くまモンとPepperと絵本
 テーマ [本・映画]
2017年2月20日
AIの反応が・・(笑)
http://this_is_LINK_click_to_go/

*******************

震災の半年前に南阿蘇村で一冊の絵本が生まれていました。

 ■『くまモンとブルービーのなかまたち』
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1487596639
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/1009
映画「ちょき」
 テーマ [本・映画]
2017年2月9日
先週、インフル熱で突然キャンセルになりぽっかり空いた午後。
九条のシネヌーヴォで映画を観ました。

■ちょき

http://this_is_LINK_click_to_go/

和歌山市が舞台。

書道家の妻を亡くした美容師の男性と
妻が我が子のように可愛がっていた女の子の小さな小さなお話。

美容師の吉沢悠の押さえた演技が素晴らしい。
少女役の演技も思わず感情移入してしまう。

古いおうちでのシンプルな暮らし。
毎朝ドリップで美味しい珈琲をたっぷり淹れて
ポットに詰めて美容室へ。

LP盤のレコードを聴きながらお客様とゆっくり飲む珈琲。

なんでもない話なんだけど、
少女の澄んだ瞳とまっすぐな気持ち。
少女を大切に想う男性の温かい心。

終わってもぼぉっとしてしまいました。
数人いた他のお客様もしばらく席を立たずでした。

音楽を担当した、おおはた雄一のアルバムも聴いてみたいと思いました。

***************

この映画館で観た数々の映画は
どれも数人で観た小さな映画なんだけど、
どれも全て心に残り、今も時々ふっと思い出します。

特に心に残っている作品
「うつくしいひと」
「湯の里ひじおり」
「スウィングマン」
「しっぽ」
「珈琲物語」
「放射能とともに-福島とチェルノブイリ-」
「いのちの林檎」
「牛の鈴音」


小さな映画館が危機という記事を観ました。
「この世界の片隅に」を赤字覚悟で最初に上映してくれたのは、全国60の小さな映画館でした。

シネヌーヴォは歩いても行けるので会員になろうかと思っています。


■シネヌーヴォ
http://this_is_LINK_click_to_go/

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1486600308
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/995
ゆるい生活
 テーマ [本・映画]
2017年1月16日


土曜の午後に来られた方に借りていた本。

群さんがどうにもならない身体の不調を
素晴らしい漢方の先生に出会って改善して行く過程を克明に告げている本。

めちゃめちゃ面白かった。
先生のひと言ひと言になるほど、と納得させられること多し。

いちいちメモしてたけど時間切れで返却。

東洋医学は奥が深い。
なにせ身体全体だけではなく、
住んでる土地、地域、国、果ては宇宙まで。
暮らしかたや仕事、季節、感情の出し方、感覚の多用さまで。

自分の暮らしも見直さなあかんのかなーとふと思った本でした。

図書館で借りました。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1484550894
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/972
シンゴジラのロケ地探訪
 テーマ [本・映画]
2017年1月2日
痛快だったシンゴジラ。
この記事なかなか面白くて

もう一度見に行きたくなりました。

http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1483338569
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/958
トリに『シンゴジラ』
 テーマ [本・映画]
2016年12月31日
12月30日。
フル、クリニカルショートを2人連続して夜の7時に御用納めとなりました。

フルの方に自家製味噌を頂く。(毎回)
この方の味噌ほんっと美味しくて、お湯だけで溶かしてスープで飲んでも美味しいのです。



洗いました。
まつぼっくり 

ハイジのしろとゆきちゃん 


本当は夜の9時から近所の方のさくっと按摩が入ってたけど昨日新年に変更に。

個人的な忘年会を一度もしてなかったので、なんだかパァ〜〜〜っと遊びに行きたくなり
裏難波にでも飲みに行こうか、、いや映画を観に行こう!

調べたら夏からずーーーっと観たかったけど観に行けず諦めていた「シンゴジラ」が大阪駅でレイトショーでやってる!!!
速攻ネットで座席を取りました。


取っといて良かったのです。
なんと、満席でした。
7月に公開、3月にDVDが発売されるというのに。

***********************

■シンゴジラ
http://this_is_LINK_click_to_go/

完全娯楽映画でした。
いや〜〜〜面白かった〜〜〜〜

何が一番面白かったかって
結構長い時間をとっていた政治家や官僚のグズグズゴタゴタな会話。
(監督はこれを主にしたかったの?)

甘利さんソックリさんがいたり、
余貴美子の防衛大臣が小池百合子に見えて仕方なかったり(笑)

東日本大震災や原発事故のときもこんな感じだったんだろうなあって。

縦割り。命令ルートを全て踏まないと動けない。
国を動かす最終判断は総理。

もひとつ面白かったのは自衛隊が完全協力しているから
陸海空のほんものの戦闘機の攻撃が超リアルだった。

実際、有事になったらこれと同じミサイルが発射されるんだ・・と思いながら観てました。

米軍とのやりとりもリアルでした。
NYにゴジラが現れても同じことをやる、のセリフが良かった。

当のゴジラは・・・今回のゴジラは心が見えなかった。
ただ暴れてやっつけられて終わり。
今までのゴジラはどこか心があって主義主張が感じられたのに、今回はなかった。
ただの放射能を撒き散らす怪獣でした。

ズタズタに壊されてゆく東京都心。
身体中から炎を放射能を撒き散らすゴジラ。
物凄い迫力で、始終胸が圧迫されていました。
これは大画面で観て良かったなと思いました。

出演者のラストに「野村萬斎」とあって
エッ、萬斎さんどこで出てきた???って思ったら・・・
ゴジラでした(笑)

とにかく痛快でした。
一年の終わりにゴジラ!
映画館を出てもなぜかプププと笑いがこみ上げてきて。

他に観た人いれば感想を交わしたいです(笑)。

終わりは11時。
大阪ステーションシネマの外は大阪の夜景。
ファミマのお茶を飲みながら夜風が心地いい。


帰り道、ゴジラのテーマ曲が頭から離れなかったのは言うまでもありません。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1483111229
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/954
スケッチブック
 テーマ [本・映画]
2016年11月15日
映画のパンフレットは
すずさんのスケッチブックをイメージしてるそうです。

観た人がそれぞれ自分の想いの色で描けば。







◎映画館情報
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1479198886
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/904
この世界の片隅に
 テーマ [本・映画]
2016年11月14日
日曜日の朝、妹の車で万博の映画館へ。
9:45からの映画を観てきました。

■この世界の片隅に
http://this_is_LINK_click_to_go/

この感動。
なんと言ったらいいのでしょう。

アニメ映画で観たあとこんな気持ちになるのは初めてでした。

宮崎駿作品とはまた違った揺さぶりを受けました。

もう一度観たいです。


本の空気感そのままでした。
本を読みながら自分の頭の中で動いている映像が、そのまま映画になっていました。


戦時下の日本の街の片隅。
暮らしの様々が細かなディテールで描かれています。

戦時下の、日本の、小さな街の、普通の庶民の日々は、こんなだったのだと。

これまでいろんなドラマや映画で観てきた戦時下の暮らしですが
こんなにリアルに肌で感じたのは初めてでした。


主人公すずさんの優しさと強さ。
しなやかさ。面白さ。

わたしもすずさんのようになりたい。
嫌なことがあったらすずさんを思いだそう。


こんな毎日を経験した方たちがもうすぐこの日本からいなくなります。


「この作品を映画にしたい」
そんな人達の寄付だけで出来上がった作品。
(クラウドファンディング作品)

今の時代にこの作品に出会えたことが嬉しいです。

世界じゅうで観て欲しいな。

みなさんにもぜひ観てほしいと思います。

きっと心が今より少しだけ強くなりますよ。











◎こうして映画は作られました。
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1479084836
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/902
読書の秋
 テーマ [本・映画]
2016年10月27日
午前の出張施術でお父さんをほぐして帰りに図書館へ。

上原隆を3冊返してまた1冊借りてきました。
夜の施術まで読みふけり。

装飾も嘘もないありのままの人生。
ハウツー本や成功本とは真逆。
きれいな色で彩られた部分が一切ない。
心地よい衝撃と切なさ。

根っこの深いところから生きる力が沸いてきます。

久しぶりに読んだけどやっぱりいいなあ。
特に秋には。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1477551954
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/880
とわの恋『ハゲタカ』
 テーマ [本・映画]
2016年8月4日
7年前、NHKで全6回放送されたドラマ『ハゲタカ』。

銀行員時代の暗い過去を背負った鷲津。
アメリカから舞い戻り日本企業を次々と買収してゆく。
濃い内容の人間ドラマ。

もうハマりにハマって、
放送される土曜日が待ち遠しく、当時は土曜のために生きてた感じ(笑)。
本も全部読み、企業買収や経済用語についても少し勉強した。


世界各国で数々の賞を受賞したこのドラマは、その4年後という設定で映画化された。
ちょうど「派遣切り」「派遣村」が騒がれていた頃。

映画は施術でなかなか行けず、公開が延長されたラスト2週間で9回観た。
行ける時、行ける映画館全部行ったのです。

予告編飛ばして入るときに仲良くなったおじさんは、大企業の役員で秘書も連れていた。
私は5回目、おじさんは3回目(秘書も)だった。

観客はタマテツファン以外はほとんど男性。
どちらかというとドラマが好きなのも、ハゲタカに惹かれる理由も、おじさんと意見がほぼ一致していた。
(私はやはりオッサン、か)

「またゆっくりと」と、名刺をもらったけど連絡はしていない。
あのおじさんも今も時々DVD観ているのだろうか。。。

当時の日記はハゲタカの事ばかりでうざかったと思う。

サウンドトラックは聴きまくり、
ドラマも映画もDVDを購入してしばらくは観まくり。
映画版は時々30回以上観ている。


演じている大森南朋ではなく、主役の鷲津にとても惹かれた。
映画の最後で「この国はまだまだ捨てたもんじゃない」と言う柴田恭平演じる芝野にも。
(柴田恭平は肺癌手術直後の撮影)


今夜施術に来られたTさんの旦那様がハゲタカに夢中になったそうで、「旦那は映画を5回も観たんですよ〜」と。

映画のDVDを貸してあげようとしたら旦那様からメールで「良ければドラマ版全部を貸して欲しい」と。
もちろん喜んで貸しました!


そして・・・
私は映画版DVDを久しぶりにさっき観終わったのでした。

何でこんなに好きなんだろう。ハゲタカの世界観。
自分でも可笑しいくらいです。


ハゲタカ、もし好きな方がいて、久しぶりに観てみたいなあと思う方がいれば、DVD貸しますよ〜


■『ハゲタカ』
  ドラマ版予告に次いで、映画予告。
http://this_is_LINK_click_to_go/

◆主題歌『Riches I hold in light asteem(富は問題にならぬ)』
http://this_is_LINK_click_to_go/








[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1470238622
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/766
やっと読めます
 テーマ [本・映画]
2016年7月26日
からだのお話会が終わったら
ゆっくり読もうと思っていた漫画。

本屋さんでたまたま見つけて即買い。

昔、まだ思春期だった頃
陸奥さんの世界観が大大大好きだったのです。

ソフトボールで真っ黒黒に日焼けした顔で
陸奥A子、くらもちふさこ、槙村さとるなど
女の子のハートをくすぐる漫画を読みふけってました。

粉雪ポルカ、、、
懐かしくて泣きそう。…>_<…





ポケモンGOよりも、昔懐かしいものを欲するのは中年の証(笑)。

本の帯にはこう書かれていました。
『おとめチックフォーエバー』
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1469491858
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/757
天文学者たちの江戸時代
 テーマ [本・映画]
2016年7月24日
朝、実家で新聞開くと、
書評欄のトップに科学館の学芸員、嘉数さんの本が紹介されてました。

嘉数さんの講演会は何度か行ったことがあるのですが、
私達の先祖が当時の海外の天文学に引けを取らない、
いやそれを超える天才達が江戸の時代に何人も現れていたことを、
熱く面白おかしく話をされて、とても惹きつけられたのを思い出します。

とうとう本を出されたんだ。
これは読んでみたいと思います。

今から母と妹に一時間ずつマッサージです。




これも読んでみたい。
時間が取れれば日本の武術を学びたいと思っています。
一番習ってみたいのは、弓。
弓をされてるお客様が「弓は禅に通じます」とおっしゃってました。

これは図書館で借りよう。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1469316431
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/754
映画『うつくしいひと』
 テーマ [本・映画]
2016年6月8日



夜の施術前に九条のシネ・ヌーヴォへ。


39分の短い映画。

行定監督がディレクターを務めた「熊本菊池映画祭2016」で上映された後、期間限定で無料配信された映画。
しかしその後4月の熊本地震を受け、全国各地でチャリティ上映されています。

2階の小さな部屋。観客は8人でした。

観て良かった。想像以上でした。

地震が起こる前の熊本の美しい風景と切ない恋。

たった39分の映画の中に多くのものを内包していました。

後を引きました。
8人とも終ってもしばらく座っていました。

映画の最初に監督と高良健吾の挨拶があり、
二人とも強い口調で「この美しい熊本を必ず取り戻す」と。

去年の10月に撮影した美しい熊本。
殊に夕暮れの阿蘇は息を呑む美しさでした。

 ■うつくしいひと 
http://this_is_LINK_click_to_go/
 (くまモンもちょっぴり出演)
  6月10日(金)まで
  17:30〜18:10 / 1,000円

 ■シネ・ヌーヴォ
http://this_is_LINK_click_to_go/




[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1465314306
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/696
■映画『杉原千畝』
 テーマ [本・映画]
2015年12月15日


”日本のシンドラー”杉原千畝。

アウシュビッツに送られ殺されるユダヤの人々。

リトアニア総領事として日本への査証(ビザ)を寝る間も惜しんで書き続け、
6000人以上のユダヤ人の命を助けた。

査証を発行するシーンがメインかと思いきや
それは一部で、その前後のストーリーが丁寧に描かれていた。

2時間半は全く長く感じなかった。

唐沢寿明の演技が素晴らしい。
「悔しさ」「憤り」「迷い」「決断」「無常感」・・・様々な感情が静かな抑えた演技で表されていた。

驚いたのは杉原さんは全てを見抜いていたこと。
ドイツと手を組むことは危険だということ、ドイツのロシア侵攻も見抜き、それによって日本がアメリカと戦争を始めることも、
そして、日本が負けることも。

杉原さんが助けたユダヤ人6000人の命。
その子孫が現在、世界中に40万人生きている。

そういえば、映画「少年H」で
杉原さんが出した査証で来日したユダヤの人たちの洋服を、水谷豊演じる少年Hのお父さんがほころびを繕っていた。
「臭い臭い」と言う少年Hを、お父さんがすごく叱っていたっけ。

世界中では日本のシンドラーとして有名な杉原千畝。
だけど日本ではあまり知られていない。

裏側からの太平洋戦争を知るにも良い映画だと思う。

妹はもう一回見ると言っていた。
私も可能ならもう一回見たいけど。。

 ■公式サイト http://this_is_LINK_click_to_go/

****************

Jさんから春子の映画の感想が届きました。

春子の映画は18日(土)までスカイビル3階のシネリーブル梅田で上映されています。

12日からは東京のシネリーブル池袋でも上映が始まりました。
東京でもたくさんの人に観てもらえたらいいな。

 ■春子映画 Facebook http://this_is_LINK_click_to_go/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

春子おばあちゃんみてきました!
その前の日に007みたからすごい振り幅(笑)
悲しくなるかなーと思いながらみたけど全然そんなことなくて、
ただただやさしい気持ちになりました。
動物園のスターだけど淡々とそこで暮らして、
最後の最後まで春子おばあちゃんのままで、
死ぬ時も選んだかのようなタイミングで、そのままで、すごいです。
博子ちゃんもしっぽ引っ張ったりしてたけど相棒やったんでしょうね。
しかし目突くて。そんなんすんのー
いいもん見ちゃった(*^o^*)ありがとうございました!
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1450108165
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/507
本2冊
 テーマ [本・映画]
2015年9月1日
お客様から借りた本 2冊。

 ◆『すかたん』


江戸育ちの武士の妻が夫に先立たれ、生活に貧窮し、大阪の大商人の家で下働きをする中で、大阪独特の文化や風習、人情に触れながらたくましく成長してゆく。
若旦那との淡い恋の顛末も素敵。

面白くて一気に読んだ。
目次もおもろい。


(友人が朝井まかての本をあと3冊貸してくれた。
お話会が終ってからゆっくり読もう。)


************

 ◆『昭和の三傑』


これは賢人ハルさんに借りた。

今、揺れに揺れている「憲法9条」。
この平和憲法の発案者は・・・

日本亡国の危機に立ち上がった三人の名宰相。
”鈴木貫太郎” ”幣原喜重郎” ”吉田茂”。

「憲法改正の前にまず読んでみよ!」の帯。
驚くことばかりの内容でした。

現在の日本にはこんな三人はいない・・・と思う。
だから怖い。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1441034077
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/391
港と映画
 テーマ [本・映画]
2015年3月19日
 3月18日(水曜日) 晴れ

月に2回の朝潮橋出張。
朝潮橋まで自転車こぐ道のりがとても楽しい。

港の桜並木の蕾もだいぶん膨らんできました。

難病の方の施術も5ヶ月たって流れが決まってきました。

いつもきれいにいけているお花を見るのが楽しみ。


月2回の出張の楽しみが後藤商店さんと、

あともう一つ増えました。

帰り道にある弁天埠頭の『井筒食堂』さん。


たくさんの種類のおかずがずらりと並び、かなり迷う。

60年以上続くお店の出汁は格別。
特に味噌汁はお代わりしたい。
11時半なら名物だし巻き卵がまだあった。

港の匂いを嗅ぎながらゆっくり自転車を走らせ帰宅。






マッサンに十分間に合った。
その前の昼どき日本列島で、白浜ワールドサファリで今年生まれたパンダの赤ちゃんが紹介されていた。
可愛い〜〜〜




パンダのお母さんの”2頭抱き”は世界でも珍しいそう。
えらいなあ、良浜(ラウヒン)!

 ■白浜ワールドサファリ ; http://this_is_LINK_click_to_go/
(天王寺動物園から引っ越したしろくまゴーゴも歓迎セレモニーをしてもらったようです)

***************

夜の施術が急きょ来週に。
水曜日か。。映画を観に歩いて難波へ。

 『風に立つライオン』
http://this_is_LINK_click_to_go/

さださん歌の中でも特に好きなこの歌が映画化された。

歌どおりのストーリーでした(笑)。

大沢たかおの演技がやはり素晴らしい。
ラストの大沢たかおの背中が印象的でした。

 *さだまさし「風に立つライオン」
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=mooaloha&entry=1426753016
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/mooaloha/196
next