続 小旅 人形
 テーマ [人形]
2017年1月24日
灰色一色の空、雪が降ったり止んだり。あぁ〜寒い。
さすがの冬元気印も少々下降気味の体調、スープアンドスープの日々です。
ブログの続きも空いてしまい、、
冷めてしまいますよね。
でもカワイイですから どうぞご覧ください。(笑)


おるがん社ホットカーペットの上にて
「人形なーい!?」
「あーはい。」
「これもこれも、、」
時々抜かれますが諦めるときと諦めないときと。
決まればホットカーペットのうえでイソイソとゴソゴソと人形たちを包みます。何時もこの時間は褒美感覚。







ズボンの男の子




りんごのトルソ


みかんのトルソ

ズボンの男の子(林檎とセット) 8,000yen sold out
りんごのトルソ(h 8cm) 8,500yen sold out
みかんのトルソ(h 7cm) 8,500yen sold out












sold out



sold out



sold out



sold out

りんごのトルソ 大(h 12cm)各 18,000yen




ちょっこら外にも出ました

こんな鉄門を横切って喫茶店にも行きました。




「パンを買いに」
5,000yen sold out









「冬の日に」
10,000yen


高知の小旅では念願のモウフにあえたし、
久しぶりのお顔にも会うことができたし
また会えちゃった人もいたりして、楽しく嬉しい旅となりました。
おるがん社のおふたりには この度も大変お世話になりました。
ありがとうございました。


帰りのバスに乗ってからは ほぼ爆睡で京都まで。


バス休憩でとりあえず海見納め。
次はいつかな。



さあさっ!寒いけど日々頑張りまーす。^^
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1485260223
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1161
小旅とガラスの温室
 テーマ [人形]
2017年1月18日
陽は差すが今日も寒い、ストーブを抱えたくなります。
お休み中には結構な雪が降り積もったようで、山々の雪も階段下の雪も溶けないまま、、やっと冬らしい。

四泊五日の出稼ぎと気晴らしの旅 高知より戻りました。^^
最後の日は乗車バスまでの時間があったので何年かぶりで牧野植物園へ出掛けました。
作業をされている人以外とは ほぼ会わず、一人てくてくと上がったり下ったり歩き止まっては また歩いた。
裸木には新しい芽が出ているものやこれからのもの、足元でも春が見え隠れしている、頭上では鳥が行き交っている。ふは〜と深い溜め息と深呼吸と。
お店と家の往復の日常、疲れているとは思っていなかったがどっぷりと自然界に身を置くと疲れていたことに気づき、、歩く内にその疲れをとってくれるからありがたい。


もっと歩きたかったが暖もとりたくて温室を目指す





2010年にリニュアルされた温室は初めて



高ーいガラスの天井



元の温室の一部だろう。
依然として風格あるなぁ。


歩く、、
道々、、

サラサレンゲ(モクレン科)
すくと伸び広がる枝々にはまだ硬そうだが、蕾がたくさんついていた。








ヒメヒゴダイ(キク科)





小旅のほとんどは、おるがん社は にしおゆきさん宅でお世話になりました。
こちらも久しぶり、
来たら、、もちろん人形を見ないなんてことはありません。手ぶらで帰るなんてこともありません。その辺は体力が衰えても変わることなく握力強!(笑)

人形と一緒に以前彼女が作った
「ガラスの温室」と再び対面する。





























あー思わず声が出た。
そして改めて大作に気づく。



ガラスの温室(角)と女性 25,000yen
ガラスの温室(丸) 18,000yen



歩く、、
道々、、




太く逞しい。



ショウガツザクラ


モチノキの赤も綺麗。


こんなものが置いてあったりもした。^^


まだ続きますが時間がないので今日はこのへんで。
お付き合い下さりありがとうございます。




[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1484743480
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1160
一泊二日の旅
 テーマ [人形]
2015年8月8日
暑中お見舞い申し上げます。
どうにかなりそうな暑さですね。
いかがお過ごしでしょうか。

8月のはじめに急なお休みを頂いたのは実は
一泊二日で福岡県うきは市の吉井へ出かけておりました。
もともと今年夏の予定だった福岡行き、母入院の為一度は諦めかけ、、
でも今回は行きたかった。すごく行きたかった。
その気持が上回ったせいもあり気づけば吉井へ!

新幹線の席も心配された乗り継ぎも上手く行き
筑後吉井駅に到着すると、おるがん社の
専務ことタニさんが迎えに来てくれていました。
ありがたいし、この人の顔を見ると安心する。

いざ山下カバンさんへ
「にしおゆきさんの人形展」開催中
古いアパートの扉を開けると
そこは素晴らしいことになっていた。






山下さんが作った空間
その為に
にしおさんが作った人形













暑さも挨拶も忘れて座り込んで見入る。




もうひとつの目的「四月の魚」さんへ

「ここだよ」と案内され
佇まいから、中も想像通り
ど真ん中ストライク!私ノックアウト。
お願いごととお買い物と美味しいお茶も戴く。

四月の魚さんでの専務

タニさんは

こんな写真も撮らせてくれる。^^

肝心なお願いごとは来年の秋頃に、
にしおさんとの二人展をして頂きたいこと、
更には来年、村上椅子さんで個展をされる
山下さんとの同時開催など、、
気持よくお引き受け下さる。
感謝です。

楽しい共同開催になるように!


その日の夕食は山下さんとおるがん社のお二人と
ご近所の居酒屋さんへ。
お刺し身、焼きもの、揚げもの、みな美味しく
たらふく食べた。
泊まりは「山下カバンさん」に。
申し訳ないと思いながらも贅沢な泊まり
一生忘れません。





静かな町並み、家と家の間を筑後川からの
疎水が流れているのも吉井の景色だときく。
山下さんのところも蛇口をひねると井戸水、
美味しいはずです。














人形と古い道具と海辺で拾ったもの
置いたすべてが景色となって溶け込み


そこにいる人達もまたそうでした。
自分もひとかけになったように心地良かった。




私はこの気配を先に少ーし感じていたのかもしれない。
だからあんなに行きたかったのだ。
夏の小旅行はまさにご褒美そのものでした。

また働けます。^^


山下カバンの山下さんへ
四月の魚の関ご夫妻へ
オルガン社のお二人へ
ありがとうございました。





[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1439030027
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/993
世話になる
 テーマ [人形]
2015年5月16日
昨夜のザーザー降りの雨のお陰で
今日は爽やかな風が通ります。
このお休みには1階のトイレの洗面台が
リニューアルされ、尚さら気分良しです。
ずーっと前から気になっていましたが、
雨が多かった4月、、
さすがに目を瞑れなくなってきて、
わが店のお助けマン!
志尾さん(木工屋takuto)にお願いしました。
考えてみると20数年前から小さい部屋の
「改装」のほぼ全てを彼にしてもらっています。
ここ数年はご夫妻で。^^

色んな方法を教えてくれる。
根気よくお付き合い下さる。
アイデアも豊富。
仕事も早い。
こーしたいあーしたいと
面倒くさいことを言っても「出来ない」と
言われたことがないように思う。
経験とお人柄からでしょうか、
志尾さんの何より凄いところです。



北向きにあるトイレ
湿気が多いので脚にはアイアンを
木台と周りの壁にはしっかりと
コーティングしてくれました。

このたびも
ありがとうございました。
トイレが生き返りました。^0^
水漏れもしておりません。^^


振り返ると長年に渡りお世話になっている人が
増えています。
ありがたいと思いながらも果たして自分は誰かの
お世話をすることなど出来るのだろうか、、
世話をしても良い年頃なのだが。
苦笑いするしかない。(笑)



お店には季節らしいものが届いています。
織田孝一さん神田有希子さんの竹の盛篭や笊
とりことりさんの水紋ブローチや植物のピンブローチ
おるがん社のにしおさんからは猫トルソが届きました。
また「野を集める。」の作品も引き続き置かせてもらっています。

届いた作品は追ってご紹介しますね。

お散歩がてらにでも覗いて下さいね。


<お知らせ>
5/18月よう日は都合によりお休みさせて頂きます。
明日は通常通りオープンしております。




[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1431763643
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/967
春の日
 テーマ [人形]
2015年4月15日
毎度の雨模様、、慣れてきた。
今日は朝から模様替え。



続きのページを
捲るような
春にしました。

そして春の展の番外編とも言うべき?
春の日のできごと





高知から
おるがん社のにしおさんが
人形とともにやってきてくれました。

このとき人形たちは楽屋裏にて出番待ち


棚に並んだ角掛氏のツール立てが
なくなったので、出番。














などなど、、

滞在中には
ご近所の作家さんや
文ちゃんや東風さん母娘を呼んで






お豆腐の白味噌汁コトコト byこばやしちゃん

春だ桜だお花見だー
そう!お花見弁当を振る舞ってくれた。







ののか嬢には特別に
「ねっ」
「いいでしょっ」




お箸も使える

「ほらね」
いつのまに、、
子の成長は著しいのね。



和やかな花時間



この日、文ちゃんは皆の為に
人数分のお茶碗とお茶菓子を
持参でお薄を立ててくれた。
皆感激!素晴らしい。


お店と一体化したこの風景にこちらも和む
お客さんからも良い眺め景色だと。

春の展にはこんな一日もありました。







ぜひ覗いて下さいね。
明日明後日はお休みになります。
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1429088354
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/950
立春
 テーマ [人形]
2015年2月4日
今日も外は冷たいが、朝は春を思わす青い空がのぞいていました。その空に向って裸木には、しっかりとした蕾がついています。


もう少し先になりますが今年も「静かな春」にて
とりことりさんの編みの「植物標本」が見られます。

彼女の植物標本の作業はまずは種子探しから始まります。偶然見つけたものから作りたい種子の木がある場所へ探しに行くものまで、今では種子探しは彼女にとって日常のものになっているようです。


カヤの種子
種子探しが盛んになる昨年の秋頃に頂戴しました。
アーモンドのような形に黒く果肉がこびりついたところを擦るとパッションフルーツのような甘い匂いがします。
時々擦って癒されてます。^^


彼女のポケットの中には小さい箱が入っていて、その中には見つけて拾った種子。
この日の種子は「ニシキギ」とな。
時々は帰り道に寄って収穫の話を聞かせてくれます。

種子に対する目も肥えてきてその選抜も楽しみです。
カシやナラやシイやのどんぐりも、今年は15種類を編むと仰っていました。


とりことりさんが先日楽屋裏にて編んでいたものウラジロカシ
いつもなら おしりから編むところ、この子(頭)は手強そうなので頭の先から編んでいると、、
お尻からでも頭からでも、こちらは目を細めてただ感心するばかりなんですがね。



DMも出来ました。
2/29(土)から始まる「静かな春 3」どうぞお楽しみに!
またご紹介しますね。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1423041330
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/927
絵本と東京旅
 テーマ [人形]
2015年1月20日
そろそろエンジンいやゼンマイでも巻かないと。と思いながらなかなか実行に移せず今日まで。
色々商品が届く中、紹介する前ににお嫁入りしてしまったりで紹介できずおりまして、、
ブログだけでも更新すべきだと言われ、パソコンの前に座っています。

そうです!
12月に東京へ行った折に、古本市で仕入れた古本(絵本)も届きました。



































































選んだ絵本は馴染みあるものや、好きな絵本ばかり。
読み返して記憶違いもあったりびっくり呆れましたが、それにしても絵本って一番身近な芸術作品でないかしら?
おまけにとっても求めやすく、楽しいお話まであるんですから!^^

東京では、るすばんさん(荒木ご夫妻)にも大変お世話になりました。

朝から書店で待ち合わせ→バスで和田堀公園 散歩→Nさんたっての希望で釣り堀「武蔵野園」→釣り堀の食堂(なんでも孤独のグルメに登場したお店らしいです)で昼食→高円寺の素敵なお店やギャラリー巡り→老舗珈琲専門店でお茶→阿佐ヶ谷の飲み屋で絵本出版界の裏話を熱く語る荒木氏を囲む夕食会
一日みっちりお付き合い頂きました。

〈 ちょこっと東京写真 〉

阿佐ヶ谷のホテルの窓から見えた大きな富士山。清々しい、、


都会のオアシス和田掘公園を散歩


釣り堀での一コマ


武蔵野園 食堂


孤独のグルメで井の頭ゴローが食べたこんにゃくの田楽を注文


えほんやるすばんばんするかいしゃ!昨年一階にギャラリーも開店しました。


えほんやるすばんばんするかいしゃ
http://this_is_LINK_click_to_go/

私より皆う〜んと若いのに、これっぽっちの違和感もなく、楽しいことといったら!

「釣れちゃったらどうしよう!」と思うひとのところに喰らいつくフナのことや、深夜のミスド南阿佐ヶ谷店(二次会?)で聞いた如何にしてここまで来たかの荒木氏の話は一生忘れないだろう。(笑)
高齢者への労り、優しさだったかもしれないが、とにかく感謝です。
もちろん今年12月の「人形とえほん2」(仮)展についての打ち合せもちゃんとしてきましたよー。(12/5〜予定)こちらは乞うご期待^^
Nさんって、、はい、おるがん社のにしおさんでした。(東京写真はおるがん社撮影)

以上、東京出張のご報告であります。
長々お付き合い下さり
ありがとうございました。

オマケ映像
http://this_is_LINK_click_to_go/
[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1421748423
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/924
お正月
 テーマ [人形]
2015年1月7日
新年
あけまして
おめでとう
ございます。


京都のお正月は雪景色となりました。
今年も姉夫妻宅で新年を迎えていたら雪が降り始める。
「こりゃ積もるよ、早く帰った方がいい!」と促されるように帰途につく。
三条の駅に上がると辺り一面雪景色。縁起が良いようにも感じ、何より降りたてのふさふさの雪が嬉しく、さっくさっくと音をたて家まで帰りました。
途中には早くも数々の雪だるまが出来上がっていて「あ〜今日もカメラ持ってないなぁ」と小さく残念がる。
明くる日のベランダからの景色も綺麗でした。^^

ここ数年を振り返ると自分にも歳相応のことが起こっています。家族のこと友人のこと自分のことも、、そして何かが起こるたびに周りの人達に支えてもらっています。
きっと今年もそうやってお世話になることだろう。
私にも何か、、と考えると、とりあえず健康で元気にいることだと。^^

今年も楽しくお店を切り盛りして行きたく
思っております。

新年は1月10日(土)よりオープンします。

どうぞ宜しくお願いいたします。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1420620200
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/921
宝もの
 テーマ [人形]
2014年10月5日
10月5日 風はなく雨が少し、とても静か。


並べる
ときどき


宝もの

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1412488176
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/892
休息日
 テーマ [人形]
2014年9月7日
青空が覗く日曜日は久しぶりのように思う。

昨日は多忙の中来京してくれた友人、行きたかった展、会いたかった人、魅力的な誘惑が突然目の前に揃ってしまい、、お店を休むことになりました。
お知らせが遅かったので、もしご来店下さったお客さまがいらっしゃいましたら、本当に申し訳ございませんでした。


いよいよ来週の土曜日からクロヌマさんの個展が始まります。

DM作製の為に送って下さった写真を眺めながら
「作品が纏っているもの、或いは作品に内在するもの。そういった空気のようなものを僕は最近追っています。」そう綴られていたことを思いながら、まだ見ぬ作品に胸を膨らませています。

木を彫る日々
クロヌマタカトシ彫刻展


2014年9月13日(土)〜9月23日(火)

初日の9/13はクロヌマさんも在廊下さいます。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

クロヌマさんのホームページは↓こちらになります。
http://this_is_LINK_click_to_go/

 
今日は一日雨も降らず今はくっきりとした月が出ている。夏の終わりに素敵な休息日ももらいました。
気持ちの準備が整ったようです。
それにしても気が置けない友人がいてくれることは、つくづくありがたいものです。^^


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1410085175
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/880
ついに♪
from bebe
9月10日2014年
いよいよですね!
初日に行って、クロヌマさんにお会いしたかったのですが、
16日から恵文社さんで始まるKIYATAさんの個展にも行きたいので、17日に休暇をとって行こうと思っています。前に教えていただいた“出町柳からレンタルサイクル”で行きます!
bebeさんへ
from 小さい部屋
9月12日2014年
コメントをありがとうございす。

気持ちの良い日が続いているので自転車日和りとなることでしょう。
ご来店をお待ちしております。^^
スカイプ
 テーマ [人形]
2014年4月6日
この2日程は春の嵐と花冷えと、冬に逆戻りしたようでした。観光シーズン春らしい出で立ちをした人びとは襟を立てストールで身を包むようにしていらっしゃる。
それでも顔には春らしい明るさが差す。

せっかく花開いた桜も寒かろに。

「花をたくさんつけましたので、これしきの雨や風、、大丈夫。」とでも言っているように見える。

今日は学生の頃から太陽カフェに来て下さっていたお客さまご夫妻(もちろん当時は夫妻ではなかったです)が1歳7ヶ月の坊やを連れてご来店くれました。
1歳7ヶ月の彼は可愛く凛々しくもあり、片言ながら喋ってくれる、「こにちわ」「おとといく」「だっこぅー」
「これ何?」に対しても「ゾウ」「ニャーニャー」と的確に応える。なぜだか、にしおゆきさんの「道草なひと」の表紙の人形を見ると「まあまぁ〜」という、何度尋ねても「まあまぁ〜」お母さんだと言う。
お母さんは笑いながら「これは買わない訳にはいかない」と言ってご購入下さる。
彼に「人形とえほん」のDMを手渡すと嬉しそうにお母さんに見せていた。
ずっと変わらずここに居るものからすると、憶えていてもらえるだけでも嬉しいことなのに、こういう場面に立ち会えるのは更に嬉しい。


ゾウがいるね。ニャーニャーもいるね。

おるがん社のホームページ写真より

立ち会うと言えば、
立ち会っているわけではないが、制作中のにしおさんの様子をスカイプにて伺っています。別段見張っている訳ではありません。^^
当然ながら今向こうにとってはプレッシャーにこそなれ何の助けにもならないが、私にとっては、もの作りの過程を少しでも垣間見れるのは何と言えば良いのだろう、、、幸福感のようなものがあります。
そして、夜中の3時まで眠らず、作っても作っても時間が足りない厳しい状態であることだけは理解しております。
「倒れるなよ寝てくれよ食べてくれよ!」と思うが、作り終えた後には作り手にしか味わえない幸福感があるのだろう。とやはり頑張ってもらうしかありません。

「もーー」と叫ぶ声が聞こえてきそうですが。

人形の箱を作ってくれたラガード研究所の淡嶋さんはほっと一息つかれていることでしょう。
るすばんさんは今頃も300冊ほどの絵本の準備で追われていらっしゃることでしょう。

「人形と絵ほん」は物語のある展覧会になりますね。

こちらは皆さんが気持ちよく過ごせるよう努めます。


本日のおまけ

只今頑張り中!



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1396785440
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/816
いわしのかわり
 テーマ [人形]
2014年2月3日
2月3日 節分の日
厄よけにヒイラギの枝にイワシの頭を刺してさげた憶えはないが、子どもの頃は大家族だったこともあり豆まきは結構盛大にしていた。段々エスカレートして豆撒きは豆投げに、、今思うと子どもなりにたまったストレスを発散させていたような、、父にむかって投げたこともあった、笑いながら逃げた父の顔を思い出す。
歳の数だけ食べる福豆は足りずに翌日より撒いた豆をせっせと拾って食べた。今なら歳の数だけで十分お腹が膨れるのに。
それにしても何だか罰当たりな我が家の節分際だったなぁ。
近年は福豆と巻寿司の丸かじりのみ。
2014年の恵方は東北東だそうです。


昨年の今頃、タニ博士に教えてもらって桜の木にみかんをぶらさげたら2羽のメジロがやってきてみかんをそれは美味しそうに食べた。とても嬉しかったので今年もさげてみた。

メジロ、来るかな。

「福はー内鬼はー外」

[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1391408516
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/795
年初め
 テーマ [人形]
2014年1月5日
2014年新しい年がはじまりましたね。
昨年中もおせわになり、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月3日に初詣へ出掛ける。
境内の石段へ上がるところで、幼いおかっぱ頭の女の子が一心にかけて行く、女の子は随分と行ったところで止まってこちらを振り返った、思わず「どこ行くのー」と声を掛けるときょとんとしている。後からついてくるお母さんらしき人が頭を上げると、知り合いの顔だった。落とした手袋を探しに行ったお父さんの後を追ってのことだと。^^
何だか明るい気持ちでお参りへの足が進んだ。
お参りでは横で手を合わせる夫の、その時間が年々長くなっているような気がする。
良いことあると良いねえ。
最近私は神棚に限らず手を合わせると人の顔を思い浮かべる。近くにいる人、遠くにいる人、逝ってしまった人の、顔を。

昨年も一年いろんなことがありました。
嬉しいこと、楽しいこと、寂しいこと、反省もたくさんありました。
お付合い下さった方々へは感謝あるのみ
ありがとうございました。
懲りずに今年もどうぞお付き合い下さいませ。


初売りにと、おるがん社はにしおゆきさんより
「招き猫」が10匹届いています。

嬉しいにゃぁ〜。

皆さまにとって今年も良い年になりますように。


8日ぶりに開けたパソコンにも今年もきっと慣れぬけどよろしくーー!


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1388904927
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/789
なぎちゃんとワンピース
 テーマ [人形]
2013年11月10日
朝からあいにくの雨、一日中しとしと雨の様子。
お客さんも少なく雑用あれこれをしているとumのまりちゃんが12月のDMの原稿をご持参くれる。娘のなぎちゃんも一緒。^^
自分で選んだというワンピースを着ている。
髪も伸び表情も、いつのまにか女の子らしくなったものだとつい感心してしまう。

とりことりさんのきのこのブローチも自分で選ぶ。


「まっすぐでつけて」
「ちょっと横をむいた方が可愛いよ」
「いやゃ」


「んーっ」


まっすぐ着いたね。
なぎちゃんもワンピースもきのこも皆可愛いです。


追伸
12月のDM原稿は鼻血が出そうなほど素晴らしかった!
出来上がりが楽しみです。^0^


明日11/11(月)は臨時休業いたします。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1384071912
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/769
かわいすぎデス
from 永谷 園子
11月11日2013年
キノコの付け具合が気になるのですね。「いやゃ」と下を向いた眉毛から強い意志を感じます。
Umさ〜ん、なぎちゃん、かわいすぎデス!
園子も、キノコのブローチが似合うかしら、、、

にしおかさま、展のご盛況お祈り申し上げます。


かわいいっしょ!
from 小さい部屋
11月22日2013年
そうなの、過ぎるでしょう!

園子さんはキノコ着けずにお食べ下さい。

高知日記
 テーマ [人形]
2013年10月15日
先週の三連休は高知に居ました。
帰ってきたら何人かの人に「そうだと思った」と言われました。ご出身は高知ですかと尋かれることもしばしばですが、出身はもとより実家も高知にはありませんが、実家くらいくつろげるおうちはあります。^^
行くたびにありがたいと思っています。

このたびの高知は足を運ばれた方も多いかと思いますが私もその一人。
トラネコボンボンは中西直子さんの絵本展へ。

久しぶりのboncoin だった
すべての戸が解放されていたが一歩踏み入れるのに少し戸惑った。
boncoin には、なっちゃんの絵本とその原画、箱入りクッキーらが一枚の景色のように、ずっと前からそこにあったように並んでいた。

絵本も原画も一枚ずつゆっくり観せてもらえた。
なのに、、ゆとりのある気持ちでは観ることが出来ず、最後まで絵に貼られた小さなものや植物の形や色やに、見入るだけで精一杯だった。

やっと昨日、裏で一人絵本を開けた。声を出して読んだら泣けてきた。絵に触れても泣けてきた。一緒に松村さんの笑う顔が見える。
松村さん嬉しいだろうなぁ。
私は嬉しいと切ないと半分半分。

展を観たある人が「才能とセンスで満ち溢れていた。」と言っていた。
その通りだと思う。
いつかこの絵本「あるところの猫」を笑顔で美しいと見られる日が来るだろう。

なっちゃん、尚ちゃん、よっしーさん、岳君、この展を作られた方々に感謝です。
ありがとうございました。




高知での2日間の昼や夜は、おるがん社のにしおさんの計らいで、かっぱまわりの大原さんやasakozirusiの浅子さんや陶芸家の広川絵麻さん、竹村活版室の愛さんにもお会いすることが出来ました。
それぞれに楽しい時間でした。
泊まりは実家のようにくつろげる谷岡夫妻のご自宅にて、喋ったり食べたり寝たり、、自由です。
そして、いつもの「人形見せて。」
「ほとんど、、ないよぉ」と言う彼女の言葉をよそに物色をはじめる。(笑)
箱を出してもらい、その中で人形を並べて、たまらないひと時を過ごします。私にとって欠かせない時間、贅沢だと思っています。
OKがでた人形達は、さっさと自分で包んで送ってもらう箱の中へ。(この辺が握力が強いと言われるところですね ハハハ)
ご多忙なのに、おるがん社専務のタニさんはずっとお付合い下さった。久しぶりだったせいもあるかな?柄にもなくハグしたい気持ちでした。(ごめんごめん)

ゆきさん、タニさん、浅子さんとかっぱちゃん、絵麻ちゃん、愛ちゃん、、
このたびもお世話になりました。
本当にありがとうございました。

高知へ行って帰ってくると不思議なほど精神が整います。
頑張ろう!という気持ちを大きくしてくれます。

そして最後に
永遠の憧れ boncoin 松村さん
ありがとうございました。

元気に頑張ります。




そしてまた高知へ行きます。



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1381820473
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/758
next