そして、12月。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年12月9日



12月にはいり、
初めてのワタの収穫をしました。
ピンクの花が終わり、固くしっかり閉じてしまっていたのに、
こんな風に、
はじけると、


白くなっていて、
不思議。
贈りものをもらったみたいで、
うれしい。

開いた分を早速収穫して、タネとワタにわけました。




左が緑綿です。
ふっわふっわで、
作業も楽しいです。

私がワタの作業をしている間
「山」の堺のことで部落の人と
山に行っていた、ご主人が


帰ってきました。
じいさんに、私にも行ってくれと何回も頼まれたけれど
みんな
「山なんか二束三文やで。」
「山なんか・・・。」
と、話を聞いていたので
行ってもなーと
断って、ワタの作業をしていました。

「気持ちのいい林やったわ。」




写真を見て
「行ってみたかったな・・・」




























「直径60cmくらいあったよ。
 イチイの木や。」
「樹齢ってどれくらいやろ?」
「70年はたっとるろ
 このイチイがしっかり、 
 まっすぐ育っとるで
 堺になっとるんやさ。」

「すごいなー。」
「これが、二束三文て。」
 

やっぱり、
行けばよかったな。

いつもより、随分おそくなり
今日、
薪ストーブを焚きました。











           二束三文のちから。



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1544317028
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/313
私の11月は。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年11月24日





























11月はクリエィターズマーケットに始まりました。
その前日に隣の禅昌寺駅から萩原駅までのJRさわやかウォーキングがありまして、
マーケットの主催している
NOEL(ノエル)さんと駅前に
店を出しました。




準備の様子の写真しか写してなくってすみません。

大勢の方に、秋の萩原を散策していただきました。

次の日の
マーケット当日も、とても賑わいました。
caravelle
覗いてくださったお客さま、
ありがとうございました!
変わり映えのしないcaravelle
ですが、よろしくお願いします。

そして
いつもスタッフの方には、頭が下がる思いです。

怒涛の二日間でした。
みなさん、そして、私にご苦労様。











その代りですが、
秋が最も好きな季節なので
寂びれた秋にぼーっとしたくなりました。
寂びれたダム。
川面。
山の上の方には、雪。
寂びれたお寺の、苔。













































いろいろな事を考える脳を
無にしたいと思い禅をしたところ
修行が足らず
「無にしたい」という雑念で一杯になる・・・。
修行、大事。





[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1543020994
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/312
hagiwara_creatorsmarket_noel
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年11月7日





























なにもない、このわたしの田舎。

美しきかな。

スマホ超しでは、残念です。
少し色が焼けたようで
それがまたいいです。



























今週末
萩原クリェイターズマーケット
萩原町諏訪公民館
10時から3時
出店しています。

のんびり、お待ちしております。





今日は
こんな
目印をつくりました。



























わたも
少しずつ収穫しています。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1541586488
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/311
10月。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年10月20日


少しですが、ワタが開き始めました。
糸紡ぎの会の中でも一番北部なので、みなさんより、遅れ気味です。
これから天気が悪くなる一方なので、どうなるのか・・・。



萩原駅では、
「緑の館」さんのドリップコーヒーを販売していますが、
列車の待ち時間や、列車に持ち込めるように
販売できたら、お客さん、すごく嬉しいだろうなぁと
なんとか、なんとか、考えました。


「ドリップパックを買っていただき
紙コップを提供して、
お客さんに自分でドリップして頂く」

「萩原駅式 セルフドリップ販売」笑





そのコーナーを作製するため
以前 caravelleで使ってたものを
まず、グラインダーでさびおとしから。



火花バチバチ。


スプレーを吹き付けました。
結構大変だった。


出来上がりは、

萩原駅でしっかり仕事をしています!

今日の朝特急に乗る若い女性のお客さん。
「まさか、萩原駅でコーヒーが買えるなんて・・。」
「近くにコンビニとかないですし、
これから朝寒いから、あるといいかなって思って。」わたし。
「コンビニがなくて、よかったです!」
「本当!」笑

お客さん
「朝、列車のなかでコーヒーを頂けるなんて、いい旅になりそうです。」

私とnちゃんと
やってみて、よかったなー。

一杯入れただけで駅舎のなかに
珈琲のいい香りが漂います。

切符売ってても「しあわせ」。





是非、ゆっくりコーヒーを飲みに来てください。
お待ちしております。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1540013477
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/309
9月。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年9月29日


別の場所でもミシンの作業ができるよう、もう一台ミシンがあるといいなあ。

口にしたところ
言霊(ことだま)か・・・。

使わないので譲ってくれるという方を紹介していただき、
早速、引き取りにいきました。

待ち合わせの時間より少し早めに着いたのですが、
綺麗に掃除してあり軽トラに載せられるよう軒先にスタンバイずみ。


一緒に荷台に積みながら

「おばあちゃんやけど、
 嫁に行くんやで、しゃっと(←飛騨弁 綺麗に)してやらんとなあ。」

「もう使わんでといっても
 出戻りは いらんでな。」

と、譲っていただく方の中での
このミシンは完全に
嫁にいくおばあちゃんミシン。

私的に
このミシンのイメージ・・・。
「八千草 薫」になった。

家に来てもちろん私は嬉しいけど、
家にある、もう一台のは、
使っていて完全に
おじさんミシンなので
おじさんも、
この年上だけど、優しくかわいい
「かおるちゃんミシン」に
少しうきうきするだろう。


積み終わって
缶コーヒーをもらって、
飲みながら世間話をしたが、ミシンの直し方も丁寧に教えて下さって
こんな近くに困ったときは、いろいろ相談できる方がいて心づよい



ミシン増やしてどうするつもりや?
ふっるいミシン・・。

と、
じいさんばあさんの視線が気になりますが、

何度でも何度でも古くなっても
もう一度、活躍してくれたら。


 頑張るおばあちゃんミシン
「かおるちゃん」を
 踏んで私もがんばらんとなっと
 思った
 9月の終わり。

 

 


 





 
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1538187960
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/308
酷暑、豪雨を経て、咲きました。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年8月18日










綿の苗から、双葉が出てきて、
なんとか咲きました。
秋に収穫できるのかな・・・。
希望が湧いてきました。
>


























練習用のインド綿も
一山お盆の最中にカタカタとチャルカで仕上げて
カセクリ機で枷←カセを三枷サンカセ
出来上がりました。(ここまで手動です)


教えていただいた様に
鍋で煮ました。

教えていただいた様に



そして
干しました。



わかりにくい写真ですみません。
そうめんみたいに、レンガを重石にして下に引っ張って糸を伸ばしています。

この先は、皆さんは「染め」に入っているのですがちょっと考え中です。
のんびりですみません。



張替えの持ち込みの依頼もありまして、
自由に張らせてもらいました。























椅子の生地のビジネスタイプのバックを希望されて、
待っていただいてました。


出来上がって
早速、店頭でお渡ししました。

バックの好きなお客様。
喜んで頂き
安心しました。


駅のお仕事はお盆がないので
帰省のお客さんの様子を窓口で眺めて
「お盆」を実感し、
我が家では、
帰省してきた子供の
なんていうか、
自由な行動と
自由な発言に
いつのまにか笑ってしまっていました。


お盆の最後の街の花火をみて
それぞれの場所に戻っていき
また日常が始まりました。

おもしろかった。








[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1534550184
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/306
走ってはいけない自動車。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年8月9日


ナンバーの切れた自動車を、大事に大事に
洗ってる人がいます。

向かいの広場においてありますが、
月に一回は、外国の方が
「売ってください」と留守番の
ばあさんやじいさんを訪ねてきて困ると苦情が届けらたり、
ワイパーに
なにやら怪しい名刺も挟んであったり・・・。

ナンバーがきれているので、一般道がはしれないため、
向かいの広場を定期的にグルグルとまわってエンジンにオイルをまわしています。






1991年式27年前のフォルクスワーゲン。

この車が「名車だ」と何度聞かされ
乗せられ、運転して広場をグルグルまわらされたことか・・・。

広場をグルグルの刑から
一般道に出て
走る日が来た時は
グルグルの刑が長ければ長いほど
感動で涙が出るでしょう・・・。

いろいろ直して
この車で
どこにドライブに行こうと想像すると、
グルグルも
洗うのも
楽しみの一つなのかな。



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1533819166
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/305
覚えておくこと。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年7月29日



心配していた高山本線も一部代行バスにはなりますが、一応開通となりました。
特急はまだ動いていませんが
普通列車はなんとか
止まるようになりました。
列車通学の学生さんたちも
夏休みに入ったとはいえ
部活や補習に乗り降りします。

いつもの風景に戻りつつあります。

大雨で川が危ないと
学生時代の友人が
すごく心配してくれて
卒業してから数回しか会っていないのに
何回も
「あかんでー。はよ、逃げな!」
 とか、
自分のところも、危険なのに
大丈夫?と連絡しあったりして
心強かったこと。



その川は、穏やかになり
いつものように
鮎かけさんたちが
集まってきました。




裏の川下に
大きな石があります。
鮎かけの釣り人と比べると、
大きな石です。
この
「「オオカミ岩」が隠れたら
 非難するんや」
 と、覚えました。




忘れないように、
覚えておこう。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1532849814
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/304
上りも下りも。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年7月11日



長く激しい雨でした。

雨が強くなり、
駅の雨量計が気になりました。
確認の電話も数回入りました。

後で知ったのですが
私が駅を締めてから雨量規制がかかって
運転見合わせになり
その後すぐに
土砂崩れがありました。

列車が止まっていてよかったと
ホッとしました。

その後の雨の量もすごく
家の裏の川も危なくて
荷物を準備しました。

いろいろな状況を目の当たりにして
ささいなことに
「ありがたいな」
と感じることの毎日です。









駅に列車が来ることが
当たり前に思ってました。

今は上りも下りも何も来ません。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1531275765
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/303
冬の準備。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年6月24日


チェンソーの音が
山の谷間の部落に、朝から響き渡ります。

向かいの広場で
じいさんが
やりはじめました。




コツコツと作業はしていたものの
斧で簡単に割れない
切り株みたいなのがのこっています。

それは、
































チェンソーで切り込みをいれて、
















鉄のクサビを入れて
大きな鉄のハンマーで
たたいて





割る

という繰り返し。

写真では
難なくやれそうですが、

節があったりアテがあって、
そうなると、
全身の力を
ハンマーに集中させて
何回も何回もそれを繰り返して
やっとで やっとで
割れる。

観てるほうも
力が入って
「ふーっ」と力が抜ける。

割れやすいものは
じいさんの休憩に私がやる。


 



今日は、騒がしいな

トカゲがずっと横で
様子をうかがってました。






薪の量が多いと
安心して
冬が越せる。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1529799342
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/302
糸紡ぎ。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年6月1日


なんと、
私が紡いだ糸が、
「かせ」になりました!
 糸みたいです。
 木綿糸なのです。






















これをこうしてこうしたものを
先日「かせ」にしたのです。


ここまで、すべて手作業なのです。
動力は、いらないのです。
いつもミシン(動力)と戦っていて
出来上がりがゴールで
何時頃に何個仕上がる予定・・・なんて
考えてミシンを踏んでる。
それも、楽しいけれど、
これも、楽しい。

電気の無い時、大変だったな・・・。
って思うけど
少しおしゃべりしながら、
教えてもらいながら、
なんとか出来上がっていく手の感じは
おもしろいな。










真ん中のワタのタネを
植えました。


このタネが、秋に綿の花になれば
冬のあいだ
カラカラとチャルカで
自分の糸が紡げる。
夢かなうのかな・・・。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1527848873
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/301
森の宝島というイベントにでました。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年5月29日



森の宝島にむけて、
ベビールームシューズを
せっせとつくりました。



せっせせっせと。
かわいいので
うきうきしながら。



前の日の準備から、
スタッフの方々が手際よく
動いてみえ、そして当日は
たくさんのスタッフの方がブースまで
きて声を掛けてくださって
本当に嬉しかったです。

お客さんも赤ちゃんからお年寄りまで
年齢層が広く
みんな森の宝島を楽しんでいるようでした。

この「みんな」ってのが
本当に難しいのに
このイベントは
本当に
みんな楽しんでいました。

私のブースの前で
男の子の赤ちゃんが
ベビールームシューズを手に取って
履きたそうに足元に持っていったので
私が
「履きたいんやなー」(笑)

真剣に
自分で履こうとする所作が
たまらなくかわいい・・・。


お母さんが
「いいですかー?」(笑)

「どうぞ履いてみて下さい」(笑)
赤ちゃんを囲んで
みんな、笑顔満載。

買って頂いたのですが、
早速、履いて
よちよち歩きでお父さんに手をひかれて行ってしまいました。

とても嬉しかった。


スタッフの方に
「いろいろ大変ですね。
 ありがとうございます。」
 いう私の言葉がけに
 
「大変でないの。
 楽しんでやってるんだから。」
 素敵な笑顔が返ってきました。

こんな一日があるのかなー。

一日中笑顔の中。


















[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1527589994
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/300
森の宝島というイベント。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年5月25日



今年初めての、イベントに出店です。
すでに六月になりかけておりますが・・・。

保育園を経営されています萩原町のNPO「サン萩原」の方たちの
子供達のための
「森の宝島」。

誘ってくださってありがとうございます。

子供がたくさん来てくれるイベントなので
すごく楽しみです!

私もベビーのルームシューズ
はりきって作りました!

是非のぞいてくださいね!

「萩原駅の店」

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1527252449
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/299
ちょっとした小さな工夫が。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年4月28日



今日からゴールデンウィークです。
少し前に
高山観光をしました。
本通りは、観光客で一杯だったから
一本はずれた高校の頃の通学路をのんびり散策しました。
想いでをたどりながら、よく通った文房具屋さんを覗きました。
ワゴンセールの中に、素敵な額縁をみつけました。
それから、
この額に合うポストカードのことを
気に留めていました。



ぴかぴかしていて、
ちょっと甘い感じです。


いろんなポストカードを出してきて
いろんな額に入れたり出したり。

長い休みの、
自由な時間。



1988年。
大好きな漫画家から届いた手書きの年賀状も額に入れて
もう一回楽しめます。





























高山で買った額には、
コレ。

シルバのー縁取りに赤がピッタリ!
これから始まるお休みのウキウキ気分にもピッタリ!





花森安治のポストカードに
こんな言葉をみつけました。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1524876887
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/298
惹かれて習ってみました。
 テーマ [ノンカテゴリ]
2018年4月22日



昨年、綿の花をいただき、
タネとワタとカラに分ける作業をしたら、
「ここからの作業?
 で、ワタができて・・・」

「紡ぐと糸になるって、結構な手作業やな。」

早速、「糸紡ぎの会」に
何回か通って教えてもらいました。




インドのチャルカという道具で練習です。


































練習用には、
インドから取り寄せてもらった、ワタでコツコツ練習です。
インドからきた包みは
ざざっと紙に巻かれて紐で縛ってあって
過剰さがなくって、いいです。
開くと、ワタが山盛りです。




















あまり進歩していませんが
最初よりはコツをつかみかけています。

前からやって見える方は、
慣れればこのワタの山もあっという間に出来る様になるから!
と。

慣れるまで。

次は、糸を染めたり
織をしたりするらしいんですが、
なんと、
五月に、ワタのタネを植えるところからなのです。
そして、秋に収穫。
できるかな・・・。

私も、じいさんに頼んで準備しないと・・・。
















ルームシューズの補充もしないと。
わざわざ駅に来てもらっても
残念って顔されるお客さんを
みると
申し訳ない気持ちになってしまうので。

「いとつむぎ」と「からべる」と。
今年から楽しみが一つ増えました。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=caravelle&entry=1524362895
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/caravelle/297
next