百田さんのかばん
 テーマ [展]
2017年7月24日
今日も蒸し暑いですが窓の向こうは段々暗くなってきて桜がゆさゆさと揺れている、、雨くるかな?
お客さまが少ないのでしっかとパソコンに向かってます。(笑)


何年も前のことですがデゴノワさん(以前の)にお伺いしたときに一枚の古いポジャギが掛けられていました。どういう質問をしたかは憶えていませんが
「好きなんですよぉ」とそのポジャギに目をやりながら仰ったときの百田さんのお顔は印象的でした。
そして百田さんの作る元はそのポジャギからかな!?なんて訊いたことはないけれど、ずっと勝手に思っています。^^


ちくちくつぎはぎかばん


























各 18,900yen
四角のつぎはぎは雰囲気を変えながらもずっと続けていらっしゃる作り方、今回はベージュやオフなど同じトーンの色合わせに効き色が少し入ってたりしてます。
色の配分も然ることながら効かせ方も百田さんだなぁと感心するばかりです。
持ち方で表情が変わり楽しめる可愛さのあるかばんです。




ちくちくしましまかばん


小さい部屋では、はじめての縦の切り替えしましまかばんは削ぎ落とした感じのするこざっぱりと大人のかばん。
持ってみたらとっても良かった!









各 19,980yen











青と赤のかばん

青の口ベージュの枠取りの中を青い糸でちくちくちくちく、表も裏も、、。
21,600yen








蓋に赤い糸でちくちく


ひらひらと内側の赤が覗きます。


16,200yen


赤・青・緑・黄色主体のかばんは上記の2つになりました。


もちろん、ご紹介したかばん以外にも
かごバッグなどございますのでぜひ見にいらして下さいね。
メールやお電話での受付もさせて頂きますので
お気軽にお尋ねくださいませ。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1500880989
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1209
百田むつみさんのかばん展
 テーマ [展]
2017年7月19日
今日も息がしづらいほど蒸し蒸しの京都です。
その中 百田むつみさんの展は5日目を迎えています。
ブログの更新が遅くなりました。


何と言っても 皆さんの決まるまでの様子がカワイイです!^^

そして今回のDMがモノクロ渋めだったこともありますが、初日からはほとんどの方がモノクロ渋めを選ばれたことには、少々面食らいました(笑)が、一昨日くらいからは青や黄色や赤やも素敵な誰かのもとへ!ホッ^^











しっかりとした持ち手
いまでは、この持ち手が百田さんのトレードマーク
のようにもなっています。




ほとんどのかばんに内ポケットがつきました。
着るものにポケットがついているとポイントが上がるように
かばんにもついていると嬉しい。











手持ち、腕掛け、肩掛けすべてOK!




元気の出るかばん

やっぱり赤は元気印の色。












緑は元気爽やか。




継ぎ接ぎ ちくちく 表裏 みな同じものはありません。



かご型かばん





















何方かが、こんな蓋のかばんを持ったら物腰が柔らかくなれるかしら!?と。^^


ちくちくコースターと鍋つかみ

コースター

















鍋つかみ


















なくなってしまった色や形はありますが
豊富に作ってくれたかばん
後半も見劣りすることなくオープンいたします。
暑い最中ではありますがどうぞ見にいらして下さいね。

明日明後日はお休みになります。

7/23土曜日よりまた皆さまのご来店をお待ちしております。


オフ白ベースの継ぎ接ぎちくちくかばんもまだあります。



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1500457627
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1208
初日の朝
 テーマ [展]
2017年7月15日


快晴の下




外より





中へ







暑い中ではありますが店内涼しくして
百田作品とともにお待ちしております。




[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1500083219
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1207
百田むつみさんのかばん展 明日より
 テーマ [展]
2017年7月14日
明日より百田むつみさんの展がはじまります。
予定より早く届けてくれました。ありがたい。
でっ
6月ぼーっと過ごしていたせいか、昨日百田さんの作品が届いたとたんスイッチが入り切れることなく準備できました。ただブログやインスタやの苦手分野にはとどかず、、今頃です。(結局いつもと大差なしのギリ)


大きなダンボールからたっくさんのかばん!
長机の上に全部積み上げる、すごい!

一番上に納品書とお手紙、その手紙には、めずらしく彼女の思いがほんの少し綴られていました。
--- 今回は一点ものがほとんどで、布選びにこだわりました。一点一点見て頂けたらと思います。
挑戦したかばんもあります。
新作は大変ですが出来上がりの達成感はたまらないです。
暑い中 足を運んで下さるお客さまには本当に感謝です。 ----と。

思わずうんうんと頷く。


外から




ガラス越し


鉄の棒がしなったが提げる提げる。
























斜めがけバッグも






























かごバッグも

かばんだ!かばんだ!かばんだよ!^^

百田さんの手仕事
気持ちの良い手仕事に触れながら、
しなやかな強さをも感じました。




反対側はすっきり完成



どうぞ見にいらしてくださいね。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。






[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1500024557
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1206
リングとポーチ
 テーマ [装飾]
2017年7月10日
今週の土曜日から「Momota Mutsumi works」
百田むつみさんのかばん展がはじまります。
小さい部屋では何度目になるだろう、
回を重ねるごとに百田さんの手仕事に惹かれています。
これから届く作品を浮かべながら、、
楽しみでなりません。



百田さんの作品とともに並ぶ
umさんのオーダーリング
    と
とりことりさんのポーチ


silver ring / um

ネジリング シルバー×トルマライズドクォーツ(天然石)
粒リング シルバー×オニキス(天然石)
ともにサイズオーダーをしていただくことができます。

どちらも素敵!
ありそうでないumさんならではのリングです。^^



ネジリングにトルマライズドクォーツ(天然石)
価格 18,360yen



粒リングにオニキス(天然石)
価格 12,420yen



サイズオーダーのリングを
ご用意していますので
お気軽にお尋ね下さい。




かぎ針のポーチ/とりことり

はじめてのがま口ポーチができあがったのは今年の2月でした。
上手くできるかな、、っておしゃっていましたが
出来上がりは、「や は し とりことり〜↗」でした。(笑)




この丸底にも胸キュン!




意外と入ります。









オフ白 白 赤 黒 と揃っています。
各 8,500yen




Momota Mutsumi works 

百田むつみ かばん展
2017年7月15日(土)から 7月26日(水)
11:30 ~ 18:30 定休日 木・金

ひとつひとつ
違った表情に仕上げた一点ものが、
たくさん並びます。


どうぞ百田むつみさんのかばんとあわせて
ご覧にいらしてくださいね。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1499672969
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1205
7月の展
 テーマ [展]
2017年6月28日

7月を前に百田さんより素敵なDMが届きました。




Momota Mutsumi works 

百田むつみ かばん展
2017年7月15日(土)から 7月26日(水)
11:30 ~ 18:30 定休日 木・金

ひとつひとつ
違った表情に仕上げた一点ものが、
たくさん並びます。
















どうぞお楽しみに。^^



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1498634909
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1204
竹の匙と籠
 テーマ [道具]
2017年6月25日
ようやく降った雨は大雨、その後 厳しい暑さ、今日はまた大雨らしい、この夏はスーパー猛暑とか聞くと、それだけで溶けてしまいそうです。
どこが涼しいか、どうすれば涼しいか、何を着たら涼しいか、しばらくは涼しいのオンパレードで行きましょうかね。


織田孝一さんの竹の匙がたくさん届きました。

織田さんの竹匙はとにかく口あたりが良いです。
優しさと滑らかさの両方!
種類も絞られてきて使いやすい匙たちです。


15cm(丈)
1,500yen



13cm(丈)
1,400yen



13cm(丈)
950yen
*上2つの匙と削り方と厚みが異なります。



細匙(離乳食用匙)
15cm(丈)
850yen


細匙(離乳食用匙)
15cm(丈)
1,300yen
*竹皮の部分を表に作ったもの

作り方の違いはありますがどちらも離乳食用として
使ってくれたお客さまに好評です。
もちろんマドラーや味見匙などにも!
使い方は自由です。^^





麻の葉 盛籠 もサイズが揃いました。
27cm(直径)9,000yen
24cm(直径)7,700yen
21cm(直径)6,500yen
18cm(直径)5,400yen



涼し気で竹の籠らしい、定番的とも言える丸い盛籠です。
麻の葉は紙や布や刺し子にも、昔からよく見る図柄ですが本来は六角形の幾何学文様で平安時代から仏像の装飾などに使われてきた柄で後にこの模様が麻の葉に似ている事から、麻の葉(あさのは)柄として親しまれるようになったそうです。





亀甲 角籠
21×30cm(縦×横)9,800yen
18×24cm(縦×横)8,000yen



パンもよく似合う角籠。






六つ目 筒籠
12×20×14(縦×横×高さ)16,500yen




六つ目 筒籠
12×20×17(縦×横×高さ)17,000yen




六つ目 手提げ籠
19×29×17(縦×横×高さ)23,000yen

差し六つ目というこちらもクラシカルな編み方だそうですが、何だかモダンな感じがしてとっても好きな編み柄です。






じめじめと暑い日が続きそうですが店内は涼しく涼を感じていただけるようのものを揃えています。
ぜひ涼みにいらしてくださいね。^^


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1498373219
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1203
ガラスケースの中
 テーマ [装飾]
2017年6月17日
「ガラスケース」という存在は、そのものも魅力的だし、
ガラス越しに覗くその中も魅力的な世界。
特別感があって「これを見せてください!」とお願いする時は
今でもドキドキ、ワクワクします。
入れる側になると何度もガラス越しに覗き込み何度でもやり直します。
「これ見をせてください!」と言ってもらえるように。
もちろん楽しい作業です。












ミツマタの蕾やセンダンの種子、ナンキンハゼの実
といったとりことりさんのピンブローチ
5,000 ~ 6,000yen










夏らしい色とりどりの水紋のブローチも届き並べました。
こちらも とりことりさん
5,500yen














フジタキヨミさんの銀河ring
2,900yen


最近の「いつもの指輪」となっています。^^





林俊介さんの万華鏡
6,000yen


シンプルな真鍮の筒状
中を覗くと

ガラスのレンズから




見える



見える














見える


見える

外の景色がこのように見えます。
ずーーっと見ていても飽きません。






クロヌマタカトシさんの装身具、満月と三日月
4,320yen

















とりことりさんの巾着手提げ
9,000yen







ガラスケースの中より^^






[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1497693715
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1202
萩原桂子さん切り絵
 テーマ [紙]
2017年6月10日
昨日は思いのほか一階の手伝いが早く終わり明るい内に自宅へもどる、パリッと乾いた洗濯物からは日向の匂い。
洗濯物と床に転がってごろごろしてたら いつの間にかうたた寝、目が覚めたら山のすぐ上にまあるい月が出ていました。
あまりに綺麗なので写真を撮ってインスタに挙げたら昨日の満月はストロベリームーンと教えてもらう。(夏至の頃の満月は、月の高度が低いことから、赤みを帯びた苺色になるからだそうです。)
そう聞くと心なしか赤いような??
色はともかく本当にきれいなストロベリームーンでした。

今朝は目覚めもよく早起きしてパンを買ってお店で朝食、して、模様替え、最近では珍しくシャキッとしてる。


萩原桂子さんの切り絵







シジュウカラ(モビール)













アホウドリ(モビール)
モビールタイプは提げるときっと影も素敵です。





ダチョウ(モビール)






タマネギ(モビール)




タマネギ 二個(モビール)




タマネギ 沢山(モビール)










子カマキリ(カード)






フラミンゴ(モビール)








などなど季節の切り絵が届いています。

モビールタイプとカードタイプがあります。
すべて台紙がついています。
二つ折りできるものは封筒が付き
メッセージカードとして送ることもできます。
価格 1,500 ~ 2,500yen

彼女の切り絵はどんどん繊密に腕を磨いていらっしゃることにも感心させられるのですが、アホウドリとかフラミンゴとか子カマキリとかタマネギとかとか、その題材と図案にもはまります。^^







[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1497081080
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1201
ポジャギ(袱子器)/c.h.s
 テーマ [道具]
2017年6月4日
午後4時 西陽が桜の葉にあたり眩しいくらい、それでも清々しい景色。
今日も爽やかな風が通り一日中気持ちのよい良いお天気でした。


c.h.sさんのポジャギ















菅沼さんの茶器と。








図柄の異なる6枚のポジャギ
もちろんすべて手縫い仕上げ
chsさんのひと針は本当に細やかでよーく見ても縫い目がわからないくらいです。
ポジャギをされる方からも「美しい」とお褒めの言葉。^^

そして

今回のポジャギから
c.h.s(ちくちく 針 仕事)刺繍が入ります。



神田さんのお箸と。



織田さんの麻の葉かごと。



籠に掛ける。



これは昨年より使わせてもらっているポジャギです。
透け感がとても綺麗なので、つい掛けたくなりますが本来のポジャギは包むもの、いろいろ包んでみて下さいね。


ポジャギ
サイズ 46cm×46cm
素材  苧麻100%
価格  7,500yen


涼し気ですよ〜
お散歩がてらにも覗いてくださいねぇ。



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1496567074
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1200
角掛政志さんの器
 テーマ [道具]
2017年5月27日
ここ数日夏のような日が続きましたが今日は気持ちの良いお天気 開け放した入り口から風がさらさらと心地よい。

展が終わり店内は新しく届いたもの、そのまま置かせてもらっている絵本「HORSE」やトラネコボンボングッズなど、ゆっくりと見てもらえるよう整いました。












角掛政志さんの陶器

重々、、ボウル
たくさんお願いしました。
シンプルさとこのサイズ感
サラダやスープや麺類や小さな丼としても使えるので
自然と出番も多くなります。





片手で持てるのも嬉しいところです。


白ボウル
サイズ 口径13cm 高さ8cm
価格 3,024yen





粉引急須
容量 300cc
価格 9,180yen










粉引ポット
容量 400cc
価格 10,800yen




そば粉引ポット
容量 400cc
価格 10,800yen





小さな蓋物







左から
白蓋物
サイズ 外口径 4.5cm 高さ 5.5cm
価格 2,160yen

白蓋物
サイズ 外口径 7cm 高さ 5.5cm
価格 3,024yen

黒蓋物
サイズ 外口径 6.5cm 高さ 6
価格 3,024yen




グリーンのライン大きな蓋物
砂糖、塩、梅干し、昆布、、何入れようかな。













左から
蓋物
サイズ 口径 8.5cm 高さ 10僉
価格 4,860yen

蓋物
サイズ 口径 10cm 高さ 10.5
価格 5,400yen





水野悠祐さんの木器や c.h.sさんのポジャギや matkaさんの鍋敷き、
萩原桂子さんからの切り絵や前田香子さんからのブローチなど追って
ご紹介していきますね。


どうぞ覗いてくださいね。^^



[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1495872252
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1199
絵本「HORSE」原画展 ご挨拶とお礼
 テーマ [展]
2017年5月22日
今日も夏のように暑い。
もうすぐ夏がやって来る。

中西なちおさんの絵本「HORSE」原画展が終わり数日、まだ続いているような ずいぶん遠い日のことのような、、
パソコンの前に久しぶりに座りました。


初日からの二日間はCafe de Toranyekoとあって沢山の人が並んでくれました。
店内は笑顔と熱気で溢れていました。
美味しいは! 
魅力的なものがたくさん並んでいるは!
なちおさんはいらっしゃるは!
サインを求める人、話しかける人、原画を一緒に選んでもらう人、、
トラネコボンボンファンにとっては願ったり叶ったり。
こちらはお察しどおり笑顔はほんの10分ほど、あとは瞬きしないくらい必死でしたよ。それが皆さんに伝わるのか誰も文句一つおっしゃらないことに今更ながら頭が下がる思いです。
時々なっちゃんや知り合いがほぐしてくれるように、茶化されたのもありがたかった。(笑)














三日目からはいつも通りに戻り、
原画とオリジナル商品をお客さんとともに、
そして一人でも楽しんだ。
小さな町の雑貨屋に絵本 HORSE とその原画が並んでいる、
まこと贅沢です。










日本語が堪能なフランスのご友人への贈りものと絵本を購入下さった女性、「こんな絵を描いてくれてありがとう」といって一目惚れした原画を選んでくれた友人、貯めたお年玉で絵本を買ってくれた男の子、時々は話しかけたり、共感し合えることもとても嬉しかったです。
何度も足を運んでくれた方、ご遠方からの方、なちおさんのお知り合いの方やお友達もたくさんいらっしゃいました。
ご来店くださった皆さまへ心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。



またこの場をお借りして

お手伝い下さったとりことりさんとumの真理子さん
お二人なしでは成り立ちませんでした。
ある意味自分より信頼できるお二人です。^^
楽しんでくださったことも嬉しく。
感謝です。
本当にありがとうございました。


皆さまご存知よっしーさんは変わらず なちおさんのサポートと私達の励まし役的!なくてはならない存在です。(どこかにもこういう存在の殿方がいたな)
人気もうなぎ登りです。^^
よっしーさん
まっことお世話になりました。
まっことありがとうございました。


なちおさんへ
私は今回4冊目となる絵本「HORSE」に鷲掴みされました。
その原画は削ぎ落とされたものでありながら、
あまりにも繊細で温かった。
いつまででもみていました。
感謝しかありません。

料理人であり絵を描く作家であり、どちらの才も留まることを知らない。何より人の笑顔を想像し捉えてしまうところはお仕事をご一緒するたびに、はっとさせられ学ぶばかりです。
深く感謝いたします。
本当にありがとうございました。



小さい部屋 店主


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1495421027
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1198
絵本「HORSE」原画展 終了しました。
 テーマ [展]
2017年5月17日
本日トラネコボンボン中西なちおさんによる
絵本「HORSE」原画展は無事に終了いたしました。

ご来店くださった皆さまへ心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。

お礼やご挨拶はまた日を改めてさせてもらいます。
また5/20土曜日は通常オープンいたしますが、
店内のやりかえ作業をしながらの営業となります。
バタバタしていましたらすみません。
もちろんご遠慮なさらずなんでもお尋ね下さいね。^^

どうぞよろしくお願いいたします。






[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1495023968
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1197
絵本「HORSE」原画展 その原画2
 テーマ [展]
2017年5月16日
今日は朝から清々しいお天気。
自転車を漕ぐ足も軽快。
カモミールを二束買う。







「金色の朝」
草の原を日が差してまるで金色だ




「チコリの花」
馬は苦くてコバルトブルー色をした、
チコリの花を食べるのが大好きだった。




「遠くで梟が鳴いている」
初夏になると近くの大きな木に梟がやってくる
夕方には少し高い声でホ、ホ、ホと鳴いている。



絵本「HORSE」原画展も明日までとなりました。
夕方6時半までみられます。


[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1494928781
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1196
絵本「HORSE」原画展 その原画 
 テーマ [展]
2017年5月14日
朝来店して最初に目にする絵

「野ばら」
そのようなバラを見るのは生まれて初めてだった。




「なにして遊ぶ?」
毎日飽きずに遊んでいる猫と馬




「明け方の森へ」




「子馬、雉鳩、年老いた猫」




「寒い朝」
鼻がツーンとするくらい寒い朝
一番に畑に出て行って霜柱を踏む楽しみ。




「走る君を塀のこちら側から見ている」




「牡丹と仔馬」
花の開きかける前が一番好き





「猫が好き」
お父さんが影絵で猫を作ってくれる。
でも本物の猫が好き。




「朝おきたらすること」
歯磨きはしない、馬だから。
体操はするよ、馬だから。




「花が好き」
絵本HORSEより


離れて眺めたり目を凝らすようにみたり、
その立つ様子もまた絵になるなぁ。と。









「スーちゃんはおこりんぼ」
スーちゃんは超かわいい。
そして超おこりんぼ。




「メッセージ」
古い紙。
誰かに宛てられたメッセージ。



「プレゼント」




「たてがみを羨まし思う」
尻尾は自分のもので満足しているが
たてがみは、馬のものを羨ましいと思う。




「手で作る馬」
最近流行りの影絵馬




[URL of Entry] http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=c-heya&entry=1494756153
[TrackBack URL] http://www.qomono.com/qoblog/tb.php/c-heya/1195
next