「ふだんまわり」もう5日目!
 テーマ [展]
2017年3月15日
外は春の嵐さながら風の音ゴーゴー桜の枝がしなるしなる。
その中「ふだんまわり」は5日目を迎えています。
お客さまのご来店もそこそこあってありがたいです。

初日の朝の写真をデジカメに入れたままが気になっていてやっと今日です。


初日の朝

外から

初日はとても寒かったが鈴木さんと大原さん在廊とあってお友達やお二人のファンの方などなかなか賑やかでした。^^









お二人お薦めの美味しいものも勢揃い。

鈴木さんのお薦め

トッコちゃん家族謹製のお米「あいちのかおり」
愛知県豊川市でご家族で切り盛りして丁寧に作られたお米です。
まだ試食できずにいますが買ってくれた友人からは「新米のような瑞々しさがあって美味しかった〜」とのことです。うちは今夜焚きます。
1kg 袋入り 500円



もりウインナー
ハーブウインナー・トマトウインナー
バラエティーソーセージ・
ロースハム・ベーコン・コンビーフ

試食に出すウインナーを自分の食事代わりに食べていたことは鈴木さんのホームページでばれていますが本当に美味しく!ついつい、、ね。土日の昼食はウインナーで乗り切れました。
そしてもりウインナー商品も売り切れました。
(価格は1パック570〜690円)


すべて一人で作っておられます。
ウインナーの説明などを書いて下さったお手紙を読んだだけでも丁寧と美味しいが伝わってくるようでした。
お店のご案内カードを置いています。
豊橋へ行くときはぜひとも!(無理を言わなければ発送もしてもらえるそうです。)


大原さんのお薦め

徳弘さんのきし豆いり番茶
きし豆番茶は高知で初めて知ったお茶ですが作る人によってかなり味が違います。以前にも大原さんに訊いて徳弘さんのが美味しいと教えてもらい仕入れたことがあります。
香ばしくノンカフェインなのでゴクゴク飲めます。*訂正 正確にはノンカフェインではなく少量のカフェインが入っています。ただ眠る前に飲んでも障りないくらいの少量ということです。

ホットでもアイスでも。
200g 350円



フロランタン 280円


ロシアンクッキー 250円


ジンジャー&ココナッツ 300円

drie(ドゥリィ)さんのクッキーも以前イベントのときに
置かせてもらったことがあります。
卵やバターは使用せず植物性のものを使用し、素材を生かした
シンプルで素朴な焼き菓子です。
もちろんどれも美味しく早々に売り切れました。

土佐宮之内 辻さんの文旦も早々に売り切れました。


美味しいは早いですね。^^







かっぱまわりのティーコゼは言うまでもなく鈴木さんのポットにすっぽり ぴつたり!


今回初の「山形さん」という鍋つかみも初日から好評!



つぎはぎ鍋つかみは小さな額縁のように。
楽しく作っているのが伝わってきます。








「かっけー!」と思った黒の台皿はすぐには動かず、なぜ?と思っていたら、、動き出したら動き出す!?
大阪からご来店くださったあるお客さまなどは「関西で買えるなんて嬉しすぎます!」と。
私までちょっと誇らしくなったくらい。笑





一番初めに仕上がったコーナー。
鈴木さんの白と大原さんの白、好きだな!

思ったほど写真を撮れていなくてごめんなさい。

5日たった「ふだんまわり」は初日よりもっとずっとふだんまわり、皆が皆馴染んでおります。ずっと前からあったように、心地よく、つくずくと。^^
お客さまもリラックスしてお二人の陶と布の組み合わせを楽しみ選んでくれています。
もちろん店主も気分良く楽しく過ごしております。


お座布団やフリークロスは完売、器も完売した種類がありますが、まだまだ充実した品揃えのふだんまわりです。
お座布団の追加も少しあるかもしれません。
届きましたらお知らせします。
後半はできるだけ個々の作品もご紹介してゆきます。

後半18日土曜日よりまた皆さまのご来店を心よりお待ちしております。



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1489579075
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1174
「ふだんまわり」美味しいもの
 テーマ [展]
2017年3月10日
鈴木さんと大原さんのお薦めの美味しいものも
揃いました。

高知 大原さんのお薦め
drieさんのクッキー
徳弘さんのきし豆入り番茶
辻さんの文旦

愛知 鈴木さんのお薦め
井上さんのお米
もりウインナーさんのウインナー





フロランタン・ロシアンクッキー・ジンジャー&ココナッツ



きし豆入り番茶と文旦


あいちのかおり(1kg)



ハーブウインナー・トマトウインナー
バラエティーソーセージ・
ロースハム・ベーコン・コンビーフ

食品の詳細やご紹介は追っていたしますが
どれをとっても「ふだんまわり」らしく
気軽に美味しくいただけるものばかり!


もちょっと準備に戻ります。^^


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1489140026
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1173
準備中
 テーマ [展]
2017年3月10日
明日からはじまる
鈴木史子さんとかっぱまわりの大原亜紀さん
お二人による「ふだんまわり」

愛知と高知からの美味しいものも届きました。
店内も随分と形になりました。
ザクッとですが様子をご覧くださいませ。





























































時間は掛かってしまいましたが、お二人の作品に
触れながら気持ちのよい準備時間でした。
並べると質 量 共に素晴らしい!
とても充実しています。

どうぞお二人の展を毎日使いたい「ふだんまわり」を
見にいらしてくださいね。
皆さまのご来店を心よろお待ちしております。




[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1489132757
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1172
3月「ふだんまわり」二人展
 テーマ [展]
2017年3月5日
3/5 日曜日 今日は陽ざしも風も暖かく春を感じます。
早いもので来週 3/11 土曜日から
鈴木史子さんとかっぱまわりの大原亜紀さん
お二人による「ふだんまわり」がはじまります。

DMでも少し触れましたが、お二人の作品は素材こそ違いますが
数々の共通点があります。
まず届いた荷を解いたときから早くも気持ちのよい仕事っぷりが感じられます。
作品はシンプル、清々しく温かく日常の道具らしい。何より控えめながらも しっかりとした自分流があるので、どんなアイテムも安心して任せられます。その辺りも。
そして この安心感ってそう容易くあるものでなく、とても貴重です。
彼女らの作品のリピートのお客さんが多い理由は、
そんなところにもある!ような。^^
そんなことを思いながらお願いした二人展
今は届く作品が楽しみでなりません。


DMの写真撮りの日にumの真理子さんの後ろを、
うろうろしながら撮った写真など少々。















































鈴木史子さんとかっぱまわり 大原亜紀さんの二人展
「ふだんまわり」
2017年 3/11土〜 3/22水 (期間中16.17お休み)
11:30〜18:30


陶/鈴木史子 お皿 カップ ポット 
       耐熱/ごはん鍋 両手鍋 
          グラタン皿 ピッチャー


布/大原亜紀 かっぱじき 鍋つかみ ポットマット      
       ハンカチ フリークロス 座布団         

鈴木さんと大原さんのお薦めの美味しいものも届きます。
愛知よりお米とウインナー
高知よりくっきーやお茶、柑橘類

*お二人の在廊日は初日3/11土です。


今も作る作業は続いているのかな、、これから届く作品を浮かべながらお店の中を見渡しテーブルや椅子やの配置を考えます。

毎日使いたい「ふだんまわり」をどうぞ選びにいらして下さいね。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1488697545
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1171
3月の展「ふだんまわり」
 テーマ [展]
2017年2月22日
DMが届きました。

DM作制/um上田真理子

鈴木史子さんとかっぱまわり 大原亜紀さんの二人展
「ふだんまわり」
2017年 3/11土〜 3/22水 (期間中16.17お休み)
11:30〜18:30

お二人とのお付き合いも
かれこれ六、七年
どちらも不動の定番アイテムとして
一緒に並べることも多く
「相性が良いなぁ」と常々思ってきました。

陶と布 素材は違っても
彼女らの作るものは
清々しく温かい。

毎日使いたい「ふだんまわり」をどうぞ選びにいらして下さい。

陶/鈴木史子 お皿 カップ ポット 
       耐熱/ごはん鍋 両手鍋 
          グラタン皿 ピッチャー


布/大原亜紀 かっぱじき 鍋つかみ ポットマット      
       ハンカチ フリークロス 座布団         

鈴木さんと大原さんのお薦めの美味しいものも届きます。
愛知よりお米とウインナー
高知よりくっきーやお茶、柑橘類

*お二人の在廊日は初日3/11土です。

作品をはじめ食品の詳細など追ってご紹介しますね。

どうぞお楽しみに!


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1487753690
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1170
3月の展
 テーマ [展]
2017年2月20日










DMもそろそろ出来上がると思います。
どうぞお楽しみに!
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1487559355
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1169
小 古市
 テーマ [日々のつれづれ]
2017年2月13日
テーブルの上だけの「古市 By matka」の様子。
今回は少量だったためメモ書き程度のお知らせでしたが
たまたまご来店くださった方などには結構喜んでいただいてます。^^
matkaさんの道具や衣類は良い状態の物が多いので欲しい物に出あえれば
お得感があります。


アンティークのカップやお皿の向こうにはアールデコのランプシェードが
あったり、500円の器が重なっていたり、、なんか面白い。


matkaさんがちょっぴり手を加えたものもあります。


お子さんのために買ったフク人形、そのお子さんももう中学生。




刺繍のハンカチ2枚で300円。




その他洋服はロングのスカートが多いです。
ウエストサイズ(ゴム仕様もあります)が合えば!

覗いてみてくださいね。

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1486970309
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1168
asakozirusi さんのポストカード
 テーマ [紙]
2017年2月12日
asakozirusiさんのポストカードが届きました。
2017年のカレンダーをご使用の方も多いことと思います。
そのカレンダーの中から「鳥と植物」の図案がポストカードに。

植物の実に色がつき、
背景が黒からグレーに
随分と柔らかい印象。




春に向けての便りを送ろう!










ポストカード(葉書サイズ)
3枚セット 300yen



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1486882617
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1167
古椅子 と matka 古市
 テーマ [道具]
2017年2月8日
村上椅子さんの古椅子

先日一人掛けのソファーとスツールを持ってきてくれました。
村上椅子さんの古椅子は座ると更に憧れが増す。
いつかきっと!という人も多い。
ソファーに もたれて手すりを擦りながら うとうと夢心地。
いいなぁ〜 ^^

座り心地などお試しいただけますよ!
寒い折ですがぜひ見にいらしてくださいね。



そうそう、「古市 By matka」テーブルの上だけの
少量ではありますが、こちらも覗いてみて下さいね。
matkaさんの道具や衣類は良い状態の物が多いです。
内容
アンティークのカップやお皿など
積み木やおもちゃ、布のかばん
衣類はロングスカートが中心です。


明日明後日はお休みになります。
土曜日よりまたお待ちしております。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1486544766
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1166
革のお財布
 テーマ [道具]
2017年2月6日
昨年の11/20に掲載した八尾千穂さんの
革のお財布が再入荷しました。
お問い合わせが多く、届いたときには
ブログに載せますとお約束しましたので
今回も数は少ないのですがご覧ください。

上質の牛革・手縫い仕上げの二折り財布
茶 ステッチの色 生成り
黒 ステッチの色 生成り 青 ベージュ



























各 12,960yen:今回より招き猫は入りませんのでご了承下さい。





牛革のがま口財布
カードが縦に入る丈があります。



各 3,240yen


*お問い合わせにつきましては電話に出られない場合がございますので
 なるべくメールにてお願いいたします。
一番上の mail をクリックして頂けると直接受け取れます。



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1486362253
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1165
節分
 テーマ [日々のつれづれ]
2017年2月4日
2月4日 立春 
昨日、節分の日に入院中の友人より電話があった。
気にしていたので声が聞けただけでもほっとして、、
元気づけようと思うのだが思えば思うほど、そうはならない。電話を切ってみれば自分のほうが励まされているではないか!と気づく。歳も食って多少なりとも強くなっている気がしていたが気がしていただけだった。
その電話で友人が節分の豆まきをするなら
「鬼は外 福は内」ではなく「鬼は内 福は内」って撒いてねと言う。
「福も鬼も大事、、」と。
急に絵本「おにたのぼうし」を思い出して引っ張り出して読む。


おにたのぼうし

せつぶんの よるの ことです。
まことくんが、げんきに まめまきを はじめました。
ぱら ぱら ぱら ぱら
まことくんは いりたての まめを、
ちからいっぱい なげました。
「ふくはーうち。おにはーそと。」
ちゃのまも、きゃくまも こどもべやも、
だいどころも、げんかんも てあらいも、
ていねいにまきました。そこで、まことくんは、
「そうだ、ものおきごやにも、まかなくっちゃ。」といいました。


その ものおきごやの
てんじょうに、きょねんのはるから
小さなくろおにが すんでいました。
おにた というなまえでした。


おにたは、きのいい おにでした。
きのうも まことくんに、なくした ビーだまを
こっそり ひろってきてやりました。
このまえは、にわかあめのとき、ほしものを、
ちゃのまに なげこんでおきました。
おとうさんのくつを ぴかぴかに ひからせておいたときも あります。
でも、だれも おにたが したことは きがつきません。
はずかしがりやの おにたは、みえないように、とても
ようじんしていたからです。


まめまきの おとをききながら、おにたは おもいました。
(にんげんって おかしいな。おには わるいって、
きめているんだから。おににも、いろいろ あるのにな。
にんげんにも、いろいろ いるみたいに。)
そして、ふるい むぎわらぼうしを かぶりました。
つのかくしの ぼうしです。
こうして、かさっとも おとをたてないで、
おにたは、ものおきごやを でていきました。


こなゆきが ふっていました。
どうろも やねも のはらも、もう まっしろです。
おにたの はだしの小さなあしが、つめたいゆきのなかに、
ときどきすぽっとはいります。
(いいうちが ないかなあ。)
でも、こんやは、どのうちも、ひいらぎのはを
かざっているので、はいることが できません。
ひいらぎは、おにの めを さすからです。


小さなはしを わたったところに、トタンのやねの 
いえを みつけました。
おにたの ひくいはなが うごきはじめました。
(こりゃあ、まめの においが しないぞ。しめた。
ひいらぎも かざっていない。)
どこから はいろうかと、きょろきょろ みまわしていると、
いりぐちの ドアが あきました。
おにたは、すばやく、いえの よこに かくれました。

 
おんなのこが でてきました。
そのこは、でこぼこした せんめんきのなかに、
ゆきをすくって いれました。
それから、あかくなった、小さなゆびを、口にあてて、
はーっと白いいきを ふきかけています。
(いまのうちだ。)
そうおもった おにたは、ドアから、そろりと 
うちのなかに はいりました。
そして、てんじょうの はりの上に ねずみのように
かくれました。
 

へやのまんなかに、うすい ふとんが しかれています。
ねているのは、おんなのこの おかあさんでした。
おんなのこは、あたらしいゆきで ひやしたタオルを
おかあさんのひたいに のせました。
するとおかあさんが、ねつでうるんだめを
うっすらとあけていいました。

「おなかがすいたでしょう?」
おんなのこは、はっとしたように くちびるを かみました。
でも、けんんめいに かおをよこに ふりました。
「いいえすいてないわ。」とこたえました。
「あたし、さっき、たべたの。あのねえ、、あのねえ、、、おかあさんが 
ねむっているとき。」と
はなしだしました。
「しらないおとこのこが、もってきてくれたの。あったかいごはんと、
うぐいすまめよ。きょうはせつぶんでしょう。だから、ごちそうが あまったって。」
おかあさんは、ほっとしたように うなずいて、また
とろとろ ねむってしまいました。
すると、おんなのこが、ふーっと ながい ためいきをつきました。


おにたは なぜか、せなかが むずむずするようで、
じっとしていられなくなりました。それで、
こっそり だいどころに いってみました。
(ははあんー)
だいどころは、かんからかんに かわいています。
こめつぶ ひとつ ありません。だいこんひときれ
ありません。
(あのちび、なにも たべちゃいないんだ。)
おにたは、もうむちゅうで、だいどころの まどの やぶれたところから、
さむいそとへ とびだしていきました。
それから しばらくして、


いりぐちを とんとんと たたくおとがします。
(いまごろ だれかしら。)
おんなのこが でていくと、
ゆきまみれの むぎわらぼうしをかぶった おとこのこが たっていました。そして、ふきんをかけた おぼんのようなものを さしだしたのです。
「せつぶんだから、ごちそうがあまったんだ。」
おにたは いっしょうけんめい、さっき おんなのこが
いったとおりに いいました。


おんなのこは びっくりして、もじもじしました。
「あたしに くれるの?」
そっと ふきんをとると、
あたたかそうな あかごはんと うぐいすいろの にまめが ゆげを たてています。
おんなのこの かおが ぱっと あかるくなりました。
そして、にこっと わらいました。


おんなのこが はしを もったまま、ふっと なにか かんがえこんでいます。
「どうしたの?」おにたが しんぱいになって きくと、
「もう みんな、まめまきすんだかな、とおもったの。」とこたえました。
「だって、おにが くれば、きっとおかあさんの 
びょうきが わるくなるわ。」
おにたは てを だらんとさげて、ふるふるっと 
かなしそうに みぶるいしていいました。
「おにだっていろいろあるのに。おにだって、、」


こおりが とけたように、きゅうに おにたが 
いなくなりました。
あとには、あのむぎわらぼうしだけが、ぽつんと 
のこっています。
「へんねえ。」
おんなのこは たちあがって、あちこち さがしました。
そして、
「この ぼうし わすれたわ。」
それを ひょいともちあげました。
「ま、くろい まめ!まだ あったかい、、、」


おかあさんが めをさまさないように、
おんなのこは そっと、まめを まきました。
むぎわらぼうしから くろいまめを まきながら、
おんなのこは
(さっきのこは、きっと かみさまだわ。そうよ、かみさまよ、、)
(だから、おかあさんだって もうすぐ よくなるわ。)
ぱら ぱら ぱら ぱら
ぱら ぱら ぱら ぱら
とても しずかな まめまきでした。



文 あまんきみこ
絵 いわさきちひろ
昭和45年発行 ポプラ社 5歳〜8歳向け

ぼろぼろの絵本の裏には美緒2年生の秋と母の字
懐かしさもあって書きだしたが意外と長く、、
でもやめれず。(笑)


昨日は豆を「鬼は内 福は内」とつぶやきながら、
撒かずに食べました。
良い節分の日でした。
ひとりよがり、ごめんなすって。




[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1486209788
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1164
オカベマキコさんのガラスまち針
 テーマ [道具]
2017年2月1日
昨年より置かせてもらっているオカベマキコさんのガラス
まち針セットが届きました。

とりことりさんよりご紹介を受けて、一緒に彼女のアトリエへお邪魔したときのこと、古いビルの3階へ、白い枠どりのガラス戸を開けると、そこには目を凝らしてみたくなるようなものが溢れていました。
三人で「小さいもの好きどうしですかね」とニヤニヤ話しながらも、見渡すだけでも彼女の作る小さな世界はここからなんだということが充分にわかりました。

オカベさんが作る中でまち針は一番小さい作品ではないでしょうか。





















、、などなど7本がセットになっているまち針です。

この小さなガラスの粒を一つ つけては また一つ、これまで一体いくつのガラスの粒、粒粒を作ってこられたんだろう。
そういえば、「ガラスバカなんですよ」とカラカラと笑われていましたっけ。^^
とても気持ちのよい方でした。


まち針セット(7本) 各1,080yen



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1485944952
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1163
岡林尚子さんのかばん
 テーマ [装飾]
2017年1月30日
1月30日(月)雨のち曇りのち晴れ
山の天辺には雪が残るが春を感じる陽ざし。


岡林尚子さんのかばん
今回は 元はフランスのシーツだった古い布を使っています。
古い布の素材感はそれぞれに違い、柔らかいものから張りのあるものまで。
そして みな 二重仕立ての手縫い仕上げです。


古椅子に掛けたこのかばんは くったりと柔らかいリネン


継ぎ接ぎ


丸底の手提げタイプ


まあるい穴には別素材の白布をあて幾度となく回りをチクチク。



サイズ 32cm(かばん丈)30cm(かばん口巾)30cm(持ち手丈)
* 内ポケット有り 同素材のハギレ付き
価格 12,000yen






柔らかいが ぽってりと厚みのあるリネン


幅広の持ち手は肩掛けタイプ
春夏(薄手)の洋服になれば斜めがけもできそうです。


M Nのイニシャルが入る






C A 大きくイニシャルが入るかばんはパリッと張りがあって
洗濯したてのシャツのようなリネン





幅広の持ち手 肩掛けタイプ
春夏(薄手)の洋服になれば斜めがけもできそうです。





上と同素材 
パリッと張りがあって洗濯したてのシャツのようなリネン


◯チクチク^^


中はシマシマが覗く。

ワンショルダータイプ
サイズ 26僉38
* 内ポケット有り 同素材のハギレ付き
価格 13,000yen





かばん白 17,500yen  かばん麻色 18,500yen
サイズ 38僉43
* 内ポケット有り 同素材のハギレ付き


尚子さんのかばんを幾つか持っていますが
自分にとってはお守りのようでもあります。
なぜだか抱えていると安心。




[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1485760615
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1162
続 小旅 人形
 テーマ [人形]
2017年1月24日
灰色一色の空、雪が降ったり止んだり。あぁ〜寒い。
さすがの冬元気印も少々下降気味の体調、スープアンドスープの日々です。
ブログの続きも空いてしまい、、
冷めてしまいますよね。
でもカワイイですから どうぞご覧ください。(笑)


おるがん社ホットカーペットの上にて
「人形なーい!?」
「あーはい。」
「これもこれも、、」
時々抜かれますが諦めるときと諦めないときと。
決まればホットカーペットのうえでイソイソとゴソゴソと人形たちを包みます。何時もこの時間は褒美感覚。







ズボンの男の子




りんごのトルソ


みかんのトルソ

ズボンの男の子(林檎とセット) 8,000yen sold out
りんごのトルソ(h 8cm) 8,500yen sold out
みかんのトルソ(h 7cm) 8,500yen sold out












sold out



sold out



sold out



sold out

りんごのトルソ 大(h 12cm)各 18,000yen




ちょっこら外にも出ました

こんな鉄門を横切って喫茶店にも行きました。




「パンを買いに」
5,000yen sold out









「冬の日に」
10,000yen


高知の小旅では念願のモウフにあえたし、
久しぶりのお顔にも会うことができたし
また会えちゃった人もいたりして、楽しく嬉しい旅となりました。
おるがん社のおふたりには この度も大変お世話になりました。
ありがとうございました。


帰りのバスに乗ってからは ほぼ爆睡で京都まで。


バス休憩でとりあえず海見納め。
次はいつかな。



さあさっ!寒いけど日々頑張りまーす。^^
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1485260223
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1161
小旅とガラスの温室
 テーマ [人形]
2017年1月18日
陽は差すが今日も寒い、ストーブを抱えたくなります。
お休み中には結構な雪が降り積もったようで、山々の雪も階段下の雪も溶けないまま、、やっと冬らしい。

四泊五日の出稼ぎと気晴らしの旅 高知より戻りました。^^
最後の日は乗車バスまでの時間があったので何年かぶりで牧野植物園へ出掛けました。
作業をされている人以外とは ほぼ会わず、一人てくてくと上がったり下ったり歩き止まっては また歩いた。
裸木には新しい芽が出ているものやこれからのもの、足元でも春が見え隠れしている、頭上では鳥が行き交っている。ふは〜と深い溜め息と深呼吸と。
お店と家の往復の日常、疲れているとは思っていなかったがどっぷりと自然界に身を置くと疲れていたことに気づき、、歩く内にその疲れをとってくれるからありがたい。


もっと歩きたかったが暖もとりたくて温室を目指す





2010年にリニュアルされた温室は初めて



高ーいガラスの天井



元の温室の一部だろう。
依然として風格あるなぁ。


歩く、、
道々、、

サラサレンゲ(モクレン科)
すくと伸び広がる枝々にはまだ硬そうだが、蕾がたくさんついていた。








ヒメヒゴダイ(キク科)





小旅のほとんどは、おるがん社は にしおゆきさん宅でお世話になりました。
こちらも久しぶり、
来たら、、もちろん人形を見ないなんてことはありません。手ぶらで帰るなんてこともありません。その辺は体力が衰えても変わることなく握力強!(笑)

人形と一緒に以前彼女が作った
「ガラスの温室」と再び対面する。





























あー思わず声が出た。
そして改めて大作に気づく。



ガラスの温室(角)と女性 25,000yen
ガラスの温室(丸) 18,000yen



歩く、、
道々、、




太く逞しい。



ショウガツザクラ


モチノキの赤も綺麗。


こんなものが置いてあったりもした。^^


まだ続きますが時間がないので今日はこのへんで。
お付き合い下さりありがとうございます。




[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1484743480
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1160
back next