スペインの空の下から
 テーマ [紹介]
2017年5月17日
5月17日(水曜)

生駒山の麓の出張施術会に向かっています。
晴れてるから枚岡駅辺りの市内一望の景色が楽しみです。

月曜は箕面から戻って出張とフル。

昨日は午前中出張で、午後はスペインから陶芸家のゆきこさんが来てくれました。
スペイン在住四半世紀になるゆきこさん。

スペインだけでなく、ヨーロッパで様々な工芸や芸術の賞を取られて活躍されてる陶芸家です。


東日本大震災のときは、ジャン・レノさんやゴルチェさんなど名だたる人たちの協力を得て「福島起きあがりこぼしプロジェクト」もお手伝いされました。
http://this_is_LINK_click_to_go/


年に一度日本でお仕事があり、そのたびにホテルにチェックインされてからいつも真っ先にここに来てくれます。
もう7年。

うみがめつうしんもスペインに送っているし、たまにメールでお話しているのでお久しぶりな感じがしません(笑)。

今回来日前にスペインの国が定めるプロダクトの賞を受賞されました。

ヨーロッパの様々な美術館のショップでゆきこさんの作品が売られています。
ということはかなりお忙しい。

引きこもりで作陶する日々。

お疲れ様の身体をしっかりみっちりほぐして流しました。
ぐっすり寝てもらいました。

ヨーロッパ各地でのお仕事が忙しくなり、
もうなかなか日本には来れないかも、と聞いて少し寂しいけれど、ゆきこさんの活躍を日本からずっと応援しておこうと思います。

来年もまた会えると思ってたから
身体を触りながらちょっとウルッときました。

***************

今回は日本ではなかなか買えない彼女の日常使いの作品を買わせてもらいました。

●コップ
(繊細に見えて食洗機も大丈夫だそう)




●ホッキョクグマ
(毎日お花を一輪飾ろう)




●高田賢三さんと仲良しで、KENZO財団に100個寄付した鳩のブローチ。
(これはゆきこさんからのプレゼント)


賢三さんもつけてくれてるそうで、賢三さんとお揃いやん〜と盛り上がってました(笑))

広島やチェルノブイリのための鳩。
「さあ飛ぶぞ!!」と言わんばかりの鳩さんです。

*****************

同じ手仕事だけれど私は何も生み出さない。
けれど、こねたり押したりねじったりして、土や身体の形を変えていくのは同じ。

ゆきこさんの手が作るもの。
それは
ゆきこさんの柔らかくてしなやかでたくましい生き方が作るもの。

お互いに元気でいましょう。
こころもからだも。

またいつか必ず会いましょうね。
8年いつも来てくれたから、今度は私がスペインに行って按摩します。旦那様のギギさんも!

***************

名残惜しく日本料理を二人で食べました。(梅堂にて)

アワビや、初鰹や、うすい豆の汁や、新じゃがや、新茶の茶葉や、鮎や。。。

季節の色と味と香り。

スペインの人だけど日本人。
日本のことも日本の良さもずっと忘れないでね。













******************


■スペインの空の下で
http://this_is_LINK_click_to_go/

■Taller Kúu
http://this_is_LINK_click_to_go/

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1494987420
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/1099
楽しみなテレビ
 テーマ [紹介]
2017年5月6日
来週はNHKで楽しみな番組が続きます。

*****************

■世界ふれあい街歩き
〜ハワイ ハレイワ〜
<BSプレミアム
5月9日(火) 午後8時00分
http://this_is_LINK_click_to_go/

サーフボードの職人さんやフラの習得に励む少女たち。
ハワイの清清しい空と海と風。

*********************

■失われた色を求めて
 〜植物染め・伝統100色を今の世に〜
 <BSプレミアム
5月10日(水) 午後8時00分(90分>
http://this_is_LINK_click_to_go/

大昔、京都・市原の川島織物で、糸を草木で染めて機で着物を織る講習に半年間通いました。
その時に草木染を教えてもらったのが志村ふくみさんの一番弟子、大山先生でした。
先生が尊敬してやまないとおっしゃってたのがこの吉岡さん。

父のガンで途中で辞めましたが、あのまま染織を続けていたらどんな人生が待っていたのだろう、と思います。

一度生徒みんなでお邪魔した吉岡さんの工房。
静かな方でしたが、色に対する情熱は凄く熱い方でした。
「なんとか残していかなあかん」と強い口調でおっしゃってました。

こうして吉岡さんがNHKに取り上げられること、それが千年前の日本の再発見につながればいいなと思います。

*********************

■みおつくし料理帖
 <総合 5/13(土) 18:05〜 全8回>
http://this_is_LINK_click_to_go/

高田郁さんの全10巻の小説。
(3度読んで3度泣いた)
とうとうNHKでドラマ化。

翁屋の主はピッタリ!采女もピッタリ。
種市も。又次もまあまあ。
小松原さんは以外!どんな小松原になるのか。

****************

■京都人の密かな愉しみ 
最終話 「桜散る」
 <BSプレミアム
5月13日(土) 午後9時00分(120分)>
http://this_is_LINK_click_to_go/

これまでを全て見たので最後か、と少し寂しい。
きれいにきれいに丁寧に丁寧に作られている。
浮世のような、不思議なドラマ。

こういう世界観は未来の日本からはもう消えているのかもしれない。
美しさ。たおやかさ。奥ゆかしさ。はんなり。

ちょっと現実離れをしたいときに良い番組。
京都に行きたくなります。

*****************

うちはBS見れないので、ふせってる妹に頼んで録画してもらいます。
ほんまに楽しみ〜^ー^

24時間何度もご飯を運び続ける親のほうが小さい(笑)

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1494061762
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/1089
熊本地震から一年
 テーマ [紹介]
2017年4月21日
熊本で地震が起こったあの日。
動物園はどんな様子だったのか。

あの日から懸命に奮闘されてきたスタッフさん達。
また動物園を訪れたいです。

◆動物だよりvol.189〜熊本地震発生から1年〜
http://this_is_LINK_click_to_go/

*******************

◆とりもどそう 熊本の魅力を
http://this_is_LINK_click_to_go/

*******************

◆Green boys(この歌いいなー)
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1492704028
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/1073
トリーノ / 2017 Spring
 テーマ [紹介]
2017年4月10日
年に4回届く季刊紙「トリーノ」。



この冊子が好きで日本野鳥の会に長年入っているのかも

藤原新也さんや星野道夫さんの写真や文章など
毎回珈琲のみながらゆっくり読みます

ムウアロハは賛助団体になっていて、100部送ってもらっています
サロンに置いてますので何冊でもお持ち帰りください










利権を巡って放つ空爆や化学兵器は
人間とともに野性動物や鳥や木々や花も殺します

昔は恐竜に食べられていた哺乳類の一種、人間
驚きのスピードで脳を進化させました

智恵と力を得て軌跡の星、地球を支配しています

日本の春の季語「のどか」。
自然や他の生物と共にのどかには暮らせないのでしょうか

春は渡りの季節

北海道苫小牧に生息するオオジシギ
兵器を造る能力はなくても
オーストラリアまで太平洋上を飛び続けます

その間一度も陸地に降りずに飛び続けていることがわかりました

その後電波が途絶えたのでオーストラリアの手前で命を落としたと思われます

絶滅の危機に直面しているオオジシギ

世界で初めて日本の調査で証明された太平洋ノンストップという渡りルート
(このプロジェクトはお一人の故人の遺贈でなされています)




http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1491785504
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/1064
●熊本から何度も取り寄せているもの
 テーマ [紹介]
2017年4月4日
11月の末、6日間の熊本のほほんひとり旅。
現地で何気なく買って帰ったものが驚く美味しさで。。。

帰ってから何度も取り寄せているものが3つあります。

いや〜これはみんなにも味わってもらいたい。
サロンでも販売しようかなーと思っています。

****************

●球磨川沿い、あさぎり町の朝霧で育った無農薬の紫蘇ジュース

200mlに紫蘇の葉が40枚も入っています。


赤と青の二種。
栄養価を求めるなら、青。
薬効成分を求めるなら、赤。

紫蘇の成分はアレルギーに効果が認められています。

高ポリフェノールなのでガン予防にも。

岩本さんがお母さんと奥様とで作られています。
球磨郡あさぎり町免田東1742-11
(0966) 45-0258


◎球磨川鉄道の終点、湯前駅の売店で喉が乾いて買いました。
あまりの美味しさにびっくり。
体内の酸化防止にこれは良い、と毎日少しずつ飲んでいます。
20本ずつ、もう3回頼みました。

**************

●球磨郡湯前町のモチムギ



これも湯前駅の直売所で買った。
なぜ熊本で麦を買ったか。
びっくりするほど安かったのです。

無農薬のもち麦が500gも入って、なんと350円。
(こっちで無農薬のん150gで650円で買ってた)

しかも出来立て。


袋に書いてる言葉がいいなー
「もちもち ぷりぷり食感
もち麦 ビタミンたっぷり」

白米に少し混ぜて炊いてます(水多め)
ほんとうに美味しいもち麦なんです。

******************

●日奈久温泉のニッケ玉

家族で営む和菓子屋さんが手作りしているニッキの飴。
*原材料; 砂糖、水飴、天然桂皮油 のみ

袋のビジュアル、口の輪ゴム。昭和だ〜。
(賞味期限 三ヶ月)




◎肥後オレンジ鉄道の日奈久温泉駅の小さな窓口に、ざるで売られていました。
喉が痛かったので買ってみました。
ちょっと辛いくらいのニッキ(シナモン)で、なめてると喉の痛みがなくなってびっくり。

帰りに10個買って帰ってお土産で渡した方数人から「もうない?欲しい」「買いたい」と。ほんとびっくり。

例えば。。。
コバちゃんの娘さんはこの飴で長いこと辛かった咳が止まり、20袋欲しいと。

Hさんはこれをなめていると花粉症が出ない、友達にあげたら友達も花粉症の辛い症状が出ない、、、20袋欲しいと。

ニコのもっちさんからも3袋欲しいと。

Kさんは喉が弱くしょっちゅうイガイガと痛くなるのが、これなめてると痛くならない、、、10袋欲しいと。


直接和菓子屋さんに頼んでも老夫婦なので通販の対応が出来ないのです。
私は駅の事務員さんに頼んでみました。

事務員のお母さんにこうこうこうでどうしても欲しいと説明して、送ってもらえないか頼んでみました。

「あなたを信用して」と後払いで手間賃なしで送ってくださったのです。

今日4回目、40袋が届きました。

今回は飴と一緒に無農薬の甘夏とデコポンが大きな箱にどっさり。
(明日飴を20袋渡す方にみかんお裾分け)
温かいお手紙も。





ネット通販では決して得られない結び付きです。

何人ものお客様から再注文がくる
不思議な力をもつ飴。

日記に書いたら注文メールがたくさん来たので調べたら、通販ありました!
こちらで購入してください〜。
◆くまもとよかとこ屋
http://this_is_LINK_click_to_go/
(値段にびっくりしますよ笑)

****************

大量生産していない
そこに行かないと買えない
地元だけで消費する
丁寧にきちんと作られたもの

こういうもののエネルギーはいいですねー。
それを体内に入れるのは喜びです。

****************

もひとつ楽しい紹介。

東京のロミロミスト、コバちゃんの娘さんは、
私が生まれ育った東京葛飾で旦那様と紙芝居をしています。

Sちゃん、ほんっといい子なんです。大好き!
Sちゃんの紙芝居、めっちゃいいやろなー!
楽しい場面が思い浮かびます。

東京に行ったらぜひとも観賞したいです!

■○○一座
http://this_is_LINK_click_to_go/

ゆきすけに泣いてしまいました
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1491234180
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/1057
来週の「72時間」
 テーマ [紹介]
2017年3月4日
来週の「72時間」は熊本市動植物園です

私もゆっくりとキリンの親子を見た散歩道が舞台です

お父さんお母さんお兄ちゃん、そして閉園中にひっそり生れた赤ちゃん

夕暮れの江津湖の素晴らしかったこと

来週金曜夜
良かったらぜひ見てください

■72時間
http://this_is_LINK_click_to_go/




江津湖からは象の夫婦も見えました










(2016,12,1撮影)


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1488585268
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/1027
今日から部分開園
 テーマ [紹介]
2017年2月25日
2/25、地震で大きな被害を受けた熊本市動植物園が今日から部分開園します。

部分開園だけでも長くかかりました。

快晴でほんまに良かった
たくさんの人が訪れるといいなあ

ずっと楽しみにチェックしている飼育員さんのブログ。
書いていない大変なことがたくさんあるのだろうと想像しながら読んでいます。

■熊本市動植物園 飼育日記
http://this_is_LINK_click_to_go/







(12/1撮影)
********************

■「移住前夜 宮本武蔵」
http://this_is_LINK_click_to_go/

俳優の宇梶剛士さん演じる熊本プロモーションムービー。(4分余)

剣豪、宮本武蔵。
戦いに明け暮れた人生の晩年は
肥後藩細川家の庇護を受け、穏やかに暮らしました。

武蔵が剣術の奥義や生き方を著した「五輪書」。
今も語り継がれるこの兵法書は、熊本で書かれました。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1487984828
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/1016
淡路屋さんが
 テーマ [紹介]
2017年2月22日
大好きな淡路屋さんが、くまモンを登場させてくれたぁー!!
うれしいわー\(^o^)/
http://this_is_LINK_click_to_go/

この方、ほんまに好きやわあ
長年の隠れファンです(笑)

申告終わったら久しぶりにクレープ食べに行こう。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1487691535
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/1012
今夜の家族に乾杯と忠臣蔵の恋
 テーマ [紹介]
2017年2月13日
2月13日(月曜)
今夜の家族に乾杯は、武井咲で赤穂です。

土曜の夕方6時からのNHK時代劇
「忠臣蔵の恋」。(武井咲主演)

http://this_is_LINK_click_to_go/

深夜に一杯やりながら毎回録画で見ています。

初めはせいせいするほど愛してるを引っ張ってる江戸時代の恋ドラマだったのが、
武井咲の演技がだんだん凄みを増してきて
心の底からの言葉や涙に見入りました。

四十七士の一人、磯貝十郎佐衛門と恋仲になり結婚の約束をしたとたんに松の廊下刃傷事件が起こり赤穂藩が断絶。
討ち入り前にたった一晩だけ夫婦になるシーンは、切なくて泣きました。

正月明けからは第二部。
舞台は江戸城。

浪士たちが切腹したあと、武井咲演じるきよは、様々な思惑の中、江戸城に入りお殿様に見初められます。

明るい町娘から将軍の側室(左京の方)へ。
きよの表情や威厳が凄みを増してきます。

せいせいするほどでは笑いこけてた武井咲の演技に今回は驚くばかり。

あと2回。
きよは女の身で、女だからこそ出来る方法で、大きな忠義を果たすことになります。
四十八番目の浪士として。


お殿様と初めて床入りする前のきよ。
湯屋で身体を拭かれながら心でつぶやく。
「十郎佐様ごめんなさい。きよは生まれ変わります。」



***************

武井咲が特番で磯貝家の子孫を訪ねて、
十郎佐衛門が切腹した際に身に着けていたふんどしを見せてもらいます。

「十郎佐様。。。」と愛おしそうに触っていました(笑)



吉良を見つけた時に吹く十郎佐の笛
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1486945219
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/1002
今日から
 テーマ [紹介]
2017年2月7日
缶コーヒー、ボスの新CMが流れます。
http://this_is_LINK_click_to_go/

総集編も面白い
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1486393279
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/992
大阪駅を通られることがあれば
 テーマ [紹介]
2017年2月4日
お世話になってるマンマンデーさんから素敵な情報を頂きました。

◆2/4(土)〜2/12(日)

大阪駅を通られることがあれば
ぜひ立ち寄ってみてください〜〜\(^o^)/

http://this_is_LINK_click_to_go/

来週、出張の帰りに寄ってみます!
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1486198374
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/991
春はセンバツから
 テーマ [紹介]
2017年1月28日
代表校が決まりました。
夜の施術が終ってゆっくりじっくりチェック。

★21世紀枠
*40年前の1977年春の準優勝以来の出場となる高知、四万十川の中村高校、
*部員わずか10人の不来方、
*練習場所の確保の困難を乗り越えた多治見

この他、史上3校目の春連覇を狙う智弁学園、
夏春連覇を目指す作新学院、
清宮を擁する早稲田実など、
今年も楽しみな顔ぶれとなりました。


▼第89回選抜高校野球大会・出場校

<北海道>1
 札幌第一(北海道・2年連続2回目)◇


<東北>2
 盛岡大付(岩手・4年ぶり4回目)★
 仙台育英(宮城・2年ぶり12回目)◇○


<関東>4
 作新学院(栃木・5年ぶり10回目)★◇◎昨夏優勝
 前橋育英(群馬・6年ぶり2回目)★
 健大高崎(群馬・2年ぶり3回目)
 東海大市原望洋(千葉・7年ぶり2回目)


<東京>2
 早稲田実(4年ぶり21回目)◇◎
 日大三(6年ぶり19回目)◎


<東海>2
 静岡(静岡・2年ぶり16回目)◇
 至学館(愛知・初出場)


<北信越>2
 高岡商(富山・7年ぶり5回目)
 福井工大福井(福井・2年連続5回目)◇


<近畿>6+神宮大会枠1
 滋賀学園(滋賀・2年連続2回目)昨春ベスト8
 履正社(大阪・3年ぶり7回目)★◇○神宮優勝
 大阪桐蔭(大阪・3年連続9回目)◎
 神戸国際大付(兵庫・7年ぶり4回目)
 報徳学園(兵庫・3年ぶり21回目)◎
 智弁学園(奈良・2年連続11回目)★◎昨春優勝
 高田商(奈良・23年ぶり3回目)


<中国>3
 創志学園(岡山・2年連続3回目)★
 市呉(広島・春夏通じて初出場)
 宇部鴻城(山口・2年ぶり3回目)◇


<四国>2
 帝京五(愛媛・48年ぶり2回目)
 明徳義塾(高知・2年連続17回目)★◇昨夏ベスト4


<九州>4
 福岡大大濠(福岡・26年ぶり4回目)◇
 東海大福岡(福岡・32年ぶり2回目)
 熊本工(熊本・10年ぶり21回目)
 秀岳館(熊本・2年連続3回目)★昨春ベスト4、昨夏ベスト4


<21世紀枠>3
 不来方(岩手・春夏通じて初出場)
 多治見(岐阜・春夏通じて初出場)
 中村(高知・40年ぶり2回目)○

*****************

連続出場:8校(最長連続…大阪桐蔭:3年)
再出場:20校(最長間隔…帝京五:48年)
初出場:4校(うち春夏通じて初出場:3校)
夏春連続出場(★印):8校
最多出場:早稲田実・報徳学園・熊本工…21回
秋季地区大会優勝校(◇印)
春優勝経験校(◎印):6校
春準優勝経験校(○印・優勝経験校を除く):3校


■21世紀枠
 過疎や部員不足などの困難を克服したり、地域の活性化に貢献した学校に出場の機会を与えるのが目的。
原則として前年の秋季都道府県大会ベスト16(128校以上参加の同大会はベスト32)以上、
春夏の甲子園出場が長期に渡って遠ざかっている高校が対象。

■神宮大会枠
秋季大会各地区の優勝校10校が集まって、前年11月に開かれる「明治神宮大会」の優勝校が所属する地区に、1つの枠を割り当てる。今大会は履正社が優勝したので、近畿地区に与えられる。

出場を決めた32校の選手のみなさん、おめでとうございます!
本番まで約2ヵ月、さらにチームを鍛えて甲子園の舞台に臨んで下さい!
組み合わせ抽選は3月10日、
開幕は3月19日です!
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1485531445
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/985
淡路屋さん
 テーマ [紹介]
2017年1月17日
神戸・和田岬の大好きな駄菓子屋さん。
この店主さんの日記がたまらなく好きで
ちょくちょくチェックして、そのたんびにほんわか気分になっています。

『神戸ノート』も気になるし
嵐ファンが群がる『ノイゲーム』も気になる。

久しぶりに行ってみたいなあ。

 ■淡路屋ブログ
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1484579281
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/973
熊本ワイン
 テーマ [紹介]
2016年12月29日
夜の施術前。ちょっとひと息。

熊本のワイン、フランスでも認められたら嬉しいね

http://this_is_LINK_click_to_go/
(5分30秒)

◆熊本ワイン
http://this_is_LINK_click_to_go/

毎年行なわれている国際ワインコンクール。
世界中のワインがこのコンペディションにエントリーします。
その中で熊本ワインの「マスカットベリーA」「マスカットベリーA樽熟成2012」が"銀賞"に輝き、
「菊鹿セレクション五郎丸 シャルドネ樽発酵2013」が"銅賞"、
「ナイアガラ」が"奨励賞"を受賞しました。

”樽熟成””樽発酵”って気になる・・・飲んでみたいな〜

********************

朝の施術がだんな様の発熱で今朝突然キャンセルに。
問い合わせをお断りした方に連絡しましたが来れず、ポッカリ空いた5時間。
やることは一つです。【大掃除】。

台所をすみからすみまで全部片付けたらゴミ袋4つに。
スッキリ!

昔買った布で台所の窓のカーテンをざくざく手縫い。

「針と糸」。
これもそのうち消滅してしまうのでしょう。

ちくちくちくちく。とても良い時間。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1483004877
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/953
内蔵助という男。
 テーマ [紹介]
2016年12月15日
今日12月14日は、314年前に赤穂浪士が吉良邸に討ち入った日。

その暗殺集団のリーダーが言わずと知れた大石内蔵助。

小学4年のとき、好きな男性を発表することがあり
周りは西城秀樹や郷ひろみや長島茂雄の中、私は大石内蔵助と子連れ狼の萬屋錦之介でした。

今でも内蔵助は理想の男性像NO.1です。

内蔵助に似ているのは「必殺仕事人の中村主水」あるいは「007のジェームス・ボンド」でしょうか。
いや、「課長 島耕作」が一番近いでしょうか。

ひょうひょうとしていて、女好き。遊び好き。
表面は柔和、その実は豪腕。
大胆かつ緻密で抜かりない。
やる時はやる。


18歳で赤穂藩の名家老、祖父の大石良鉄が死亡、孫の内蔵助が3年の家老見習いを経て、21歳の若さで赤穂藩の筆頭家老に。

寝てるのか起きてるのかわからない”昼行灯”と呼ばれながらも、裏では塩の取引で大阪商人を手名付け圧倒し、赤穂に莫大な利益をもたらす。

そのまま何事もなければ昼行灯のまま一生を終るはずだったが、松の廊下の大事件が起こったことにより、昼行灯の裏に隠れていた”やり手”の内蔵助が露出。
1年9ヶ月の艱難辛苦の末に、300年先にも語り継がれるあだ討ちを成功させることになる。


めちゃめちゃ女好き。
伏見の遊郭に通うのは吉良の目を欺くため・・・映画やドラマでいつもそう描かれるが、
いやいやそうではなく、ほんまに遊郭で楽しんでいた事実が絵や掛け軸に残されている。
それも敷居の高い店でなく、身分の低い町娘のいる遊郭が好みだった。

人の良い内蔵助は女郎からも店主からも大層人気だったと記録に残っている。
亡くなった女郎たちの弔いをきちんとしてあげた記録もある。

いすれ死にゆく我が身。
遊ばいでかっ!と周りに話していたそう(笑)。


赤穂藩が取り潰しになったときに残された400両(今の8千万)を筆頭家老の内蔵助が一人で引き受け、浅野家再興の資金に、自分も含めて浪士全員の生活資金に、討ち入りの資金などに充てた。

その収支決算帳(「預置候金銀請払帳」)は今も残されており、あまりの緻密さに研究者も驚いている。
(結局討ち入りに7両足りず、自腹で埋め合わせしている)


16歳の長男が討ち入りに参加することを望んだとき、
息子の成長に目を細めながらも、
この若さで死なせる前に男としての悦びを経験させるために遊郭へ連れて行った。


塩の取引で世話になった大阪商人との絆を変わりなく深め、武具や刀をタダ同然に与えてもらった内蔵助の人望。

討ち入りの予算を200両と算段している。
一人4両(80万円)。
鎧、兜、刀、槍、火消装束など総額300万はかかるところを80万で揃えさせてもらえたのは大阪商人のお陰。
(のちに天満屋など討ち入りに加担した商人は打首に)


吉良憎しだけのあだ討ちにはあらず、
賄賂が横行し、歪んだ世の中にしている将軍綱吉や側用人柳沢吉保の幕政への戒めも含めた決起だ、とはっきり言っている内蔵助。


討ち入り時の覚書「人々心覚」を内蔵助が定めた。
武器、装束、所持品、合言葉、吉良の首の処置など事細かに。


130人を様々な策で精鋭46人にまで絞った内蔵助の手腕。

ようは現代にもいる、やり手のおもろいスケベなオッサンなのだ。

そんな内蔵助の人柄を最もよく表しているのが「辞世の句」なのです。

内蔵助が切腹した場所は、肥後・熊本藩の屋敷。

2ヶ月間浪士たちを預かった肥後の家老のみならず下働きの者でさえ、
浪士たちの、特に内蔵助のファンになり、切腹の朝は全員涙で見送ったと記録されている。


◆「あら楽し 思ひは晴るる 身は捨つる 浮世の月に かかる雲なし」

「あーあ、終った終ったやり終えた〜〜 思い残すことはなにひとつ無し〜〜」ってな感じでしょうか(笑)


◆「極楽の 道はひとすぢ 君ともに 阿弥陀をそへて 四十八人」

討ち入りをした四十七人に主君長矩を足した四十八人で、あの世へと向かう。
死を目の前に落ち着いた雰囲気を感じます。

こちらが切腹する日の朝の辞世の句だとされています。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1481728944
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/937
next