝えていました。
建立は孝霊天皇9年(紀元前282年)と伝えられ、約2300年の歴史。
木材はなるべくそのまま使うそうです。

最後の朝ご飯。
おばちゃん手作りのカレーが美味しいのだけど、野菜のおかずもとっても美味しいのです。

エレベーター横にあるパジャマ入。
くまモンのパジャマ姿。
駅前の東横イン、シングル一律5000円。HPからの予約は少し割引。
小さなおばちゃんたちが朝御飯のお世話。
部屋も広くゆっくり落ち着けました。

***************

市電で熊本城へ。

ぐるりと回れます。
壊れたところも近くで見ることが出来ます。

■まず熊本城手前の城彩苑へ


朝早いのでまだ店はどこも開いてません。


これもこの旅の目的。
「一口城主」になりました。
城主だけがもらえる特別な本をもらう。
中は元気な頃とボロボロに傷ついたお城の写真集。(サロンに置きます)





■城彩苑の中にある資料館


肥後藩の食のコーナーで。
庶民が日常で食べる食べ物が一番下。
絶品というのは特別な賓客の料理。



大きな画面で熊本城復興研究チームが撮影したビデオを見せてくれます。
衝撃的な映像にショックを受けます。







■熊本城
実際にお城の周りを歩いてみます。
広い敷地。ゆっくりと散歩。































■監物樹木園
当時熊本城の監物櫓(けんもつやぐら)を守っていた家老が植えた木々の植物園があります。
200円なので入ってみました。
ここがとっても良かったのです。
中は私一人で勿体ないなーと思いました。











しばらく植物園にいました。
たくさん深呼吸出来ました。

熊本城には広い原っぱと大きな木がたくさんあります。




傷ついたお城に別れを告げて。



バスで30分ほど揺られて、
熊本国際民藝館へ行きました。

九州で唯一の民藝館。
熊本に行ったらぜひ行きたかったのです。

■熊本国際民藝館

三の宮神社の奧にあります。








松本や倉敷の民藝館と同じ匂いがするなあと思ったら
倉敷の民藝館を作った外村氏が、九州に一件も民藝館がないのを憂いて、熊本のこの地を選んで旧家を移築。

自身のコレクションを全て出し、九州唯一の民藝館となりました。

中は全て写真撮影OKです。















珍しい陶器の茶釜

江戸時代の百人一首歌留多


江戸時代の遊郭の三味線
容れ物もあり、どこもかも粋


客は私一人。
若い男性スタッフさんの応対が柔らかで心地よく。
お茶を出して下さったので囲炉裏端でゆっくり頂きました。


お茶を飲んでいると館の方(私と同じくらいの男性)が来て、いろいろお話をしました。

二回目の本震のあと深夜すぐ車で駆けつけたら、梁や柱も壊れて、二階の外村氏のコレクションのほとんどが滅茶滅茶に壊れてしまって、柳宗理さんからの民芸品も。
一階のコレクションも無惨で途方に暮れたこと。

「頭が真っ白になるとはこういうことか」と思いました、と。

でも民藝館を愛する多くの人の助けで何とか一階だけでの展示にこぎつけられたこと。

クリスマスには、皆さんに自宅からクリスマスアルバムをもってきてもらって、
地震で壊れなかった大正時代の蓄音機でかけて過ごそうというイベントがあること。

熊本城のすぐそばの高校出身で、地震のあと熊本を出た友人達が駆けつけてくれ、みんなでお城に行ってみんなで泣いたこと。

などなどたくさんお話しました。
もっともっとお話していたかったけど、次の予定があるのでサロンのテーブルに置く段通を買って民藝館をあとにしました。




民藝館はどこも清浄な空気が流れています。ここも。
いつまでもいつまでも居たかったです。




■熊本ラーメン
勤めてる時、各県の県人会があって、特に郷土愛が強かったのが熊本県人会と鹿児島県人会でした。

熊本県人会の上司は、酔うと必ず熊本の素晴らしさを熱く語り(笑)
高校野球の一回戦で熊本が出るときは県人会の人たちと休んでました(笑)。

その上司が「熊本に帰ったら必ず行く」と話していたラーメン屋さん山水亭を思い出し、スマホで調べて行きました。
通町筋の上通商店街の中。



いやいや期待以上に美味しかった!!
にんにくの効いた豚骨なんだけど、しつこくはなく、スープは飲み干せました。
チャーシューもメンマも味がとてもいい!
これで570円。


「地震で相当ショック受けはっただろうな。。。」と昔懐かしい顔を思い浮かべながらラーメンすすりました。

ロッテリアまでくまモン



■くまモンスクエア(水道町角ビル)

生くまモンに会いに。
3時からで45分前に着いたけどこの人だかり。(私で76人目)



モンタクロース登場!

30分ほどのショー。さすが吉本仕込み。
お姉さんとの掛け合いがぼけとつっこみ。
笑いをとるとる(笑)

部長室でひとりひとりと握手、ハイタッチ、ハグ。
私は照れてハグは出来ず握手だけ(>_<)
手はビロードでした(笑)。

ちびっこたち大喜び。

私の後ろにフランスからも団体が来てました。
ジャパンエキスポで大人気になり、今フランスでのファンも増えているとガイドの方が話してくれました。


*フランスから一時帰国中のkeikoさん情報
「くまモン、リヨンからパリへ」
http://this_is_LINK_click_to_go/

天六商店街で誰も名刺を取ってもらえなかったくまモン、えらい出世やなあ(笑)

テディベアの最高峰、シュタイフ社が作ったテディくまモン



これは地震のあと作られた



手拭い買った


熊本のためにますます頑張りや!!





くまモンスクエアを出て先程の商店街の珈琲専門店でひと息。



最後の市電で熊本駅へ。
駅前の市電乗り場


熊本駅さようなら。またね。
いきなり団子を2つ買って九州新幹線に。



■天神で
東京のロミロミスト、コバちゃんの施術仲間ユーちゃん。
東京で18年暮らしたのちに郷里の熊本阿蘇に戻って一週間後に地震にあった。
その話を聞いたとき泣いた。
どれだけ怖かっただろう。
どれだけショックで辛い思いをしたのだろう。

ぜひ会いたい、とコバちゃん通して連絡とったら、今は博多で暮らしているという。
新幹線を途中下車して天神で待ち合わせ。



短い時間でしたが軽くご飯食べてたくさんお喋りしました。
初対面なのにすぐ仲良くなれるのがロミロミストの特徴(笑)。

一時間半では足りなかった。
ナチュラルなワハハーなユーちゃん。


今度は中洲で呑みましょう!

しかし、天神は大阪よりも熱気というか活気が感じられた。
のーんびりした熊本駅が少し懐かしかった(笑)。

11時過ぎに新大阪到着。
荷物も洗濯物も全て片付け終えたのが2時半。

明日朝は8時から施術。
旅は終わり。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1480627759
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/927
■来熊5日目 【日奈久 / 熊本市内】
 テーマ [ガス抜き]
2016年12月1日
断層の名前として世界的に知られることになり、地震以降客足が途絶えてしまった名湯日奈久温泉。

昨日は少し淋しい気持ちになったけれど
今日は一転、人のつながりと温かさが満載の日奈久になりました。

***************

夜中強い雨の音で目が覚めたけど
朝は薄日がさしていました。

ラジオ体操をして
昨夜の残りの朝御飯を食べ終わった頃

宿のお母さんが部屋に呼んでくれて味噌汁をご馳走してくれた。

あまりに嬉しくて美味しくて
お礼に40分ほどマッサージしたら、えらい喜んでくれて竹のお箸をくれました。
母と同じ82才と聞いてびっくり。

山海荘を建てたのは、上野にある横山大観の家を建てた大工。
(喫茶ケントをしている弟さんが教えてくれました)
古いけどとても趣があります。







ケントで朝のサイフォン珈琲を飲んでたら立ち寄り湯「幸ヶ丘」を教えてくれました。

■幸ヶ丘
源泉かけ流しとうたっててもタンクに貯めて水で薄めたり沸かし直したり、消毒液も入れている温泉がほとんどの中、
幸ヶ丘は源泉の真上にあり井戸水のように汲み上げ、そのまま提供の本当の源泉。

湯がものすごく柔らかくてトロトロ。
あまりに素晴らしい湯で、一時間以上入っていました。

今は宿はしておらず、扉は閉まり中は真っ暗。
ケントさんに聞かなければ絶対入れない建物。
ほんとにラッキーでした。

ばんぺい湯に入るつもりでした。


もし日奈久に行かれたらぜひ、幸ヶ丘さんのお風呂に入ってください。
玄関入ってインターフォンならしたらお父さんが案内してくれます。
500円。

貸し切り。
出てから建物を案内してもらい、いろいろ話もしてもらいました。






ドコドコ溢れているので
おうちの洗濯も料理も洗い物も珈琲も、水道水は一切使わず温泉水だそうです。

娘さんは「温泉ソムリエ」の資格を持っています。
温泉雑誌


ケントさんにお礼に行き、
お昼にサンドイッチとサイフォン珈琲。
辛子のきいたとっても美味しいサンドイッチ。
日奈久ではケントさんの珈琲もぜひ!!



ケントさんは大きな出会いをもくれました。

熊本市内に住む女性とカウンターでいろいろ話してるうちにとても仲良くなりました。

ご自身もボディワークをされてて、ロミロミも大好きだそう!
今日も出張で日奈久に来られたそう。

車で駅まで送ってくれました。
今度、車で阿蘇に一緒に行く約束もしました。
本当にいい方でした。
熊本に知り合いはいなかったので、大きなご縁だなあと思います。

日奈久にお別れ。
一泊だったけど思い出深い町になりました。



オレンジ鉄道で八代に到着。

今朝のニュースで「八代妙見祭」がユネスコの世界無形文化遺産に登録されたと報じていました。


*****************

熊本駅到着





この旅の目的のひとつ。
■熊本市動植物園
地震で大きな被害を受けて閉園中。
猛獣たちは九州各地の動物園に移動しました。
再開は来年夏以降になるそうです。

熊本駅から市電で動植物園へ。

シーンと静かな入り口までの道。
車が一台もない駐車場。

動物園に近づく。
姿は見えねど、においといろんななきごえが。

切なくてせつなくてセツナクテ。












どこまでも続く道のひび割れ


動物園の反対側に行くと江津湖。
そちら側からならキリンファミリーが見えるんですよ!!

お父さん、お母さん、お兄ちゃん、そして、今年生まれた赤ちゃん。
みんなにお祝いしてもらえないまま成長しています。









ゾウの夫婦も見れました!!!



■江津湖
大きくて美しかったです。










掲示板


安いね


動植物園管理棟へ。


管理棟の扉

「サポーターズを申し込みたい」と言うと「今は休園しているので受付てないのです」とのことでした。
「Yahooの動植物園寄付のサイト」で受付ているそうです。

大阪からありがとうございます!と下さった。




「大変でしょうけど がんばっ」
ここまで言って堪えきれず泣いてしまいました。
涙が止まらずに困りました。

動植物園前の公園で暫く座っていました。



市電で駅に戻る。

時々次の駅の案内は、コロッケさんのいろんな人の物真似で(笑)。
森進一や武田鉄矢や淡谷のりこやなど。

熊本最後の夜は、マンマンデーさんお勧めのお店へ。

■花鼓
お母さんも、南阿蘇出身の板前さんもとっても温かい。

今の時期だけの熊本の小さな牡蠣、
馬バーグ、海老の自家製マヨネーズソース和えなど、
お料理はどれも絶品で手抜きなし。









開店直後に行って客は私一人だったこともあって
わざわざ大阪から、と、鯛の味噌汁と熊本のみかんスウィートスプリングを頂いた。

お店のお人柄と間違いのない味。
熊本に来たらまたここへ来よう。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1480567448
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/926
■来熊4日目 【日奈久温泉】
 テーマ [ガス抜き]
2016年11月30日
ささっと写真をアップしておくと、旅の記録にはとても便利です〜。

********************

人吉最後の朝。
昨夜元湯温泉でおばあちゃんから朝風呂もやってると聞き、6時に入りにきました。

人吉球磨地方は毎朝濃い霧が出ます。

5:45頃

6時前でも先客が。




ここの湯は本当に柔らかい。
番台のおじいちゃんと少し話したら、思い出に写真撮って帰りんさい、と言ってくれました。
とっても温かいおじいちゃんでした。
「また来ます。どうぞいつまでもお元気で」と言いながら泣きそうになってしまいました。










元湯を出ると少し明るい。でも霧。




町のいたるところに「キジ馬」。
千年前に平家の落人がここで作ったものが今も作られている。



お礼とお別れに国宝、青井阿蘇神社へ。
手を合わせながらここに来させて頂いたお礼と、また来ますと。












一富士さんの心温まる絶品朝御飯を食べて
これから日奈久に向かいます。

人吉は想像以上でした。
ほんとうに良い町。

1300年前の建物を地元の人たちで大切に守り抜いている。
刀剣や靴なとの手仕事の技術など
宝の山なのにあまり知られていない。

素晴らしい温泉の公衆浴場(しかも安い!)もたくさんある。

外国人にはついに一人も会わなかったし、日本人観光客もほとんどいない。
町を歩いている私も住んでる市民のようでした。
もっとPRしなきゃ、市役所さん頑張って!と
城跡に建つ市役所を見ながら思いました(笑)。

人吉。また必ず来ます。
一富士さんもありがとう。





忘れたくない町では日用品を一つ買います。
お風呂の靴が古くて破れたので
一富士さんの隣の靴屋さんで丈夫な靴を買いました。480円。










10:06発の肥薩線に揺られて日奈久に向かってるたい
球磨川が碧色たい



八代駅


■乗りたかったローカル列車4つ目
「肥後オレンジ鉄道」



放浪の詩人、種田山頭火が愛し「ここに骨を埋めたい」と言わしめた日奈久温泉に到着






くまモンも来てた

12時前にもうお部屋に入れてくれた


おばあちゃんが宿主のかなり古いけど家のようなほっこりお宿。山海荘。

昼食。
人吉駅前の汽車弁当やまぐちさんで買った「かしわめし」を宿でゆっくり食べさせてもらった。
鳥そぼろがぎっしり、具がどれも大きくて薄味。
栗弁当も絶品だったけどこれもほんまに美味しい。



しっかりしたお弁当箱は持ち帰れる。

宿の隣の喫茶店で珈琲。
サイフォンで淹れてくれてとっても美味しい珈琲。
NHK「猫のしっぽカエルの手」のベネシアさんが知人を尋ねて何度か来ている店だった。







温泉街を散策。
日奈久は路地が多いです。
http://this_is_LINK_click_to_go/

少しさびれた感のある日奈久(ひなぐ。GUです)
江戸時代、細川のお殿様に肥後一と言わしめた温泉。
昔は芸者さんが200人もいたそうですが今はゼロ。
ちょっと淋しい日奈久です。





温泉神社



町中




小さな町で2時間もあれば散歩が終わってしまいました。

■オレンジ鉄道
三セク共通切符で今日一日フリーで乗れるので、行き先を決めずに乗りました。
(くま川鉄道は使用済み。残るは南阿蘇鉄道だ。来年9月まで)

(CGで3つの車両が一つになっている貴重な画像)

田浦では、窓の外に不知火(しらぬい)の海が。





窓の外を見ながらぼんやり乗ってたら鹿児島県出水市まで行ってしまいました。




帰りの電車が来るまで外に出てみた。

鶴?

出水物産館


ケンミンショーで紹介されたこのタマゴパンが絶品でした。
しっかりもっちり、こんなに美味しいタマゴパンは人生初!(笑)



帰りのオレンジ鉄道。


ただいまー。人気のないシンとした日奈久駅

人吉では会席料理並みの夕食、日奈久では素泊まりなので地元の小さなスーパーで買出し。

濃厚な日奈久豆腐は120円、売り物にならない小さないちごは百円、名物日奈久竹輪は500円。
これで夜と明日の朝分。
豆腐用に醤油を借りたけどいらなかった。

人吉で買った黒いつきの湯割りと共に。
デザートは出水で買った最中。



熊本のニュース「くまろぐ」でくまモンが今日大阪市中央卸売市場にイチゴの売り込みに行った様子をやってました。
市場のおじさんたちが嬉しそうにくまモンからイチゴをもらってました(笑)


「ためしてガッテン」では歯周病菌が様々な病気を引き起こしていること、粉末緑茶を濃い目に溶かしたものでうがいをすると良いことなどをやってました。


濃い目にいれたお茶でうがいしてから寝よう。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1480464552
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/925
■来熊3日目 【人吉】
 テーマ [ガス抜き]
2016年11月29日
朝御飯食べてしばしのんびり。
夜明け前に青井阿蘇神社へ手を合わせに行きました。
霧が濃くて50m先が見えない。





境内を散歩してるうちに夜が明けてきました。








この木は御霊木(おがたまのき)。
神霊が宿る木とされています。
1円玉の裏に描かれています。

よう触りませんでした。

日の出前から神社を掃き浄めていたおじいさんが話しかけてきました。
「どっから来なさったと?」
「大阪には平野区っちゅうところに息子がおるたい」
「いっこも帰ってきよらんかったばってん地震のあとはちょくちょく帰ってきよるようになったとばい」と笑ってました。

48才で奧さまを亡くされてから30年、毎朝欠かさず自前の箒で掃除しているそう。
30年、病気もケガもなくどこも痛くなく青井さんのおかげたい、と話してました。




宿の朝御飯がこれまた美味しくて。
麦味噌も熊本大豆の納豆も手作りふりかけや手作り蕗味噌も何種類もの自家製漬け物も。。。








■思いきって五木村へ
子守唄の里、五木村。
路線バスで1時間。客は私一人。

向こうに雨宮神社。通称トトロの森。


霧がはれてきました。白い大陽。



五木村への道のりはまさに天空に向かうようでした。








五木村に着いてガマン出来ずにここでトイレを借りました。


散歩。空気が気持ちいい。







道のベンチで缶コーヒーを飲みながら村のお母さんとしばしお喋り。

五木村ダム計画で住み慣れた住まいから移転させられたけど、前原さんが計画を中止にした。
「うちらは振り回されとったとよ
けどダムが出来たら水が汚れるから中止になってホッとしとるばい」
と話すお母さんもくまモン大好き!


帰りのバスの中です。

行きしな、席をつぶしたこの大きな箱は何だろうと思っていたら
ヤマト運輸が荷物をこの中に運びこんだ。
運転手さんが「お父さんは元気かね」などと話してていいなあ、と。




■多良木のお風呂
くま川鉄道で多良木へ。
田園シンフォニーの時以外は普通に走ります。
通勤の学生さんだらけ。


多良木駅には役目を終えたブルートレインが置かれ、3000円で泊まれるホテルになってます。
鉄っちゃん御用達か!(笑)







多良木は恵比須さんゆかりの町。
駅前のえびす湯へ。



お風呂のレストランで肉うどん(400円)




焼酎がずらり。安い。


えびす湯、大きな窓が明るくて広くて気持ちいい。
たくさんのお風呂があって料金は300円。
飲み水は熊本なので全てミネラルウォーター。


大広間で地元のおばあちゃんたちに混じってうたた寝。


人吉へ帰る。







宿に戻って夕飯前にまたひとっ風呂。
今度は人吉城跡近くの元湯へ。















ここの浴場、一番好き。
晩御飯のあとまた入りに来よう。

人吉も今夜が最後。淋しい。
もっと暮らしたい気持ち。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1480375252
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/924
■来熊2日目 【人吉】
 テーマ [ガス抜き]
2016年11月28日
朝5時半起き、6時半からラジオ体操。
ホテルの朝食、おばちゃん達が元気に働いてるのがいい。
味噌汁とほうれん草のおひたしはお代り。
部屋の窓から熊本駅を見下ろす。



熊本駅


熊本は鉄っちゃん憧れのローカル線の宝庫。
今日はその中の2つ乗った。
(昨日は「A列車で行こう」)


■肥薩線「いさぶろうしんぺい列車」
http://this_is_LINK_click_to_go/

8:31熊本発→10:01人吉着。
鉄っちゃんとおぼしき若者がちらほら。
彼らめっちゃ嬉しそう(笑)。私も同類。















とにかく球磨川が美しい。

八代あたりではブルーシートの屋根がちらほら。
この辺りの被害も大きかったそう。


■人吉駅がまたいいのです








毎時にお囃子にのってからくり時計が動く



宿に荷物をおいて青井さんへ。

一番行きたかった阿蘇は車の運転が出来ず諦めたが、ここにも阿蘇神社はある。


■青井阿蘇神社
800年に建立、1200年余りの歴史。







ここで栗弁当を買ってくま川鉄道(通称くまてつ)へ。






■くま川鉄道「田園シンフォニー」
http://this_is_LINK_click_to_go/

これも鉄っちゃん憧れ列車。








かわむら駅では94才のおばあちゃん駅長さんがお出迎え
有機のお茶のサービスも。


おかどめ幸福駅でいったん下車、幸福の鈴を鳴らす。
(日本で幸福と名のつく現存駅はここだけ)





まさに「田園」シンフォニー







終点、湯前駅。


ここには「漫画ミュージアム」があって
なんと偶然にも、今、くまモン頑張れ絵の原画展をやっていた!


写真撮影は×。
著名な漫画家や作家さんたちがくまモンを通して熊本にエールを送る絵が数十点。
圧巻でした。

漫画ミュージアムの建物が面白い。隣は公民館と図書館。
前は広い原っぱ。気持ち良かった。


玄関にはジョーがいた! キャー(≧▽≦)









この小さな紫蘇ジュースが絶品!
ひと瓶に紫蘇の葉が40枚!取り寄せたい!

帰りのくま川鉄道の中で栗弁当を。




■人吉は昭和初期の公衆浴場がまだいくつも残っている。
それも温泉なのです!
人吉に来た一番の理由かな(笑)


早速2つ入る
*新温泉








*堤温泉







いや〜〜こころもからだもあったまりましたゆるみました


■球磨焼酎は世界で原産地指定が登録された焼酎。
蔵へ見学に。試飲もたくさんさせてもらった。





黒麹の古酒はやっぱり旨い。1本買う。



■人吉は信州松本と同じものを感じます。
町並みも匂いも空気も似てる。
古き善きものが残っているところも同じ。

人吉に来て良かった。







■宿 一富士さん

夕食が旅館ご飯ではなく
コースの会席料理で驚いた。
宿のお母さんに話すと、料理目当てで来る人も多いそう。
隣のテーブルのおばちゃん4人も食事に驚いていた。

宿自体は古くてもこんな御馳走を食べられたら大満足。





絶品夕飯はまた紹介します。

もっちさんにもらった珈琲飲んでゆっくり。


日記終わってからまた銭湯へ。
温泉だから体ぽかぽか。
早寝します。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1480340662
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/923
■来熊初日 【天草】
 テーマ [ガス抜き]
2016年11月27日
ようやく熊本来れました。

■さくらは快適でした(6:50発)





■熊本駅に到着
くまモンだらけ(笑)




とうとう熊本にやってきた
感慨で胸が一杯。。。(>_<)



■A列車で行こう
http://this_is_LINK_click_to_go/
ジャズの名ナンバー「A列車で行こう」の名前の二両の列車で三角へ。
天草だからA?(笑)

列車の中にはバーカウンターが。
季節のハイボール(グレープフルーツ)を飲みながら天草へ。





天井







天草はキリシタン文化の土地。
土で作られたマリア像が列車の中に。


A列車で行こうは、震災前は予約が取れないほど人気だったが、震災後は減っているそう。
今日も半分の席が空いていたし、外国人はおらず静かでした。



三角駅

目の前が三角港。

■天草の本渡港までシークルーズ船で約1時間


海面すれすれに窓。
遠くに雲仙普賢岳。


雨が上がり薄日が。

■本渡港でお昼
真ん中にでっかいいけすがある店の海鮮丼。
新鮮ぷりっぷり。あらの味噌汁も絶品。





■天草ぐるっとバス
路線バスで5時間かけて観光名所を回ってくれる。
おじいちゃんのボランティアガイドつき。
これで千円はあり得ない。

★天草は大小122の島で出来ている。
大きくわけて4つ。ハワイみたい。

★天草コレジオ舘
コレジオ=カレッジ。宣教師を養成する学校だった

聖書などを作った印刷機


竹のオルガン。後ろに木の手動ふいご。


二階には世界の人形が。
戦後もう争いのないように日本人形を世界中100か国に贈ったら、世界57の国から返礼で送られてきた人形が一同に集められている。





バスの窓から








■崎津教会
金銭面で表は石造り、後ろは木。
















■天草ロザリオ舘
島原の乱で全滅したと思われたキリシタン。
厳しい弾圧に堪え忍びながら工夫しながら300年信仰を守り抜いた。
そうしたキリシタンたちの生活文化や貴重な遺品を集めた資料舘。
3Dの映像は感動しました。
もう少し時間が欲しがった。
もっとゆっくり見たかったです。




■大江教会






教会の中はどこも撮影禁止です。
絵葉書で紹介します。


ボランティアガイドのおじいちゃんと運転手さんにみんなで拍手して5時間のツアーは終了。


■フェリーがもうなくなってしまったので
本渡バスセンターから熊本駅まで路線バス。
2時間半!

料金表が45通りにもなりました。


暗くなければ天草五橋や大海原を見ながらバスで揺られたのに。
果てしなく真っ暗でした。

熊本駅に8時半に到着。


駅前のホテルの窓から。



熊本に旅しに来たというよりは
熊本に暮らしに来ました。
だからお気に入りのカップを持ってきました。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1480255668
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/922
青空の動物園
 テーマ [ガス抜き]
2016年11月10日
午前中ぽっかり空いた先週の水曜日。
朝自転車飛ばして、1時間半だけ天王寺動物園に行きました。

半年ぶり。

少し気持ちを変えたいな。
大阪で野性の匂いを嗅ぎたいな。
ただ生を生きてる彼らに会いたいな。





























この日の目的が、事故で尻尾がちぎれちゃったジャガーの赤ちゃん。
お母さんと双子のお兄ちゃんとともにバックヤードで暮らした半年間。
ようやく元気になって会えるようになりました。
お兄ちゃんの尻尾にじゃれて遊んでました。
元気そうで安心しました。













[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1478703796
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/895
ランチのご招待
 テーマ [ガス抜き]
2016年11月7日
先週は二次会にランチと珍しくお出掛けが2日ありました。

予約してくださり車で連れて行ってもらったお店は
鴻池新田から少し歩く静かな住宅街の中にひっそりとある広東料理。

蔵のあるお屋敷。
お庭が素敵で雀ちゃんが水浴びにきてました。

完全個室。
お料理は薄味で絶品。
何よりおもてなしが心地よい。

午後のひととき。
小旅行に来たような気持ちになりました。


■倉又
































[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1478482177
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/893
秋の味覚と新潟
 テーマ [ガス抜き]
2016年10月27日
10月の梅堂さん。
松茸の土瓶蒸しに「日本に生まれて良かった〜」









梅堂さんに常連のお客様Iさんがご夫婦で来られていてお互いビックリ。
だんな様が新潟の方。
思わず「日本酒八海山!」と言ったら「よほどお酒お好きですね」と笑われた。

実は・・私は東京人だとずっと思っていました。
父が亡くなって原戸籍まで取り寄せてビックリ仰天!
おじいちゃんが新潟の直江津の人でした。
あの上杉謙信、直江兼継のところ。

今まで全く意識になかった新潟が急に身近に。

そうなんや〜私は新潟県人か〜と思っていたらまだ続きがありました。

私の先祖は長崎から直江津に移ってきた水軍だそうで。

平家対源氏の壇ノ浦の戦いで勝った源氏に味方した水軍が村上水軍。
私の先祖の水軍は平家に味方して破れ、生き残った者が新潟の直江津に逃れ、そこで代々暮らしたそうです。

エッ?? 私は長崎県人???。

父の死によって、がぜん身近になった新潟と長崎。

だからIさんのだんな様とも同じ血が流れています(笑)。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1477545946
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/873
8月の思い出
 テーマ [ガス抜き]
2016年9月2日
オリンピックと高校野球。
暑い熱い8月が終りました。

父の命日が8月。
父の供養に毎年、奈良の燈花会に出かけています。
今年も8月初旬、夜の施術が突然キャンセルになって夕方奈良へ。


せっかくなので興福寺へ。
日光月光を見て、クーラーのきいた資料館で久しぶりに阿修羅像とじっくり対面しました。



猿沢の池のほとりの店で生姜サワー。
燈花会の点灯を見て「一客一灯」を済ませて。

ぞくぞくと人が押し寄せるのと反対に奈良駅へ、帰途につきました。

心が浄化されました。
燈花会は私の大切な夏の儀式です。

夕暮れの奈良はほんといい。

















しゃがんでじっと見つめても微動だにしない。
かっちょいい。突然喋るなよ〜(笑)












父の供養に『一客一灯』を。500円。
好きな場所に置けます。松の木の下に。
散華がもらえます。















[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1472776993
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/800
桜と熊
 テーマ [ガス抜き]
2016年7月23日
昨夜洗濯待ちの間に見た2つの録画番組。

◉小さな旅 〜埼玉県幸手市の堤〜
1kgにも及ぶ桜と菜の花。
戦時中はこの桜の木全てが切り倒され燃料になった。
戦後、市民が少しずつお金を出し合い元の姿に復興。

菜の花も桜と同じ時期に咲くように地元のおじさん達が育てている。

震災前にここに寄贈された福島県富岡町の桜。
原発事故で避難生活をしている人達が、毎年ふるさとの桜の下に集まり、飲んで食べて笑って泣く。

たまらない美しさとたまらない切なさ。
深夜にボロ泣きでした。










◉地球ドラマチック 〜こぐま物語〜
今年も日本のみならず世界各国で熊の駆除が行われている。
母グマが死ぬと子グマは生きていけない。

チェコの手つかずの自然が残る山脈で、お母さんが殺されて死ぬしかなかった双子の子グマ。
幸運にも生態調査のため熊の研究者のおじさんに育てられ、野生に戻されるまでの日々を追った海外のドキュメンタリー。

森の怖さも、泳ぎも、食べる術も、全ておじさんが教える。

おじさんがいなくなると火がついたように泣いて半狂乱になって探し回った子グマ達が、
だんだん自然の一つ一つを覚え、体験しているうちに自分達で生きる野生が芽生えてくる。

最後はおじさんに目もくれなくなり、双子だけで生きる選択をし、去ってゆく。

動物に感謝も思慕も期待してはいけない。
おじさんもその事をよくわかっていて
あっさりと笑顔でサヨナラ〜。








(この日曜深夜0時から再放送)
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1469232155
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/753
打ち上げ
 テーマ [ガス抜き]
2016年7月22日
昨晩くみこさんと梅堂でお話会の打ち上げをしました。

お休みをとっていたところに全て予約が入り
今週も来週も詰まったので今日。
7時前に仕事終わって急いで着替えて遅遅に行ってきました。

スカートはくのはこの時だけ。
出張先のお母さんに頂いた綺麗な水玉のスカートを着て行きました。

くみこさんから「皆さんどれだけ喜んでたか!ありがとうね」と。
私の方にも「お話を聞かなかったらと思うとゾッとします」とメールが来ました。
サロンの方でもどんどんお伝えしていこうと思います。

梅堂は2年通っていますが
相変わらず「今夜もヤラレタ〜〜!」と。

宝石ハタの刺身や
冬瓜の海老いこみあんかけなど
家庭では難しい出汁と旬の味が心にも身体にも喜びをくれました。

**********






























今月のご飯は鱧と枝豆でした。
自家製桃のみつ豆。

くみこさんとからだやこころの話ばかりしてました(笑)。

料理人の手仕事。
美しく繊細。
素晴らしい手仕事です。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1469149091
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/750
ふらり京都
 テーマ [ガス抜き]
2016年5月24日
◉ 5月24日 火曜日

一日予約がなくお休みにしました。
GW明けから銭湯に行けてないので
ふらり、京都の銭湯に入りに行きました。

お供の本

銭湯の前に疎水を歩いて動物園へ。









まだ1歳10ヶ月のジャガーのアサヒ君。
半年前に天王寺動物園から京都に来ました。
天王寺では双子で生まれたココちゃんと無邪気に遊んでいたのに
同じところを行ったり来たりウロウロするだけの常同行動。
顔も変わっていて悲しくなりました。





ハヤブサ





犬の原種「ヤブイヌ」。
地球に人間よりもずっと前の一千万年前から生きています。
日本ではここ京都でしか見られません。
パパヤさんとデンマル君の赤ちゃんも元気いっぱい。










京都市動物園はこじんまりとまとまっていて回りやすい。
設備は新しく、木々も多く、とても気持ちよく過ごせます。

動物園から今出川まで歩いてお昼。
私ひとり。静かな店内。



バスで西陣の船岡温泉へ。
玄関は工事中。中は撮影禁止。


100年前は宿屋だったから立派な欄間など文化財並みのしつらえです。
檜の露天で30分居眠り。
2時間もお風呂場にいました。
風呂上がりの肌に夕方の風は心地いい。

しばしこの街の住人になろう。

銭湯から出て老舗のパン屋でパン買って
近所の食堂で沖縄料理。
まだ5時。また店内私ひとり。
大根と鶏肉煮と人参しりしりなどがついた定食が580円。
これに味付玉子と冷奴を追加しても880円。
安い! お腹いっぱい!







ガロで珈琲



西陣の中を抜けて今出川通りまで歩いてバス。
出町柳の柳月堂でくるみパンを買って京阪に。

"ひとり"を満喫。誰とも話さず。
ずっとほおけてました。
このひとりの時間がまた新たな力をくれます。



突然夕方問い合わせの近所の方。
今夜しか空いてないので夜の9時から服を着たまま60分。
ナイター聞きながらスマホいじって待ってます。
くるみパン一つあげよう。(^-^)
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1464093905
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/675
back next